ハクセキレイの加藤

February 08 [Mon], 2016, 14:36
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優っていると考えられます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してください。最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用がかさむことに尽きます。おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。また、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必須になってきます。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。放置すると炎症が広がるので即刻診断を受ける必要があります。歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。不断のケアが求められます。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり全ての治療を通した費用はかなりの額になります。全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、調べるときは参考になるでしょう。これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。入れ歯に比べ、インプラントではより自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、当然ながらデメリットもあります。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。例外はありますが、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。インプラント治療による危険性を聞いたことがあると思います。その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。それは気にしないでください。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryuusei
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/k0wi5i4ha1acrf/index1_0.rdf