変動為替相場と固定為替相場

January 31 [Thu], 2013, 16:58
現在の世界通貨では、変動相場制のもとで成り立っているといいます。為替のレートは、どういった条件で常に本道しているものなのでしょう。外国為替は相対取引が原則になっていますが、そのような中での変動相場とはどういった位置づけになるのでしょう。為替レートが現時点でいくらであっても、本人たちがその価格でいいと言っているならば、それが取引額となるというものです。かといって、それでは何を基準にしていいか戸惑ってしまいます。そのため、インターバンク市場という銀行間取引ではどんな為替レートで取引が行われているかを参考にします。銀行やディーラーが外国為替市場でどんな取引をしているかというわけです。各国通貨の価格は、株価と同様にどの貨幣がどれだけ必要とされているかで決定します。

世界経済で流通している通貨は、国家の方針によって変動相場制と固定相場制とがあります。多くの先進国では、変動相場制を採用しています。外国為替市場のその時々の動向によって、為替レートは絶えず変わっています。一方、常時変わらない固定相場の通貨もあります。上下1%以上変動しないように、通貨当局が関与しているものです。固定相場にしている国は、発展途上国や、中国の人民元も為替レートを固定しています。変動相場で外貨を売買している日本では、変動幅が大きく動いています。
引越し 近所
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おうさん
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jyuly852/index1_0.rdf