更年期の不眠を改善するコツ

October 17 [Mon], 2016, 16:12

更年期の症状のひとつに、睡眠障害があげられます。
「閉経期不眠症」とも言われていて
更年期障害で悩んでいる方の4割近くいるという
データも出ています。

睡眠障害を改善する方法としては、
寝る前の2時間前までに、
以下のことを
心がけるようにしましょう。

・パソコンやスマホなどを見るのをやめる。
・テレビを消す。
・部屋の照明を落とす。
・カフェインやアルコールの摂取をしない。



体が冷えると寝つきも悪くなるので
お風呂で半身浴をしたり、
アロマを1滴たらすのも効果的です。
入浴は寝る直前ではなく、
就寝の1時間前までには
済ませるようにしましょう。

毎朝起きたら
すぐに窓を開けて日光を浴びることも
体内時計を正常に動かすために大切です。

ウォーキングやラジオ体操などの適度な運動
日常生活に取り入れてみるのも良いでしょう。

こういった生活改善でも
不眠が改善されないようであれば、
更年期を迎えた女性に向けた優しいサプリ
活用してみても良いかもしれません。

ぐっすり眠れると評判の【潤睡ハーブ】
年齢を重ねた女性の健康を
本気で考えて作られたサプリメントなので
お薦めです。

気になる方は、公式HPをチェックしてみて下さい。
  ↓  ↓  ↓






睡眠時間はどれくらいが良いの?

June 04 [Sat], 2016, 16:11
人によって必要な睡眠時間は
さまざまと言われています。

国立睡眠財団では、
年齢別に推奨する睡眠時間を
発表しています。

赤ちゃんは長めで1日14〜17時間、
成人(18〜64歳)なら7〜9時間、
子供は大人より長く睡眠をとることが
望ましいとされています。

寝すぎる人は、平均寿命が短いという
研究報告もあるそうです。

生活リズムを崩さないようにして
適正な睡眠時間をとることが
大切です。

睡眠のとりすぎに注意

June 04 [Sat], 2016, 16:09
睡眠時間は長い方が良いと
思われがちですが
実は誤解のようです。

ハーバード大学の研究で
9時間以上の睡眠は
眠りの質が下がってしまう
ことがわかりました。

ですので、寝だめをしたりするのは
かえって体調不良を
招いてしまうかもしれません。

睡眠をしっかりとったのに
疲れが取れない場合は
20分程度の昼寝をすると
効果があると言われています。

体を休めたり
疲労を回復するには、
長さより質を上げるように
しましょう。