CRAに転職するデメリット

October 31 [Wed], 2012, 13:07
CRAになるためには若いうちから転職を考えておく必要があるとされ、実際に看護師免許を取得してから10円以上経つと、応募条件を満たせなくなる企業も増えてきます。

CRAとして働くためには臨床経験を3年積み、すぐにでも転職を考えようという意識を持つと良いでしょう。

というのも、CRAが必要とする能力は看護師として働く上での必要な知識や能力なので、コミュニケーション能力やカルテの読解や医療知識があれば、それ以外、特別なものは必要ないとされています。

若いうちにアクティブに動くことで、治験という業界の中で有利に働く事ができるので、むしろ病院での勤続年数は関係ないといってもいいでしょう。

しかし、デメリットもしっかりとあります。

看護して働いていると交替制で働く事が普通だと思います。

つまり、自分の都合に合わせて出勤日を決める事が出来ますが、CRAの場合は一般企業と同じく、土日休みの、平日は朝から夕方までの常勤、あるいは日勤という形になるので、パートとして扶養の範囲内で働く、という事は難しいといえます。

看護師 転職 比較でも情報収集できます。
そういった点も踏まえて、よく考える必要があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jyrhdf
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jyrhdf/index1_0.rdf