キャッシングやカードローンの借金は相続の対象になります

January 20 [Tue], 2015, 14:56
キャッシングやカードローンでのキャッシングはまぎれもなく俗に言うところの借金ですがその借金をしている人が亡くなった場合、その残高はどうなるのでしょうかという疑問があると思います。
ここで思い出して欲しいのは消費者金融でお金を借りる時には、無担保無保証が原則だということです。

これはキャッシングをする場合の条件ですが、返済の条件ではないようで、その残された残高は基本的には遺産相続人に負の遺産として相続されます。
したがって相続人が相続放棄をすればともかく相続をした場合には原則として相続をした人が返済をしなければならなくなるようです。

これは例としては少ないようですが金融機関によっては借りた債務者が死亡した場合にはその残高を保険金で支払うと言う契約もあるようですが、このような場合は本人が亡くなった時点で借入残高は保険金で完済されます。
また、このような手続きは煩雑なので本人が死亡した場合には遺族に残高返済を請求しないで損金処理をしてしまうこともあるようですが、これは残った債務の金額にもよると思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/jzew3/index1_0.rdf