証券の取引口座

January 06 [Mon], 2014, 13:19
保険⇒防ぐことができない事故で発生した主に金銭的な損失を想定して、同じような多数の者がわずかずつ保険料を出し合い、準備した積立金によって突如発生する事故が発生した際に保険料に応じた保険給付を行う仕組みなのです。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年6月、大蔵省の金融部局である銀行局や証券局等の所掌する業務のうち、民間金融機関等の検査・監督業務のセクションを分離・分割して、総理府(当時)の強力な外局としてこれまでになかった金融監督庁を設置 することになったという歴史がある。
【解説】ペイオフとは何か?防ぎきれなかった金融機関の経営破綻による業務停止によって、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護される預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)について、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事である。
つまり「金融仲介機能」「信用創造機能」および「決済機能」以上、3機能を銀行の3大機能と呼ぶことが多く、「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業、最も肝心な銀行自身が持つ信用力によってこそ実現できているといえる。
ここでいう「失われた10年」→その国全体とか地域の経済活動が約10年程度以上もの長期にわたって不況、停滞に直撃されていた10年のことを指す言い回しである。
西暦1998年12月に、総理府(現内閣府)の外局として委員長は大臣と決められた新しい組織である金融再生委員会が設置され、金融監督庁(現、金融庁)は2001年に金融再生委員会が廃止されるまで、その管轄下に約2年半置かれていたということを忘れてはいけない。
そのとおりロイズと言えばロンドン中心部のシティ(金融街)にある世界的に知られた保険市場を指すと同時にイギリスの制定法の規定で法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてそのシンジケートを会員としている保険組合そのものを指す場合もある。
いわゆる外貨MMFはどんな仕組み?国内であっても売買が許可されている外貨建て商品の一つ。同じ外貨でも預金と比べると利回りがずいぶん高いうえ、為替の変動によって発生する利益は非課税であるという魅力がある。証券会社で購入できます。
これからは安定的であるうえにエネルギッシュなこれまでにない金融システムの誕生を現実のものとするためには、どうしても銀行など民間金融機関と行政(国)が双方の抱える解決するべき問題にどんどん取り組んでいかなければいけません。
【解説】外貨預金って何?銀行で扱っている資金運用商品の一つのこと。円以外の外国通貨によって預金するもの。為替の変動によって発生した利益を得る可能性があるけれども、同じ理由で損をするリスクもある(為替リスク)。
よく聞くコトバ、スウィーブサービス⇒銀行預金と(同一金融機関・グループの)証券の取引口座、この間で、株式等の購入資金、売却益などが両口座で自動的に振替えられる便利なサービスである。同一の金融グループによる顧客囲い込み作戦ということ。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した平成12年7月、大蔵省(当時)から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務も移管し金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)に改編。翌平成13年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
実は我が国の金融市場の競争力を強化することを目的とした緩和のほか、金融システムのますますの質的向上が目的とされた取組等を積極的に実行する等、市場環境と同時に規制環境に関する整備がどんどん進められていることを忘れてはいけない。
つまり、第二種金融商品取引業者(第一種業者ももちろんだが)が独自のファンドを開発し、なおかつ健全な運営を続けるためには、想像できないほど本当に多さの「やるべきこと」、そして「やってはいけないこと」が規定されているということ。
そのとおり「重大な違反」かどうかは、金融庁が判定するものである。大方のケースでは、わずかな違反がたくさんあり、その効果で、「重大な違反」判断することになる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:k1aod9yu
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/k1aod9yu/index1_0.rdf