遺伝性難聴の原因タンパク質を解明 京大病院の研究チーム(産経新聞)

June 01 [Tue], 2010, 21:41
 内耳の細胞に生えた毛の毛根が、遺伝子の変異で形成されないことが遺伝性難聴の原因の1つになっていることを、京都大学付属病院の北尻真一郎助教(耳鼻咽喉科学)らの研究チームが突きとめ、28日付(日本時間)の米科学誌「セル」(電子版)に発表した。

 内耳には渦巻き状の管があり、毛根を持つ「不動毛」が生えた有毛細胞が並んでいる。音(空気の振動)がこの毛を揺らすことで神経細胞に電気信号が伝わり、脳が音を感知するが、毛根ができないと不動毛が安定せず、この仕組みがうまく働かないことを明らかにしたという。

 チームは、内耳にある「TRIOBP」と呼ばれる遺伝子が働き、繊維を束にしてこの毛根を形成することを発見。遺伝性難聴患者の血液を解析するなどし、この遺伝子に変異があることも確かめた。

 北尻助教は、遺伝性難聴だけでなく、多くの難聴は「不動毛」の根本の異常がみられるとした上で、「研究を進め、さまざまな難聴の治療法を確立したい」としている。

【関連記事】
「薬があるのに使えない」難病に立ち向かう子供たち
滲出性中耳炎 放置すると重症化、髄膜炎などの合併症も
細胞の状態を色で表すタンパク質を開発 京大研究チーム
アキレス腱発達の遺伝子を発見 治療法開発に道も
ハンチントン病、原因はDNA修復障害 実験で確認

【風】「ワクチン行政」医師悲鳴(産経新聞)
「オービス信用できぬ」出頭2年半拒み歯科医逮捕(読売新聞)
現代のエコアイテム? 「京うちわ」づくり最盛期(産経新聞)
<融資金詐欺>コシ社長に実刑 東京地裁判決
首相、29日から訪韓 北問題で中韓と協議(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/k2kf96w6/archive/72
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。