20120516 / 2012年05月16日(水)

 私とあなたは、今、少しずつ間が空いている。
 距離をとっているのか、離れていっているのか。
 次にあなたに会えるのは、いつになるのだろうか。

 自分で理想を描いてしまったから、こんなに哀しいのだと。
 苦しいのだということは分かっている。
 そして、あなたが離れようとしていることも分かる。
 思い込みかもしれないが、私にはそう見得るから。

 しばらく会えなくなると言った理由は真実なのか。
 確かめなければ、本当のところは分からない。
 もし、あなたにそれ問うて、伝えられたらと考える。
 それは同時に、信じて待っていなかったことを意味する。
 
 あなたに信用していないのか問われたこともあった。
 私が問うのは、信じたくないからではない。
 信じたいが、確証がないからだ。
 信じきれるほど、お互いの関係が深かったのだろうか。
 私には、確信できるほどの信頼関係があったとは感じられない。
 積み上げる途中で、私たちは終わった。

 それ以降は、お互い大切なものに目を背けている。
 一番大切な、確かめたいことから逃げている。
 楽しいことだけ、嬉しいことだけに目を向けている。 

 でも、いつか確かめるときが来る。
 あなたに問う日が来る。

 怖くて言えなかった事も、言えるようになっていたい。
 ちゃんと、向き合っていたい。

 
   
Posted at 05:29 / きもち。 / この記事のURL
20120505 / 2012年05月06日(日)

 分かっていても出来ないことがある。
 見得ない未来の、不確かな願望を夢見てしまう。
 それでも、という気持ちで刹那的に惹かれ、選んでしまう。
 それは想いが続いている限り、生涯続いていき得る。

 あなたとの未来を想い描いて、それが必ずしも幸せにはならない。
 今の状態のままで未来を描くとき。
 少なくとも私は、幸せにはなれないことは分かっている。
 分かっていて、それでも幸せになるための努力をお互いがする。

 その努力をしてまで一緒にいたいと思うのか。
 そこまでして分かり合おうとしてくれるか。

 私の不安は、あなたが応えてくれるか。
 ただ、それだけだ。
 
 
 
   
Posted at 03:47 / きもち。 / この記事のURL
20120430 / 2012年04月30日(月)

 今抱いているあなたへの気持ちが歪み始めている。
 あなたへのことを考えたくないわけではない。
 
 反応がないこと。
 確証がないこと。
 色々なあなたへの気持ちを確かめることが出来ない。
 だから不安になる。

 あなたと一緒に過ごしたくて一人暮らしを始めた。
 でもあなたと一緒になることはないと思う。

 いっそ全てを崩して無くしたい。
 そうしたら、あなたのそのままを見られる気がする。
 綺麗なだけではない、人としてのあなたを。

 気持ちだけで、人生のその先まで決められたら、どんなに楽だろう。
 大切な人との先を考えること。
 人と向き合うこと。
 気持ちを伝えること。
 それらがいかに難しいか。

 何年経っても、あなたの言葉が忘れられない。

 その答えを見つけるために、もう一度。
 もう一度、あなたと向き合いたい。
 だからもう一度、私と向き合って欲しい。

 
   
Posted at 01:48 / きもち。 / この記事のURL
20120422 / 2012年04月22日(日)

 昨日は泣きすぎて疲れてしまった。
 泣く内容はいつも同じ。

 あなたのこと。
 ただそれだけだ。

 私はあなたを愛する資格がなかったのではないか。
 それを今日まで引き伸ばしてきてしまった。
 だからいけないのだ。

 愛し方も、愛情の受け取り方も、何一つ知らない人間が。
 何も分からないまま求めようとしたから。

 だから今日まで関係が続いてしまった。
 あなたを苦しめていた。
 気づかぬうちに傷つけていた。

 だから、もう。
 私は、ただ、あなたを愛する資格がなかった。
 
 あなたが愛されたい形を実現してくれる人は必ずいる。
 もしかすると、そういう人のほうが多いかもしれない。
 だから、そういう人に愛してもらったほうが。
 あなたは私に失望しなくて済む。
 私も、あなたを傷つけなくて済む。

 今もあなたが分かり合おうとしているかどうか。
 深い話をしたいと思っているのか。
 私への気持ちが、ほんの少しでもあるのか。

 不安だけが大きくなっていって、苦しめているのは自分だ。
 でも、あなたを巻き込みたくない。
 いなくなるなら、一人で勝手にいなくなる。

 そう、決めている。

 これは、あなたは知らなくていいこと。
 そして、あなたが知る必要がないこと。
 
 
   
Posted at 20:24 / きもち。 / この記事のURL
瞬間。 / 2008年01月17日(木)


 人の心を失うことは簡単だった。

 それを取り戻すことは容易ではない。










 取り戻すことが出来ますか。

 散々に砕かれた

 この僕の心を。




 
   
Posted at 02:07 / 考え事 / この記事のURL
爪跡。 / 2007年12月09日(日)


 どんなに想っていても

 態度にしなければ

 伝わらなかった。


 あなたは

 それで

 人というものを計っていたから。











 悲しいと感じても

 それがあなたである。


 それを止めることも

 変えることも出来ない。











 遠い。


 ただ

 ひたすらに

 あなたが遠い。






 
   
Posted at 03:08 / 心の内。 / この記事のURL
忖度。 / 2007年10月18日(木)


 何も口にしなかった。

 
 というよりも

 口に出来なかった。












 想うこと。


 僕にはそれしか出来ない。



 
   
Posted at 16:31 / 時事 / この記事のURL
硝子。 / 2007年10月14日(日)


 あなたが想う以上に

 僕は想う。


 








 心の傷を

 どうしたのかと問う。


 あなたは

 大丈夫と

 答えるだけだった。












 あなたが

 いつか応えてくれる。


 僕は

 ただただ

 打ち明けてくれると

 心を開いてくれると

 一緒に微笑んでくれると

 祈るしかない。






 
   
Posted at 03:18 / 心の内。 / この記事のURL
雲色。 / 2007年09月30日(日)



 人の心を癒すのは

 言葉。












 どうか

 そうであってほしい。






 
   
Posted at 16:45 / 考え事 / この記事のURL
朝夢。 / 2007年09月11日(火)


 あなたを信じて待つことが

 あなたを想うこと。
 

 あなたを信じて

 待っています。














 どうか。


 どうか。











 
 
   
Posted at 02:36 / 考え事 / この記事のURL
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.