「住まい」のコスト削減 口コミ 効果 内容 方法 レビュー 

June 17 [Tue], 2008, 10:00
詳細はこちら







☆「住まい」造りであなたを守る安心の六カ条☆


@最初に選ぶのは、「住まい」のコンセプトと、人との相性。

A「住まい」は施工に至る前に雌雄が決まる。

B「住まい」の見えなくなる部分をカバーする。

C施工者のペースになるのは、あなたが時間が無いと思うから。

D不安や疑問点は納得ゆくまで確かめ、記録に残す。

E「住まい」造りの「コスト削減」と、工事の「抑止力」としての効果。



“よくある質問Q&A”

Q. □ 「撮影検査記録マニアル」と「メールと写真による第三者検査」とは別物なのですか?


A. □ 「撮影検査記録マニアル」がE-BOOK(電子書籍)です。有料サービスとして「メールと写真による第三者検査」を付けるのが(Aタイプ)で質問ができます。「撮影検査記録マニアル」のみを購入し自分で対応するのが(Bタイプ)になります。どちらかと言えば、コストも削減でき施工時の安心も得られる、(Aタイプ)がお勧めです。




Q. □ 実際の現場は見てもらえるのでしようか?


A. □ 費用は別途になりますが、必要ならば現場を見ることも可能です。施工サイドにOKをもらって頂き、時期や状況の打合せをすれば、現場チェックもできます。




詳細はこちら




Q. □ メールで質問する回数や期間に制限がありますか?


A.□ 現在のところ、回数や期間の制限を設けておりませんので、計画段階から施工終了まで可能です。制限を設けておりませんので、とてもリーズナブル(経済的)だといえます。ただし、今後大変になる可能性もあり、人数制限はしています。早めに確保しておくと、安心して「住まい」造に取り組めます。





Q. □ 設計をハウスメーカーや工務店に頼まずに、APSS設計の助けをかりて、自分でやることは可能ですか?


A.□ 最近は建築基準法が厳しくなり、なかなか素人には法規をクリアーすることが難しくなってきました。確認申請や中間検査、完了検査を受ける上でも、専門家の手を借りて、設計したほうが100倍楽です。APSS設計事務所に頼むことも可能ですが、設計専門なためハウスメーカーや工務店などよりも高くなります。




Q. □ 自分たちで、現場を見ることは可能ですか?


A.□ 「撮影検査記録マニアル」に添って、工事状況を見てゆき、分らない部分は現場の監督などに聞けば、十分可能です。それでも、不安になる場合も多々ありますので、そのような方は、(Aタイプ)の「メールと写真による第三者検査」付ならば、質問が出来るようになるのでお勧めです。




詳細はこちら




Q. □ 「撮影検査記録マニアル」を購入し、施工をした場合何らかの保証が受けられるのですか?


A.□ 「撮影検査記録マニアル」は保険ではありませんので、保証が付いている商品ではありません。しかし、「撮影検査記録マニアル」は保証はありませんが、建物を施工する時に安心と記録が得られます。したがって、こまめに「撮影検査記録マニアル」に従って、写真撮影をしてあれば、問題が起きても原因が何処にあったのかを探すことが出来、ハウスメーカーや工務店、さらに施工をした会社の契約した保証会社に保証を求めることができます。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jyuutaku
読者になる
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる