説明。 

January 22 [Tue], 2008, 3:59
物語を話していく上で必要不可欠な設定を説明していこうと思う。


まずは主人公となる俺。
名前は「はるちゃん」
今現在23歳。
18歳の頃より舞台役者を目指し奮闘中。
アルバイトを余儀なくされる生活のため、
フリーターのような生活をしている。
去年の4月から原宿のバーで働いている。
彼女いない歴1年ちょい。
1年前に仕事と彼女の2択を迫られ仕事を取る。
それからというものちゃんとした恋愛はしていない。


ヒロインといっていいのだろうか。
女の名は「ことり」
俺と同じアルバイト先で働く22歳。
同い年。
大学卒業後、就職せずにデザイン系の専門学校に進学。
絵の勉強をしつつ原宿のバーでバイト。
そこで俺と出会う。
韓国人の彼氏がいる。
同じ学校に通っているらしい。



こんな感じかな。
あとは話の流れで説明していくと思う。

とりあえず今に言えることは、
そんな女のことを俺は愛してしまった。


ということだ。

はじまりはじまり。 

January 22 [Tue], 2008, 3:33
面白い小説って最初の一行で決まるらしい。



うん。
面白いかどうかは別として、
俺の物語の最初の一言といえばこれだった。





「はるちゃん、樹海に入っちゃったよ。」




はるちゃん。
俺の名前だ。
2007年の夏。
8月の終わりだったかな。
1本の電話から物語は始まった。

電話をかけてきたのは「ことり」
俺と同じバイト先で働く22歳のデザイン系専門学生。
彼氏あり。

そんで俺は彼女いない歴1年ちょいの22歳。
そんな俺にいきなりの電話。

「声が聞きたくて」

ことりは彼氏との関係に対して「樹海」に入ってしまったらしい。
そして俺に電話してきた。
俺に頼ってきたわけだ。

調子に乗る俺。
しかし彼氏持ちの女に手を出すわけにはいかない。
けどまぁ、頼らせてあげるくらいいいかなって思った。


それが俺の樹海への入り口だったりする(^^;)


このブログでは現在進行中の俺の物語を書き溜めていきます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jyukai
読者になる
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧