異なる診療科目への転職 

March 24 [Sun], 2013, 15:48
看護師が働く診療科目は多種多様です。それぞれの科目によって
求められる要素も違いますから、転職の時には良く研究しておきましょう。

今までと異なる診療科目の場合、そこが未経験でも積極的に
受け入れる体制を取っているかを確認することが大切です。

仮に受け入れ態勢が整えられていなかった場合、仕事を覚えられずに苦悩
してしまう可能性もあります。そうなると、転職も失敗に終わってしまいます。

未経験を積極的に受け入れているのは、比較的新しく設置された科目や
患者の需要が多い科目です。

内科・皮膚科・耳鼻咽喉科・精神科(心療内科)などは、未経験でも入りやすいです。
一方、小児科・産婦人科・ERなどは、経験者が求められる傾向があります。

ただし、これらの傾向が絶対である保証はありません。病院によってはどんな診療
科目でもフォロー体制を整えているところもありますし、その逆もあります。

まずは自分がどんな経験を身に着けたいか。将来どんな分野に関わりたいかを考えて、
現時点で最も合っていると思う診療科目を選ぶのが得策でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:k27bpp85
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる