今年も上高地(2017) 

2017年07月14日(金) 18時23分
毎年来る上高地、今日は天気予報に反して絶好の好天気!体力がすっかり弱って明神池まではいけません。大正池から河童橋までを寄り道しながら散策。万歩計14,224歩。穂高連峰すっきりと!!









今年も上高地(2017) 

2017年07月14日(金) 18時14分
左岸からの眺めも楽しく散策です。









今年も上高地(2017) 

2017年07月14日(金) 18時09分
河童橋を渡り梓川左岸を散策。









今年も上高地(2017) 

2017年07月14日(金) 17時51分
背後に広がる山々は格好のビューポイントです。夏休み前とあって観光客は少ないですが8月に入ると人が多く写真を撮るのに大変です。









今年も上高地(2017) 

2017年07月14日(金) 17時39分
ウェストンのレリーフから梓川沿いにゆっくり散策20分ほどで河童橋が見えてきます。上高地のシンボル。幅3・1m、長さ36・6mの木の吊り橋で、穂高連峰、焼岳を間近に見る光景は記念撮影スポットとして人気が高い。橋の下を流れる清流のせせらぎや、空気のうまさ、透き通った水の美しさは感動的です。









今年も上高地(2017) 

2017年07月14日(金) 17時33分
霞沢岳と六百山を望む梓川のほとりに、英国人宣教師ウォルター・ウェストンのレリーフ(石碑)はあります。氏は登山家として日本各地の名峰を制覇し、上高地にも訪れて山案内人・上條嘉門次とともに北アルプスに挑みました。そして上高地の魅力を1896(明治29)年、著書『日本アルプスの登山と探検』で世界に称賛しています。「楽しみとしての登山」を日本に浸透させた功労者として、日本山岳会は氏の栄誉を称えて1937(昭和12)年に梓川沿いの広場にレリーフを掲げました。その10年後の1947(昭和22)年よりウェストン祭も開催しています。









今年も上高地(2017) 

2017年07月14日(金) 17時16分
山の雪解け水は上高地に生きる人々の命です。河童橋にほど近い「清水川」の水は、周辺施設の飲料水として利用されています。









今年も上高地(2017) 

2017年07月14日(金) 17時11分
梓川を流れる水は、穂高連峰の雪解け水です。冬の間にたっぷりと蓄えた山の冠雪は、夏の太陽に照らされて梓川を流れていきます。そっと手のひらを浸してみたい気持ちになることでしょう。









今年も上高地(2017) 

2017年07月14日(金) 17時00分
7月の上高地は「さわやか」。日中の最高気温も20℃前後と、避暑地の名にふさわしい過ごしやすい日が続きます。梓川の水面、大正池や明神池、田代池など水に満たされた上高地の風景は目にも涼しさを運んでくれます。











今年も上高地(2017) 

2017年07月14日(金) 16時51分
夏の見どころは何といっても早朝の大正池。朝もやに包まれる湖上、山々と木々のグリーン、水面のブルーにすべてが染まる、まさに神秘の心象風景です。













2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:k-osako1930
読者になる
Yapme!一覧
読者になる