老老介護・原因と問題

老老介護・原因と問題


老老介護の泣き笑い

老老介護の泣き笑い

価格:1,155円(税込、送料別)




老老介護とは

老老介護(老老看護)とは、高齢者が高齢者の介護をせざるをえない状況のことを言います。
家庭の事情などにより起こることですが、近年の日本においては少子化にともない、国全体としての問題としてクローズアップされており、決して軽視できない介護問題である。
例えば、高齢の夫婦や親子といった家庭のなかで、妻が夫の介護を、息子が母の介護をするというケースなどが挙げられます。この老老介護は、家族が共倒れする可能性もあり、また介護疲れによる心中事件も多々あり、大きな社会問題となっています。




老老介護の原因

老老介護の原因は、まず少子化が進んでいることです。
少子化により、昨今の日本において高齢者の夫婦のみの世帯が増えています。
全般的に出生率が下がり、また成人した子供も家に残らず、高齢者の夫婦のみの世帯数が増加しているのです。そして、これら高齢者夫婦が元気なうちはまだ良いのですが、どちらか一方が病気、怪我などをしてしまうと介護が必要になってきます。その場合、怪我のときは比較的短い期間で治療が終わるケースも多いですからさほど心配することではありません。しかし、病気の場合は入院、もしくは自宅介護がどうしても必要になってきます。このことにより、老老介護という事態が発生するのです。介護はたとえ専門の介護士でも腰や腕などを酷使し、大変な重労働とされてます。


老老介護の問題

老老介護の問題は、当事者にとっては切実な問題です。
在宅介護を受けている人の6%が床ずれを患っており、その6割が寝たきりで全面介助が必要な患者さんであること。またその背景として、老老介護により十分な介護ができないという現状が明らかになっています。ここ数年、この老老介護問題による殺人や無理心中が、年間平均30〜40件ほど出てきています。
こういった悲しい現実により、介護者のメンタルヘルス・ケアを重視しなくてはならないです。
また、食事が問題としてあげられるでしょう。寝たきりの食事には問題が多いのです。寝たきりだとエネルギー、代謝はほとんど無いので、きっちり三度の食事は間違いなくエネルギーの摂り過ぎですし、まず太ってしまうというものです。しかし、ある程度の栄養は欠かせません。この相反する食は普通は難しいから低カロリーで供給できる栄養補給食品が有効となってくるのです。

  • URL:http://yaplog.jp/jyo-hou/archive/1
P R