“門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし”

December 29 [Sat], 2012, 18:12
飲んでる時に、よく誕生日の人に僕が贈っている言葉です。
かの一休禅師の言葉。
(とんちんかんちんの一休さんですね)
正月で祝い気分の町を、しゃれこうべを棒に差し、この歌を大書した紙を掲げて町中を練り歩いたそうです。
僕がこれを言う時は完全にギャグなのですが、この歌の意は、
“正月が来た新しい年が来たってみんなはしゃいでいるけど、それは同時に死という終末に一里近付いた、という事なんだよ。めでたい事の裏にはめでたくもない事もあるんだよ。”
という一休さんならではの皮肉なんですね(苦笑)

さて、前置きはさておき、今日は○○年前に僕が産まれた日です。
クンフー映画のパイオニア、“天皇巨星”ジミー・ウォングさんや
ハリウッド俳優のダーク・ボガートさんとご一緒なんですな
大勢の方からお祝いのメッセージやメールを頂きました
本当にありがとうございました。m(__)m

いよいよ大台が目の前に見えて来ちゃう訳ですが、
まだまだ頑張らねばと新たに決意しました。
(それほど大した決意じゃないですね)
冒頭に戻りますが、これまでの○○年を無事に重ねて来た喜びと、
動けなくなる日が近付いて来た、という戒めを共に抱いて、
この一年を一日一日大事に過ごして行きたいと思っています。

何はともあれ、新しい年齢を迎えた山直@座長を、これまで同様、宜しくお願い致します
m(__)m
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:じゅり
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

たくさんの繋がりに囲まれて

日常のメリーゴーランド

大切な家族

夜空

最近見た映画

yahooスポーツ

職業の重要性

最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jzjxkkyb/index1_0.rdf