20年前に縁があって飼った捨て猫と、その家族の一生を思い出しながら、猫側から見た日記風に書いてみました。感想文お待ちしています

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jyoina135790
読者になる
2011年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
アイコン画像jj
第1話 ねこ家族の日記 (2010年09月03日)
Yapme!一覧
読者になる
 私はジョイナ 第8話 後悔  / 2011年02月01日(火)
私はジョイナ 。産まれた子供を安全な場所に移しましたが、寒さでとうとう死なせてしまいました。
悲しくて  やっと家族を持てたのに お願い 目を開けて 声がかれるほど呼びかけましたが、何の反応もありません。
これからどうしようかと思った時、残してきた2匹が気がかりで松の木の下に飛んで行きました。
一帯には、子供の匂いをかすかに感じながらも、そこにはいません。
泣きながら 付近を捜しまわっている内、食べ物が入っているお皿が置かれているのを見つけました。
匂いを嗅ぐより先に、胃へ流し込むように夢中で食べました。こんなおいしいものを食べたことはありません。
産んだ子供にも食べさせたかったのに、そう思うと涙があふれ出て止まりません。
お腹はいっぱいになっても、何かが満たされず、つい私を迷子になるまで育ててくれたお母さんの事を思い出しお母さんのようになれなかったことを後悔しつつ、その場を離れました。
行く宛てはありません。
 
   
Posted at 23:06 /  / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!