【 更新情報 】

 

今話題の幼児英語教育

多くの雑誌で幼児の英語教育話題になっている要因として、現在の子供達が大人になる頃には、グローバル社会になっていることがあげられます。

そして、わからない事に対して興味を持つ事ができるのが幼児期だと言われ、さらに4歳以下のお子様に学ばせる方が理解しやすいことがあげられます。この時期を利用して学習する幼児の習い事の1つが幼児英語です。

赤ちゃんは脳や舌などの口の筋肉が未発達のため、語学などの学習に関して柔軟性に優れています。このような柔軟に覚えられる吸収性が高い幼児期を利用して、英語などの言葉を頭の中にインプットさせていくのです。

また、幼児のうちに英語を学ぶ事でコミュニケーション能力の発達を作りだすだけではなく、私達が話している日本語を表現する能力も発達すると言われています。その為にも、少しでも自分の意見を言う事ができるように表現力を持つ事は大切なことです。

日本の教育社会でも英語が重要視されていて、小学校の低学年から英語を学ばせています。

現在は、英語にストーリー性を重視したり、楽しい音楽、テンポ、デザインなど子供達を引きつけるような幼児英語教材も多くあります。また教室などでもダンスを取り入れたりと楽しく学べる教室も多いです。

何もしないで過ごすよりは、幼児期にしかないメリットを利用して幼児英語に活かしてみてはいかがでしょうか。親も子供と一緒に学び楽しむ事で、英語を身近に感じる事でできるでしょう。子供との遊びの一環として学ぶのもいいかもしれませんね。

幼児英語の教材と教室

幼児英語を学ばせたいけど、教材を利用するのか、教室がいいのか悩んでしまうとことと思います。

教材を利用した場合は、家で学ぶ事もでき、自分や子供のペースで教材を進めていく事ができるし、多く出ている幼児英語の教材から子供に合った教材を選ぶ事ができます。

幼児英語を学ぶ時は、お母さんも一緒に遊びながら親子で1日60分程英語を学ぶ教材が主流です。、お仕事をしているお母さんには、もう少し短い時間が設定してある教材を探すのもお勧めです。教材を注文する場合には、サポートに疑問を持った時に質問に答えてくれるサイトを用意している教材がお勧めです。

教室の場合だと、月2・3回程度なので、お仕事をしているお母さんには最適かもしれませんね。それぞれの年代ごとにクラスが用意されていますから、子供に友達を探すことができるかもしれません。しかし教室を近くに探なかったり、人数制なので入会出来ない場合があります。

どちらが良いのかは、親や子供達によって違うと思いますが、どちらも幼児英語を習う場合にはお勧めです。子供には、いつもの遊びを英語に変えただけでも良い刺激になり、英語に慣れるまでは少しづつですが毎日触れ合っていきましょう。

慣れてきたら簡単な「グッドモーニング」など朝の挨拶や「アップル」の単語などを親子の会話に取り入れたりするのもいいですね。毎日続ける事で、お子様はお母さん達との遊びを楽しみながら英語に触れ合っています。

子供には、それぞれの個人差がありますのでゆっくり楽しく行なって下さい。また、できた時には、「凄いね」などと声かけをしてあげると喜びますよ。

格安で幼児英語を学ぼう

お金がかかると有名な幼児英語ですが、色々な物を利用して格安で幼児英語を学ばせることができます。1歳代の子供に使う幼児英語の教材だと、主にDVDやCD・絵本を使います。

まずはDVDですが、今は幼児英語のDVDはとても多くありますので選び易いことと思います。またファラッシュDVDやリトミックを使ったDVDなどがあります。

最近では、有名なレンタルショップで、幼児英語のDVDを取り扱っている店舗もあるので、まずはレンタルして見るのもいいですね。マザーグースの童謡を使っているDVDなどもあって内容は結構充実しています。

また高価な教材のDVDを欲しいと思っている親には、中古の幼児教材販売をしているショップなどで購入すればかなり格安で購入する事が可能です。

絵本は「DOG」や「CAT]のように判りやすい単語が書かれていた絵本や、英語を苦手としているママでも読めるような簡単な英単語で良いと思います。「グッドモーニング」などの挨拶がある絵本もいいですね。絵本などは図書館などでも借りる事ができるので、無料で済みます。探せばいろいろ見つかるとことと思います。

また英語教室も月2・3回だと3000円〜4000円前後で受けられたり、時間制の託児所などでも英語を教えている所もあるそうです。もし子供を預ける時は利用してみるといいかも知れませんね。

学習塾選びのポイント

現在では、数多くの学習塾がありますので、さまざまな種類の学習塾の中から、子供に最適な学習塾を選ぶのは大変なことです。そこで、失敗しない塾選びのポイントを紹介します。

大手塾の広告やパンフレットは大変きれいで清潔感がありますが、ここで重要なことは、見た目だけではなく内容がしっかりとしていることです。

その塾の教育方針はどのようなものなのか、志望校合格のため、成績向上のためなどの目標をどのようなシステムで達成を目指すのか、その目的が明確に書かれている塾は、検討してみる価値があります。

また、授業の時間割やコース、そして授業料がわかりやすい塾は、後からトラブルが起こる可能性がないので安心できます。中には、料金体系がわかりづらかったり、まとめて授業料を納入させ、退塾しても返金してくれない儲け主義の塾もあるので、注意してください。安心なのは、毎月支払う月謝制の塾です。

また、大手塾やチェーンの塾なら、生徒が多い分合格する人数も多いのが当たり前なので、合格数の実績だけでその塾に決めてはいけません。ひどいときには、その塾の合格者だけでなく、提携している塾の合格者まで加えてカウントしている場合もあるようです。くれぐれも、合格実績数だけで評価しないように気をつけてください。

ある程度塾が絞れてきたなら、無料の体験授業を受けることをおすすめします。実際に通塾してから担当する講師が、体験授業でも担当した同じ講師であるのかも重要になります。体験授業のときと違うのなら、あまり意味がありません。

さらに塾の講師との相性もあります。自分の学生時代を思い出してください。何となく気に入った先生の授業だと、勉強もがんばったのではないでしょうか。実際、体験授業で子供興味がもてたかどうか、しっかりと確認をしてあげて、条件を満たした塾を見つけてあげてください。

また最近では、インターネットを利用したEラーニング学習塾という勉強法もあります。インターネット学習とか、インターネット学習塾などという呼び方もあります。この授業だと自宅で何度でも繰り返し受講できるというメリットがあります。ぜひ、選択肢のひとつに加えてください。

個別指導と集団授業の長所・短所

学習塾を選ぶのに、まず考えるべきことは個別指導にするか集団授業にするかです。

個別指導の場合、講師と生徒が一対一で行いますので、生徒は授業中にさぼることはできませんし、講師がすぐそばにいるので生徒は質問がしやすい、仲良くなることができるなどのメリットがあります。

さらに講師は、生徒の学力などをしっかり把握しているので、生徒の習熟度に合わせた内容で授業ができる、生徒の都合に合わせた授業を組むことができる、わからない理由を発見してもらえるなどの、生徒の実力に合わせたきめ細かい指導ができます。

個別指導のデメリットとしては、一般的に個別指導の受講料の方が高くなります。これは、生徒の人数に合わせて講師を集める必要があり、人件費が受講料に影響してくるからです。また、合わない先生に担当されると、一対一が辛い、逆に仲良くなりすぎて馴れ合いになる可能性があるなどの問題点もあります。

さらに、学力が高く優秀な生徒にとっては、個別指導は合わないことがあります。なぜなら、他の生徒と張り合うことがなく、自分のもっている実力を他の生徒に自慢できないからです。このような生徒は、集団の中で切磋琢磨しながら授業をする方が向いています。

集団授業は、その集団がレベルの高い集団ならば、その友人達と競い合い共に過ごすことで、成績も自然と伸びるようになるでしょう。デメリットとしては、集団の中で質問がしづらいため疑問点がそのままになるケースが多い、友達同士で騒ぐような塾もあるなどです。

個別指導と集団授業の長所・短所はそれぞれありますし、上記のようなメリット・デメリットも一般的なものなので、当然全ての塾にそのまま当てはまるということではありません。

その子の性格や学力などを総合的に考えて、子供にとって最適な塾を選択してあげてください。親の好みを押し付け、子供に合わない塾に無理やり通わせるのは、まったく意味がありません。子供とよく相談し、納得のいく塾を選ぶことが大切です。

塾に通うのが初めてならば、まずは体験授業を受けることをお勧めします。現在は、インターネットでの学習塾比較サイトもありますので、参考になさってください。

大手学習塾と個人経営塾の比較

大手学習塾にしようか、個人経営の塾にするかも悩んでしまうところです。大手学習塾のメリットとしては、多くの合格実績があること、模試を多く行なうことなどで情報を多く得ることができることです。また、カリキュラムがしっかりしているので、安心して授業が受けられます。

デメリットとしては、マニュアルに従った授業、生徒同士の競争にストレスを感じる、先生に質問しにくいと感じる生徒もいるようです。また通うのに時間がかかる場合があります。儲け主義に走る学習塾もあります。

一方、個人経営塾のメリットは、先生に質問しやすいこと、親身になって教えてくれること、また、地元の学校の情報を持っている場合が多いので、テスト対策を行なってくれたりもします。一般的に、アットホームな雰囲気でストレスも感じません。

個人経営塾の場合は、地域密着型になりますので、生徒が口コミで集まってくることが多く、兄弟で通ってくるケースが圧倒的に多いという特徴があります。

デメリットは、学習の競争相手が少ないため、なかなか意欲がもてない生徒もいますし、大手学習塾で受けられるような模試がない場合もあります。優秀な生徒にとっては、ゆったりとし過ぎて物足りないと感じることがあるかもしれません。最近ではホームページのある塾も多く、そこから情報を得るなどして、比較してみてください。

実際に塾を選ぶ場合には、必ず親子で見学してできれば体験をして、担当になるであろう講師と塾長と面談することをお勧めします。

たいていの塾では、見学体験は行っていますが、塾長との面談は拒まれたりする可能性があります。そういう塾は、マイナスポイントをつけてかまいません。また、細かいことですが、その教室の部屋がキレイであるかどうかもポイントのひとつになります。

後は世間の評判を聞くことです。保護者の間でも「誰の子が○○塾に通ってて、成績が伸びたらしいわよ」などの噂はよく流れているものなので、学習塾選びの参考にしてください。

よく情報を集め、一ヶ所だけではなく何ヵ所にも足を運ぶことです。入学してからは、変更することは意外と大変になります。