絶食すると脂肪になる速度が早くなる理由

November 10 [Tue], 2015, 19:30
皆さん絶食すると痩せます。しかし、その痩せ方は非常に危ない痩せ方です。その理由は、実は絶食すると体内が飢餓状態になってしまい少量の食べ物を食べたとしても痩せず、脂肪になってしまいます。今回は、食事を抜いたダイエットによってこのような罠にはまらない方法を紹介します。初めに、少ない量で脂肪になってしまうのか、その理由は絶食によって急激な血糖値の上昇を引き起こすからです。確かに人間は、食べなければ必ず痩せます。そして、非常に言い難いのですが食事を抜いた後の食事ですが、抜いた分過剰に人間は食べてしまうのです。人間は食事をしないで生きていけません。必ず栄養を手にしようと脳が体に働きかけます。人間は食事をせずに我慢をしていると、脳の一部分から空腹中枢から異常なまでの信号が出ます。その為、食事を抜いた後の食事は満腹になるまで食べてしまうんです。そして、満腹になるとインスリンといった急激に上昇した血糖値を下げる働きをするホルモンが出ます。インスリンは糖を脂肪にする働きがあるので、過剰に食べた分だけ体でエネルギーとして使用されずに溜まるのです。適切な食事回数はダイエットにとって大切なのです。m字はげ用育毛剤として有名なプランテルの特徴
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jzdh0sk0/index1_0.rdf