受験勉強の為の準備

June 11 [Tue], 2013, 11:10
受験勉強は、例えば現在中学3年生で高校受験を迎えるのであれば、高校3年生からスタートしたのでは、
進学校に入るのは難しくなります。
受験勉強は既に1年生からスタートしている人もいますから、なるべく早めにスタートするのが良いでしょう。
成績が優秀であっても、その学校に入る為の受験勉強をしていないと落ちる事もあります。
これは学校の勉強が出来るのと、その学校に入る為の受験勉強が違ってくるからです。
この為、学習塾では○×学校に何人入学などの広告を出して募集をしていますが、
その実績がある学習塾であれば、対策が出来ているとも言えますから、そのような学習塾に入るのが良いでしょう。
また学習に最適な環境を整えてあげるのも大切です。
ゲームやテレビ、インターネット、携帯電話など暇があれば見たり、操作したりしますから、
学習している間はなるべく見せないような環境を作るのが良いでしょう。

受験勉強は体力勝負

February 11 [Mon], 2013, 11:17
受験勉強は体力勝負です。定期試験前のような徹夜での勉強というわけではありませんが、それでも数年間集中し続ける必要がありますし、受験日程をきっちりとこなしていく必要があるからです。受験日程は概ね1〜2週間程度になると思いますので、その間集中力や気力が持続できる必要があるのです。

体力があれば、風邪やインフルエンザなどにもかかりにくくなるので、健康面にも影響してきます。受験勉強というととかく苦しいというイメージがありますが、成績が上がりやすい時期と成績が上がりにくい時期があるので、特に成績が上がりにくい時のモチベーション管理が極めて重要ですね。

定期試験は受験勉強と違って出題範囲が狭いので、しっかりと得点アップにつなげるのは短期間で可能ですが、出題範囲の広い受験勉強はそうはいかないからです。ですので、勉強した範囲の練習問題の正解率などをモチベーションにしていくといいでしょう。そうすることで、自分の理解度の上昇を実感でき、やりがいや好奇心に繋がっていきます。受験勉強は3年の冬ともなると追い込み時期になりますが、それまでは焦らずに計画的に学習したものが勝ちますよ。

受験勉強にトライ

December 06 [Thu], 2012, 21:27
受験勉強にトライしているお子さんがいます。中学受験で初めての受験勉強のようですが、お母さんにいわれて渋々やっているようで中々成績アップに結び付きません。一般に、勉強時間に比例してある程度成績は上がるのですが、やはり集中力の差も大きく反映されます。

人間集中すると飛躍的に能力がアップするものです。よく交通事故などに合う瞬間、動きがスローモーションで見えたという証言があったり、野球でボールが止まって見えるという選手がいたりと、逸話がありますが、真実であろうと思います。これと同じで、受験勉強においても集中力がアップするように勉強を楽しくしたり、勉強したくなるような工夫が必要です。

特に中学受験ではご両親が教えるケースも多いようですが、親子だとどうしても力任せになりがちです。ここは、外部の家庭教師や受験勉強に強い学習塾の力を借りた方がうまく行くケースが多いようです。家庭学習も極力自習室や学習塾の部屋を借りるなど外部に行けるようにするといいでしょう。高校受験になればかなり子供に任せられますが、まだ小学生なのであれば、環境を整えてあげる努力を親がしてあげないとダメでしょうね。

受験勉強のすすめ

November 20 [Tue], 2012, 9:13
受験勉強なんて意味がない、真の学力が重要だ、このように考える方もいるようですが、真の学力を付けることと受験勉強は別の方向性ではありません。記憶重視になりがちと言う点はありますが、ある程度は記憶する必要がありますし、記憶する過程で、意味や背景を学んでいけばいいのです。より重要な事は受験勉強をしないということではなく、意味や背景を教えずに丸暗記を強要する学習塾や講師を選ばないということでしょう。

一部の進学塾や教える力の乏しい講師は、強引に覚えさせようとしますが、それではただの丸暗記ですので、非常に効率が悪いだけでなく、とてもつまらない学習となってしまいます。子供が勉強ぎらになるのは、タダ記憶するだけであることが原因であったり、過去に勉強した範囲の理解が低く、今の授業についていけない事があります。つまり、分からない事が面白くない原因なのです。ゲームでもスポーツでも負ければ楽しくないのと同じことです。

ですので、過去にさかのぼって分からないところをつぶしていくことで真の学力が身に着いた上に、受験勉強にも繋がります。受験勉強のために真の学力を付けてくれる学習塾を選べば、受験勉強を通して様々な学びを得ることが出来るでしょう。

受験勉強は今すぐスタート

November 01 [Thu], 2012, 9:07
受験勉強は今すぐスタートするべきです。3年生になってからの方が集中して取り組めるとかいろんな意見がありますが、志望校への合格というただ一点にフォーカスするならば絶対に1日でも早い方が良いでしょう。部活動に専念したいとか、高校生であればアルバイトがあるとか色々とあるかもしれませんが、1日に集中できる時間はある程度限られています。

如何に受験勉強という自分の将来が掛かっていることでも中々1日に10時間勉強を集中してというのは難しいものです。受験勉強は仕事などと違って外部的なプレッシャーもありませんのでなおのことです。自分との戦いになるのですから、毎日コツコツとやる方が良いのです。その為には1日でも早い方が総学習時間が増えて成績がアップしやすくなるということです。

もちろん、一気に学習した方が効率の良くなる分野もありますが、そういった分野も早めにやっておくことで記憶が定着して受験勉強の効率が飛躍的にアップするのは間違いありません。部活動などの学校行事も手を抜く必要はありませんが、受験勉強は3年生になってからと決めてしまうのはかなり危険だと言えるしょう。夏休みなども部活動はあるでしょうが、それでも空いている時間に少しでも受験勉強しておくことで遅れを取り戻していくことが重要ですよ。

受験勉強方法に迷ったら

October 15 [Mon], 2012, 18:38
受験勉強方法に迷ったら受験勉強に成功した人に話を聞くのが一番です。身近にいればよいですが、自分と同じような成状態から自分と同じ志望校に合格した方となるとそうそう知り合いにはいないもの。一番手っ取り早いのが学習塾の講師に相談することでしょう。

学習塾の講師の元には、毎年の卒業生分だけのデータが集まり続けているので、親や兄弟とは情報量が比較になりません。信頼できる学習塾の講師を見付けることが難しいのですが、あなたの成績状況から志望校へ合格するための道筋を納得できるように説明でき、3ヵ月以内にあなたの成績が向上すれば、かなり信用できる講師と言えるでしょう。学習塾の自習室を提供してくれ、しっかりとサポートしてくれればなお安心です。

結局結果が出るかどうかが全てなので、今までの実績とあなた自身での3ヵ月の結果で判断するのがベストです。受験勉強方法に迷うということは、結果が出ていないということですから今すぐ受験勉強について相談しましょう。相談してから3ヵ月が勝負で、ダメならすぐに講師に相談してなぜ上がらなかったのかを徹底分析するのです。ただ頑張りが足りないとだけしか言わないようであれば、講師としての資質に問題があるでしょう。

受験勉強での目標設定法

October 01 [Mon], 2012, 10:55
受験勉強での目標設定法は、毎日何ページ問題集を解く、といった設定方法にしない方がよいでしょう。何ページかではなく、しっかりと学習塾のペースについていけるように予習復習しておくのが効率のよい目標設定なんです。短期的で分かりやすい目標は、学習意欲を引き立てて効率がよいのです。あまりにも遠すぎる目標がやる気が殺げてしまいます。

受験勉強は、現時点での成績ではなく、最終的な学力が重要なので、現時点だけでOKにはならないですし、かといって進みすぎても現在の学習分野がおろそかになり、結果として学校の定期試験の結果が悪くては意味がありません。

ですので、適切なスピード管理が大切です。また、中学生や高校生なら付属高校へ入らない限り3年間受験勉強を最低でもしていくことになるわけです。3年間集中し続けるのは普通の人には出来ないですから、予習復習にめどがつけばその週はお休みしてリフレッシュするのもよいでしょう。

英単語や世界史、地理などのようなかなり記憶量が多い科目は、夏休みなどに一気に覚えてしまうなどの方法も必要になりますが、まずは、予習復習が目標設定として重要であると知るだけでもいいことだと思いますよ。

友達の家で受験勉強

September 17 [Mon], 2012, 20:36
友達の家で受験勉強するのも意外と勉強がはかどるのですが、この場合、友達の勉強環境に依存してしまいます。部屋に漫画本やゲームなどがある状態では中々集中できないからです。夏休みの宿題など時間がない時には有効ですが、受験勉強のような長期戦には不向きと言えるでしょう。

ですので、学習塾の自習室や図書館を使う方が効果的ですし、先方宅にご迷惑をかけることもないでしょう。特に、学校の図書館であればお金もかからないですし、受験勉強で分からない時に学校の先生に質問できるので使い勝手はとても良いです。学習塾の自習室も良いのですが、毎日学習塾に通える契約をしていないと難しい場合もありますので、ご両親との相談と言う形になりそうです。

学校の学習塾の問題をやっていても良いですが、やはり先生の目は気になるでしょうから、学習塾の自習室では学習塾のテキストや受験勉強。学校の図書館では学校のテキストや市販の問題集を中心に勉強して行くといいでしょう。もちろん、近場の図書館も利用可能ですが、自習室の場合抽選だったり早い者勝ちだったりするケースが多いです。ですので、定期試験期間中などは利用しにくいかもしれないですね。自宅では中々集中できないでしょうから、試験前日の夜など、集中せざるを得ない時以外はあまり使わない方が良いでしょう。

定期試験と受験勉強

September 02 [Sun], 2012, 9:31
進学塾などへ通う生徒の中には受験勉強にばかり集中して、学校の定期試験対策をあまりしない生徒さんもいるようです。特に成績が優秀な生徒ほど定期試験対策をあまりしないようですが、内申書の問題もありますし、復習にもなるので、最低限の定期試験対策はしておいた方が良いでしょう。

同じドラマや漫画でも何度も見ていると新しい発見をするように分かっているつもりの所でも何度も見聞きして問題を解いていると新しい気付きはあるものです。分かっていると思い込んできかないというのはとても勿体ないので、注意しましょう。受験勉強の学習スピードと学校のスピードだと成績上位のクラスの生徒ほどかけ離れていくのが実態です。だからこそ、記憶の定着を図る上ではとても効率的だということを忘れてはいけないのです。

また、中学校ではあまり難関校への推薦というのは無いのですが、高校生であれば早稲田や東京理科大など難関校の推薦を取れる事も多いので、これらの大学を目指しているなら、学校での成績でトップを目指す事も有効な方法です。受験勉強や入学試験は学生のうちしかやる機会がないですし、浪人をしないのであれば失敗が許されませんので、出来ることは全てやっておくというのが受験勉強のリスクヘッジとしては効果的だと思いますよ。

受験勉強はスタートダッシュ

August 16 [Thu], 2012, 9:47
受験勉強はスタートダッシュが肝心です。特に進学塾へ通っているケースだと学校に比べて授業の進捗がかなり早いので、最初ついていけるかどうかが肝心になります。もし苦手科目を作ると勉強の効率が落ちますし、受験する学校によっては科目ごとに難易度が大きく異なるので、苦手科目が志望校の難しい科目だと大変な思いをする羽目になります。

苦手科目になる原因は、分からない事にあるのですが、例えば、数学だと計算が苦手とか、国語だと文法や漢字が良く分からないなど根本的なところで問題を抱えているケースも少なくありません。記憶力だけである程度何とかなるのが受験勉強ですが、土台の知識が少ないことが苦手科目ができる一番の要因なのです。

国語の場合、読書量が足りないなどと言われる事も多いでしょう。確かにそうなのですが、効率で考えれば読書だけではあまり効果的に成績を上げることはできません。国語でも問題を解くコツというものがありますので、その辺を的確に教えてくれる学習塾や家庭教師に教えてもらうといいでしょう。どの科目にも勉強していくコツがありますので、それをしっかりと理解しておくことが受験勉強のスタートダッシュを決めると言っても良いでしょう。ムダな事ばかりしていても受験勉強を成功させる事はできないのです。