糖尿病 原因 

2010年09月30日(木) 12時54分
糖尿病 原因

糖尿病とは、血液中の糖分濃度を正常にコントロールできなくなることで、

血糖値が高い状態のままになり、 様々な身体障害を引き起こしてしまうという病気です。

血糖値が高くなる原因としては、

血糖値を下げる役目のあるホルモン、インスリンが正常に分泌できていないということが考えられます。

また、インスリンは分泌されているものの、血糖降下作用がうまくいってない場合もあります。

糖尿病が発症する誘因は、ほとんどが生活習慣の中にあります。

そのため、糖尿病は生活習慣病だといわれているのです。

1.肥満

体脂肪は血糖値を下げる唯一の物質インスリンの働きを阻害する作用のある物質を分泌してしまいます。

肥満の人は血糖値を下げるために健康体の人の何倍ものインスリンを分泌しなければいけません。

2.ストレス

過剰なストレスが長期間かかると

インスリンの働きを抑制するホルモン物質”インスリン抵抗性ホルモン”が分泌されます。

これによってインスリンの働きが弱まり、糖尿病になるリスクが上がります。

3.食生活・運動不足

食べ物の飽和状態・手軽な移動手段と現代社会はカロリー過剰摂取の傾向があります。

結果、高血糖状態が続き、インスリンの分泌頻度が増え、すい臓が疲弊してしまいます。

すい臓が疲弊してしまうと、インスリンを分泌しなくなってしまいます。

4.加齢

加齢によってインスリンの分泌量が減っていきます。

若い頃と同じような食事を摂ると糖尿病になってしまうリスクが高まります。

▼糖尿病総合情報サイト▼

糖尿病 原因

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:k18a421de51
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる