ひ、久しぶりに書きます。 

2006年02月09日(木) 21時01分
あまりに時間が経ちすぎて、本当に記憶があやふやになってしまっています
でもとりあえず、残っている写真とかを頼りにがんばりたいと思います。

たしかー、この日は相当天気が良くて、当初行く予定だった、コートールドギャラリーという美術館を却下し、ロンドンアイやウェストミンスターの、近く、まで行ってきました。











とりあえず、ロンドンアイやらウェストミンスターやらに本当に行くのは、この次の日だったので、この日の天気のよさを見せるためにそれ以外の景色の写真をあっぷしました

そんで、この辺を散歩したりして、学校に戻り、コヴェントガーデンへつれていってもらうアクティビティに参加することにしたのですが。
なんと参加者が私とNちゃんしかいないという、全く意味のない状況になり、もう場所とか知ってるのにただ案内してもらっただけ、というびっみょーなもので終わりました

この日はこんなもんかなー・・・もう覚えてないやー(死)

そろそろ記憶の限界が(死) 

2006年02月08日(水) 4時38分
この日は確か、Nちゃんがロンドンの学生のペンパルと会うというので、
Mちゃんと二人でコヴェントガーデンに行った気がします。
えぇ、気がするだけでもしかしたら違うかもしれません。
既に記憶があやふやです(爆)

コヴェントガーデンは、小さなお店がいっぱいあるところで、
大道芸人とかもいっぱいいて楽しいところでした。
思っていたよりも値段が高くて、あんまり買えなかったのだけれども、
すっごく気にいった紅茶を発見
試飲させてくれたお姉さんありがとう
ちょっと重いから悩んだんだけど、結局自分の家と親戚二件用に三個買ってきました

この日じゃないんだけど、二回目に行ったときは日本人のお姉さんがいて、
最初一個しか買わなくてやっぱり三個買おうとしたので、
日本語で説明できてよかったです(笑)

これがそのコヴェントガーデンの写真。



実はこの日だけじゃなくて、Nちゃんと二人で行った日もあって、
その日はすっごい歌がうまい黒人の女の人の歌を聴けました
ナマ声なのにすっごい響いててきれいで、感動でした。



見えにくいかもしれないけど、右下の方で立っている黒い女の人がその人です。







これがコヴェントガーデン周辺の街の様子です。
ロンドンはどこへ行っても街がきれいというか可愛いです
まぁ、都会ですから空気は悪いけどね

んで、三時半からフリーの授業があったので、学校に戻りNちゃんと合流。
会話の授業だったんですが、途中からマンネリ化しちゃったのと、
私とペアになった子が、私より話せないくせに日本人は話せないとはなから思っているのか、
全然話させてくれなくて、まどろっこしかったです。

勘違い。 

2006年02月07日(火) 0時20分
この日、私とNちゃん、そしてあっちで友達になったMちゃん(日本人)と一緒に、
この先二週間どういう風にロンドンを回るか、計画を立てました。
私行き当たりばったりとか嫌いなのでそのへんはきちんと。

そんで、その日はナショナルギャラリーに行く予定でした。
地図を見ながらえんやこら歩いていき。
あ、これじゃない?とみんなで話し、その中を回ること二時間弱。
あぁ日も暮れてきたし帰ろうかー、あ、あの公園きれいだね、
写真とろうよぱしゃぱしゃ。

・・・

私たち、そのまま普通に帰りました。
そして私ホストマザーに、今日ナショナルギャラリー行ったんだぁって報告しました。

・・・

その一週間後のことです、そこがナショナルギャラリーじゃなかったって知ったのは


私たちがこの日に行ったのは、ナショナルポートレートギャラリーでした

いやー・・・騙された騙された(爆)
なんか人の顔の絵しかないなぁー、雑誌にのってるような絵がないなぁと思ってたんです(笑)

当たり前ですね、ポートレートギャラリーですもの。

しかも外側からはちゃあんとナショナルギャラリーを見てるんですよ。
あんな扉あったかなぁなーんてすっとぼけたこと考えて、何枚も何枚もぱしゃぱしゃ写真をとってたのですね、うちらは。



これがまさにナショナルギャラリーの入り口です。
この裏側にポートレートギャラリーがあります。



この日はそれだけで終わっちゃったから本当にショックですね

そういえば、このナショナルギャラリーの前で初めて、おおっぴらにいちゃつくゲイの二人を見かけました。
ヨーロッパではふつーにいます。
恋人どうしが街中でいちゃつくのが日本人が挨拶する頻度よりも多いんじゃないかってぐらいすごいから、
それがゲイだろうとなんだろうと隠しません。
二人で写真をとってたり、まさしく二人の世界を作っていました。



ぶっちゃけ、写真も撮っちゃいました(死)
すっごいショットが撮れました
ここには載せられないので、もし見たいかたが万が一いらしたら、こっそりおっしゃってください(笑)

語学学校初日。 

2006年02月06日(月) 2時16分
一日目の朝はものすごく早く目覚めました。
ええ、まさにジェットラグです。
初日の朝はテストがあるので七時過ぎに家を出なければならなかったのですが、余裕でした。

朝ご飯は予想通りコーンフレークとパン
でも前にホームステイしたときとは違い、
ホストマザーがパンは焼いてくれるしティーも入れてくれるし、
後片付けしたりする必要もないし、
何より朝ごはんを食べながらホストマザーが話し相手になってくれて、
毎朝すっごい英語の勉強になりました

でも毎回それで話してて結局学校に遅刻したりとか結構ありました


初回の学校はすごく思ってたよりも小さくて、びっくりしました。



これが、学校があるビル群です。
学校はこのビル郡の中の・・・、



このバーガーキングというハンバーガー屋さんの上の建物だけです(笑)

セントラルなんとかって学校でした(爆)


最初に筆記の試験を受けたのですが、それがすっごい簡単で、ぶっちゃけマジで笑っちゃいました。
まぁそれでも二個間違えちゃったんですが
一問目が、Iに使うBe動詞の選択でした。amなのかisなのかareなのかbeなのか。
うん、ちょっとこれ間違えたら家庭教師とかやめたほうがいいよね、絶対。
間違えたのは確か前置詞の問題だったと思われます。

スピーキングのテストは、私的にはよくなかったんですが、何を間違えたのか、
結構上のクラスに入れさせられてしまいました。
AからEに分けられてて私はD。
しかも一緒に通うNちゃんのが確実に私より英語を話せるのに、彼女は一つ下のC〜Dクラス。
なぜ

とりあえずクラスに入ったら一人日本人がいたのに安心しました。
でもみんなの会話を聞いて、めっちゃ早くって、すっごい不安になりました。
結局二週間いてクラスメイトの半分も話せませんでしたよ、私

でも最初先生の言ってることしか聞き取れなかったのに、
三日目ぐらいには生徒の英語も聞き取れるようになってきました。
しかも文法的な理解(特に時制)という意味では、私のが理解できてたので、
ちょっとは誇れると思います

ロンドンへ行きましょう。 

2006年02月05日(日) 2時02分
ということで、旅行記は別の日記として書くことにしました
ちょっとずつ記憶をたどって日記を書いていこうと思いますが、そのうち忘れてしまうと思われます(爆)
その場合は写真だけお楽しみください(笑)

まずは初日。
とりあえず寝坊したことは覚えています
高校時代の友達のNちゃんと一緒に行ったのですが、
親が成田まで車で送っていってくれたので、楽でした
荷物は重かったけどなんとか飛行機へ乗り込み

機内食がすごくおいしくて感激でした
さすが大英航空




これが飛行機から眺めた景色



この下に見えている景色はロンドンです
ちょっとよく見えないかもしれないけど、かなり街が綺麗に並んでいて、
しかも窓際の席だったので、その景色に感激でした




そしてホームステイ先に到着
どんなホストマザーかどきどきどきどきしてたんですが、
ドアを開けたとたん出てきた人が、
すっごい私の理想のホストマザーって感じのめちゃめちゃ優しそうな人で、
すーーーーーーーっごく嬉しかったです

いつもより英語が話せなくて、緊張してるのかな自分、
と思いながらトランクをあけて片付けたり、
駅に行って定期を買ったり、初めての夕食を食べ、
そのあとは疲れていたので速攻寝てしまいました

部屋の様子を一枚ほど。
八畳ほどのかなり広い部屋で、すっごく使いやすいし可愛し、快適でした

P R
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jyuni-sinkai2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる