家を建てる側の配慮が必要

June 23 [Mon], 2014, 16:32
一方で、独自の基準を設け、健康面に対して素早い対応を見せている民間企業も出始めている。

長谷工不動産はマンションで健康住宅を全面に打ち出し、低ホルムアルデヒドの床用合板を使用したりしている。

住宅メーカーなどでも、低ホルムアルデヒド対策を標準仕様にしたり、24時間換気システムと高性能フィルターでダニ・カビ・花粉を室内に取り入れないなどの健康面を重視した住宅を販売し始めた。

今後も、こうした健康志向は続く傾向にあり、家を建てる側の配慮が必要となってきている。

私がさいたまの住宅を購入したコチラも、健康面を重視した住宅を販売しているメーカーの一つだ。
P R