山下達郎の京也

September 09 [Sat], 2017, 21:52
酷い状態のニキビとなると、芯を持ったように固く、触ると痛いといった症状が見られます。


ニキビが出来ると、ついなんとなくその箇所を確かめたくて触ってしまいたくなりますが、触ってしまうとさらに雑菌が入って長引いてしまうといけないので、ニキビ対策用のクリームを塗るなどのケアをして、清潔に保つようにすると良いでしょう。毎日洗顔などで清潔を心がけていても、ニキビが防げないことは誰しも感じることがあるのではないでしょうか。


吹き出物ができないようにするには、顔を洗って清潔を心がけるのは当たり前のことですが、栄養の豊富な食べ物をとりしっかり睡眠するといった体調管理も大事なことでしょう。ニキビは体内に摂取したものと非常につながっています。食生活に気をつければニキビが減ることにもつながります。



野菜を中心とした食事メニューにして、できるだけビタミンやミネラルを取るように心がけましょう野菜に多く含まれる食物繊維は、便秘を解消する側面もあり、ニキビの症状を緩和させます。

肌トラブルとニキビが関係していることも可能性があります。

ニキビはホルモンバランスの低下が主な原因なので、思春期に現れやすいです。ただし、思春期をすぎても出現することがあり、その事例では大人ニキビとか吹き出物と名付けられてます。


で、この大人のニキビの根源が肌荒れですから、肌ケアや生活習慣には注意が必要です。
ニキビは何度も繰り返しできやすい肌のトラブルだとよく言います。
キレイに治ったからといって暴飲暴食などの不摂生をしていると、また繰り返しニキビができてしまいます。
ニキビの再発を予防するには、清潔な肌を保つようにし、不摂生な食事をせず、十分な睡眠を取ることが大事だと思います。


アクネ菌がニキビの原因なので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を他の人と共有で使用していたり、直接肌が接触してほったらかにして洗わずにいると、ニキビがうつってしまう可能性があるので注意しましょう。
また、手で自分のニキビを触った後で、顔の他の部分を触ってしまうと、そこにもニキビができる可能性があります。

皮脂腺の炎症を防ぐために、私は毎朝、果物を摂取するようにしています。その時の旬の果物を必ず食べています。フルーツを摂取するようになってから、お肌を褒める人が多くなり、生理前でもニキビが現れなくなりました。便秘が治ったことも、皮脂腺の炎症が発生しなくなった理由の一つと推定できるかもしれません。

10代の時期、チョコレートやスナック菓子を多く食べると次の日にはニキビが見らえました。
食べ物がここまで影響するんだ、と経験したものです。
それから、年齢を重ねるとともに食べ物にも気を遣うようになり、チョコレートやスナック菓子などは食べるのをやめています。その結果かニキビも完全になくなりました。

ニキビは男性、女性にかかわらず難しい問題です。

少しでもニキビにならないように気を付けている人は多数を占めていると思います。

ニキビに効くお手入れ方法の一つに水洗顔という方法があります。



ニキビができた途端に、洗顔を何度もしてしまったり、洗浄力の高い洗顔料を使って洗顔したくなりますが、これらはダメなのです。少し前、連続して徹夜をしてニキビをみつけました。

私はすぐニキビができる方なので、ちょっと肌に負担を感じるだけでニキビでぶつぶつになるのです。
だから、たとえ忙しい時でも、なるべく早くベッドに入り十分な睡眠をとるように頑張っています。


睡眠不足が一番ニキビに悪いと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カズマ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる