インターフェロンによる肝炎治療

November 22 [Thu], 2012, 10:19
肝炎の治療効き目が期待出来る方法として、インターフェロンによる薬物療法があるとされています。
インターフェロンは肝炎ウィルスが増加するのを抑制し、ウイルスの核酸も最後には壊すと思っています。
ただ、インターフェロンは効き目が出る人と出ない人がいて、肝炎の治療にこの方法を採用するには、定められた要件を満たさなくてはいけません。
すると、副作用が起こる事も少なく有りません。
インターフェロンの種別により副作用が引き起こされるタイミングは若干ずれますが、多様な副作用を挙げる事が出来ます。
例えば、治療を開始して1〜2週間が過ぎると、高熱や全身倦怠感、関節痛や筋肉痛のように、インフルエンザと似た状態が発生します。
また、治療を開始して3週間〜3ヶ月が過ぎると、うつ状態、不眠といった精神状態が起こる畏れがあるとされています。
すると、治療を初めて3ヶ月ぐらいか、脱毛が見られる場合があるとされていますが、インターフェロンの利用をストップすると治まります。
また、これら以外にも、血小板が少なくなる、顆粒球が少なくなる、食欲不振、しっしんなど、多様な副作用が起こる事が可能性としてかんがえられます。
どのような副作用が起こったかという事により、治療をストップする判断が下される事があるとされていますかねら、体がおかしい気がしたらただちに医師に話す必要があるとされています。
もっとも、このインターフェロン療法と小柴胡湯を共に使う事は、間質性肺炎を招くリスクがあるので認められていません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうせい9pj6
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jyljm4dn/index1_0.rdf