ランニングで重要な柔軟性を高める超簡単な3つの方法!

January 24 [Sat], 2015, 0:10



ランニングにおいて柔軟性が高いと
たくさんのメリットがあることは
以前の投稿で解説してきました。

復習すると、

1.けがを防止できる

2.同じ歩数でも走る距離が伸びる

3.スタミナの消費を抑える

4.ランニング効率が良くなる


といったメリットがあります。


ランニングにおいて柔軟性を高めることに
これだけのメリットのあるなら
柔軟性を高めないと逆に損ですよね。


では、とても簡単に
柔軟性を高められる方法を
解説して行きます。


大きく分けて3つの方法があります。


1.トレーニングによる柔軟性の向上

2.食事による柔軟性の向上

3.道具による柔軟性の向上



この3つです。

では、それぞれについて
解説して行きましょう。


1.トレーニングによる柔軟性の向上

これはごく一般的なやり方で
誰もが知っているかと思います。

各関節を大きく動かして
筋肉や腱、じん帯などを
十分に伸ばすストレッチングによって
行います。

弾みや反動を使うものと
ゆっくり伸ばして静止するものが
ありますね。

安全を考えると
ゆっくり伸ばして静止するものが
一番いい
と思います。


2.食事による柔軟性の向上

これは普段の食事から
補給できる成分から
柔軟性を高める方法です。

柔軟性を高めるために
必要な成分は「たんぱく質」です。

たんぱく質は
柔軟性を高めるために必要な
筋肉を作る栄養素の代表格です。

たんぱく質を多く含んでいる
代表的な食べ物は、

卵、納豆、牛乳、牛肉、豆腐

などがあるので、
意識してこれらの食べ物を
取るようにするといいでしょう。


最後に

3.道具による柔軟性の向上

です。


最近では、
身体機能を高めるためのアイテムが
いろいろと開発され
世に出てきています。

その中でも
非常に注目されているのが
パワーバンドです。

このパワーバンドは
革新的な技術により
手首につけるだけで

柔軟性をはじめ、
バランス感覚や持久力、
パワーなどのいろいろな身体機能を
驚くほど高めてくれる
ものです。

バランス感覚は平均18%アップ、

パワーは平均20%アップ、

柔軟性に至っては
平均約15%もアップしたという
驚きの検証データがあります。



柔軟性を簡単に高める方法を
3つ解説してきましたが
自分に合った方法で
柔軟性を高めて

より効率の良いランニングをする
手助けになると幸いです。


多くのアスリートや
著名人が愛用している
最新パワーバンドはこちら!


↓ ↓ ↓

C-PRIME
P R
カテゴリアーカイブ