「落ち着いて」の言葉無視、胸などに深い傷/横浜・弁護士殺害事件 (カナロコ)

June 07 [Mon], 2010, 18:03
 横浜市中区太田町の横浜みらい法律事務所で、弁護士前野義広さん(42)が男に殺害された事件で、前野さんの胸など2カ所に致命傷となる深い刺し傷があったことが3日、県警捜査1課などの調べで分かった。前野さんが刺される直前に「落ち着いて」と、男をなだめるような言葉を掛けていたことも判明。同課は加賀町署に捜査本部を設置し、強い殺意を持つ者の計画的犯行とみて、前野さんが担当している離婚調停などの業務にトラブルがなかったか捜査している。

 司法解剖の結果、死因は右肺などを刺されたことによる失血死。致命傷となった2カ所以外にも刺し傷があった。事務所内に落ちていたサバイバルナイフで複数回刺したとみられるという。

 捜査本部などによると、男は2日午後2時以降に事務所を訪れ、間仕切りの奥の相談スペースで前野さんと話し合っていた。外出先から戻った女性事務員が「まあ落ち着いて」という声を聞いた直後に物音がしたため、様子を確認すると、前野さんから「警察に通報して」と頼まれたという。

 事務所はビルの9階にあるが、男はエレベーターを使わずに非常階段から逃げたとみられる。ナイフや手袋を用意した上で、別の弁護士や事務員が外出して前野さんが1人となる時間帯に訪れていたことから、周到に準備して前野さんを襲ったとみて、男の行方を追っている。 

【関連記事】
法律事務所で弁護士刺され死亡、業務に関連したトラブルか/横浜
法律事務所で刺された男性死亡、弁護士と確認/横浜
法律事務所で弁護士刺殺、トラブル後絶たず、同僚は怒りあらわ/横浜
「心当たり全くない」事務所長の影山弁護士が悔しさにじませる/横浜・弁護士刺殺事件
弁護士か?法律事務所で男性刺され重傷/横浜

資料に名ある男性不明=弁護士殺害―神奈川県警(時事通信)
小田急電鉄に慰謝料要求 アルバイトの男を恐喝未遂で逮捕(産経新聞)
鳩山さんとツーショット…ポスター「どうしよう」(読売新聞)
トイレ監禁の次男 「チャンス逃せば死んでしまう」(産経新聞)
東尾修さん「親子のきずなのほうが強い」(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/k10ivik9/archive/18
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。