「親族優先」初適用 亡夫の角膜移植へ(産経新聞)

May 24 [Mon], 2010, 15:17
 日本アイバンク協会は22日、関東地方で死亡した50代の男性の角膜が妻に提供されることになったと発表した。1月の改正臓器移植法の一部施行で、親族への優先提供が認められ、初めてのケースとなる。男性の眼球は21日に摘出手術が終了しており、今月下旬から来月上旬に妻への移植手術が行われる予定。

 同協会と厚生労働省によると、男性は胃がんのため21日午後5時半に死亡。生前の今年4月、50代の妻に角膜を提供する意思をアイバンク登録票で示し、男性の主治医に対してもその意思を伝えていたという。

 妻は角膜ヘルペスのため片眼の視力がほとんどなく、移植を希望。同法施行後、アイバンクにレシピエント(移植を受ける患者)登録をしていた。男性のもう片方の角膜は移植を必要とする他の第三者に移植される予定。

 平成21年7月に成立した改正臓器移植法の一部が今年1月に施行され、死後に親族を優先して臓器提供する意思表示ができるようになった。親族の範囲は法律上の配偶者と実の親子。今回のケースでは男性の保険証で夫婦であることを確認した。

 日本アイバンク協会によると、3月31日現在で2604人が移植を希望し、レシピエント登録している。移植は原則、登録順に行われているが、待機期間は平均2〜3年とされる。

【関連記事】
臓器移植の新規登録者 4分の1が「親族優先」
臓器移植の親族優先 移植医療に入り込む感情
臓器移植の親族優先提供、世界でも類を見ない制度の是非
親族への優先提供 自殺者からは認めず 改正臓器移植法
臓器提供の意思 運転免許に記載 警察庁改正案
中国が優等生路線に?

<将棋>名人戦第4局 羽生一気に防衛か、三浦意地の1勝か(毎日新聞)
<JR不採用問題>原告904人 解決案承諾書を提出(毎日新聞)
千葉「正論」懇話会 遠藤浩一氏講演「民主党バブルは崩壊」(産経新聞)
「宇宙大豆」、15日に打ち上げ=種子紛失被害の日本企業(時事通信)
<日中韓外相会談>軍艦沈没「調査見守り」(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/k2kf96w6/archive/70
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。