コラーゲンが吸収されるそのメカニズムとは?

November 13 [Fri], 2015, 17:11
コラーゲン配合のサプリメントやドリンク別で付いて、「体内に本当に吸収されるか?」という疑問を持たせる方も多いだろう。 こちらでは 「コラーゲンが吸収される」と言うことの意味とメカニズムに対して紹介します。

コラーゲンが吸収されるメカニズム
よくよくある錯覚として 「体内に吸収される」と言えば、食品から取ったコラーゲンがそのまま肌に触れて吸収されるか? (これ)と考えられるかも知れないですが、そうではないです。 そのメカニズムには。段階があって、消化と吸収に伴って分解されて行きます。
まず、コラーゲンが上に到逹すれば、ペプシンだと言う酵素によって分解されて 「オリゴペプチド」と言うのに変わります。 その後所長に行けば、トリプトシンやキモトリプトシンだと言う酵素でいっそうもっと分解されて、一番小さな単位の 「アミノ酸」になります。 所長に吸収されたアミノ酸は、血流によって醤油や心臓など、身体全体で送ってくれることができます。
このように、コラーゲンを取ることは体内のコラーゲンを作るために必要な成分を送っている、と言うのです。 しかし、取って入れた成分皆がコラーゲンの純粋になるとは言えないです。 分解が不十分でもあって、合成するために必要な材料が不足とかしている状態では、使われないまま排出されたりします。
また、ドリンク剤、サプリメントなどに配合されていることは 「コラーゲンペプチド」と言います。 コラーゲンペプチドを取って入れた場合は、上記のメカニズムと少し違います。 取ったコラーゲンペプチドの半分は、上記の経つによってアミノ酸に分解されます。 しかし、残り半分はペプチドの形態であるまだ吸収されることが、近年の学会で発表されました。
※ コラーゲンの最新メカニズムに対して詳しい内容は、コラーゲン吸収率を高める拝啓摂取のポイントの面倒を見てください。
確かに吸収させるためには
最初から分子量の小さなコラーゲンペプチドを取って、消化や吸収を負担のなくてやんわりと実施する事も一つの方法です。 しかし、消化と吸収を担当している所長のコンディションが良くなければ、その効果も発揮することができないです。
取って入れたコラーゲンを、有効的にも活用するために、普段から所長のメンテノンスを留意して整理しておきましょう。 また、場内の消化酵素をサポートする仕事も一策です。 酵素を豊かに含んでいる生野菜や果物、発酵食品等を積極的に取って、所長を疲弊させないように留意してください。
また、基本的にサプリメントは薬ではなくて食品なので、飲むタイミングは別に決まってないです。 しかし、所長に部下をかけないのためできれば、動きが活発になる食間、食後に飲むことをおすすめます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まな
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jz0lvf1sohf/index1_0.rdf