月経痛のように短期間の痛み

March 27 [Wed], 2013, 15:57
五十肩、と言ってもそれは肩が痛い、という症状を表しているだけで、痛みはその人それぞれ違います。しかし一般的に外傷がない場合にはベルトを巻いて肩の筋肉を固定することによって、痛みを軽減させることができるようです。


五十肩ベルトで痛みをある程度抑えたり、可動域を広げることはできますが、五十肩の治療はできません。しかし五十肩を慢性的に抱える人はベルトを常備していたほうがいいでしょう。ベルトで痛みを緩和した上で病院に行くようにしましょう。


五十肩の中でも骨盤や骨格のズレから起こる痛みや、月経痛のように短期間の痛みに対してはベルトは非常に有効です。しかし病院や整体に行かずにベルトだけで五十肩を抑えていると、筋肉が衰えたり血行が悪くなったりと、逆効果にもなりかねません。


五十肩が起こった時には痛い場所をきちんとサポートしてくれるベルトを選びましょう。以前はさらしを肩に巻いて固定していましたが、今は優れたベルトが販売されています。通気性がよく軽量のものを医師や薬局の人と相談をして選びましょう。

おすすめサイト:五十肩の原因と治療の為の対策法
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りんbyw1
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jz5jzcl6/index1_0.rdf