貧血を防ぐ為にも

August 19 [Wed], 2015, 11:00
実は、葉酸は妊娠する前より意識して摂るのが重要と言われています。赤ちゃんの障害奇形を防ぐ上でも摂る事が大切になってくる栄養素だったりします。葉酸はほうれん草やレバーなどにいっぱいふくまれる栄養素ですが、できる限り、意識して食品から摂るのは手間もかかり大変ですので、サプリメントにより摂取すれば効率的です。妊婦にとっての必要な栄養素というのはずばり葉酸というものです。

葉酸が不足の状態では胎児(母体の中で成長中の子をいいます)の脳や神経系に障害が残るリスクが大きくなってしまいます。実際、いつまでに葉酸を摂取すればよいかといわれると、脳や神経を形成する頃は妊娠3ヶ月以内となっているため、この時期に葉酸を摂ることが必要です。

不妊の一因として血行不良からくる冷え性があ原因と考えられています。


そこで、冷え性を根本的に良くする為に、食事療法を取り入れるというのが重要になるのではないかと感じます。体を芯から保温する生姜や根菜などを意識して食生活の中に取り入れて、体を冷やす原因となる食品を食べないことも、自分しだいでできるとてもいい方法だと思います。


実は葉酸は厚生労働省が公に、妊娠初期に妊婦が摂取する事が願わしいと触れている数少ない栄養素のひとつとして言われています。


妊娠を望む女性であれば妊娠前から、摂取しはじめる事でより役たち胎児(母体の中で成長中の子をいいます)の障害、先天性奇形の予防保全に関わります。
サプリメントで摂ると毎日の栄養所要量の葉酸が摂り入れが可能です。母子手帳に載っている通り、葉酸は胎児(母体の中で成長中の子をいいます)の発育を助ける非常に大切な栄養素として有名です。
妊娠を希望する時期から摂取する事が理想的だと考えられています。



特に妊娠の初期はつわりにより限られてしまう妊婦さんも多くいるので、サプリメントで補う方法がベストだと考えられるでしょう。さらに貧血を防ぐ為にも葉酸と鉄分、セットのサプリメントを摂ることでより効き目があります。

私は今、病院で、不妊治療をおこなっています。

しかし、それがとてもストレスになってます。こうまでやらないと、コドモが望めない事が私にはものすごいストレスなんです。可能であれば、すべて辞めてしまいたいです。



でも、それができない事が、ストレスを倍増指せているように考えます。葉酸はDNAの合成のほか脳や神経を創るとされ、特に胎児(母体の中で成長中の子をいいます)には欠かせない栄養素となっています。事実、先天性異常のリスクが大きく減少指せるとして、世界でその摂取に関して指導勧告しているのです。

必要な量は、0.44mg、授乳中0.34mgとしていますが、1000mg以上の過剰摂取は注意して頂戴。

鍼でツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)を刺激することにより内臓のはたらきを挙上げる効果があって、体全体のバランスのとれた状態に整えたり、促したりといった効果が期待できるでしょう。例えば、お灸は肩こりに悩む人向けと、思われる方も多いようですが、副作用や後遺症なく妊娠しやすい体を創る薬などに頼らない方法として不妊に悩む方にはお灸がいいと言われているようです。妊娠をめざす活動の中でも、体質改善をめざし、妊娠しやすい体を漢方によって作っていく治療は効果があるといえると思います。


病院で医師に処方箋を出してもらえば保険の適用がきくので、比較的安価で続けやすいという特性もあるのです。
漢方の効果は女性だけではなく最近よくいわれる、男性不妊にも効果が期待されており、夫婦で服用するようになさって頂戴。実際、妊活の一環にヨガを生活の一つに取り入れる事は効果があると思います。なぜならば、深い呼吸法を繰り返す事により体内の免疫が強まったり、精神の部分でも落ち着いてくるといった利点があるためです。妊婦 便秘
しかも妊娠した後でも、マタニティヨガといった形で続ける事ができる上、この呼吸法は出産の時にも役立つと考えられています。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:k0xcd1z
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/k0xcd1z/index1_0.rdf