【 更新情報 】

スポンサード リンク

ジェシカ シンプソンが歌っている歌詞

ジェシカ シンプソンが歌っているアルバムタイトル曲の「ドゥ・ユー・ノウ」は、有名なレジェンド、ドリー・パートン本人が作り、ジェシカとのデュエットが実現しました。歌詞の中に失恋や離婚、新しく芽生えた恋などいろいろなジェシカ シンプソン本人が経験した愛を取り入れています。歌詞、メロディともにすばらしい作品です。 この歌詞は若い女性みんなが共感、うらやましがられるような中身です。
ジェシカシンプソン、ナンシーシナトラ、伊藤由奈が歌っている「These Boots Are Made For Walkin'」は、このような歌詞の歌です。
アルバムIn This Skinの中にある曲「take my breath away」は、あの映画トップガンの主題歌として有名になったベルリンのカバー曲です。この曲をジェシカシンプソンが歌うと、ますます女性を引き立たせる素敵な曲になります。比べながら歌ってみて下さい。
この曲は英会話の勉強にも役立ちます。1日5分!洋楽歌詞で独学英会話術も参考にして下さい。

ジェシカ シンプソンの離婚

ジェシカ シンプソンは、2002年に人気ボーイズグループ98°メインボーカル、ニック・ラシェイと結婚しました。夫となったニックとのハネムーンライフをテーマにしたMTVの現実的なバラエティ番組“Newlyweds”が放映され始めました。2004年には、ジェシカ シンプソンの実の妹アシュリー・シンプソンも歌手デビューを果たしました。ジェシカ シンプソンは、全米で仲の良い夫婦として一躍有名になってきましたが、2004年頃から夫婦仲が悪くなっていると言う噂が流れていました。ジェシカ シンプソンとニック・ラシュレイの夫婦は、結婚後3年目でついに破局しました。ジェシカ シンプソンは2005年の12月に離婚しました。しかし、離婚と言う辛いことにもめげず彼女はレコーディングに意欲を燃やします。レコード会社を今までのコロンビアを辞めてエピックレーベルへ移り、仕事も離婚などの私的なことも気分を一転し、再スタートしました。そして、1stシングルの「ア・パブリック・アフェア」が、ラジオで流されると直ぐに全米中で最もOAされた楽曲に選ばれました。

ジェシカシンプソンの映画とCM

ジェシカシンプソンの歌は、伸びるように通り抜ける声、インパクトのあるボリュームが持ち味です。全アメリカで大ヒットした映画「The Dukes Of Hazzard」で主役を努めるなど女優としても活躍しました。映画「Employee of the Month」の中でジェシカが喋る台詞は806単語だけでした。それなのにジェシカシンプソンがもらった出演料は別格の100万ドルです。これは日本円で約1.2億円です。1単語が1,240ドル=約11万円と言う値段です。ジェシカシンプソンはビールやアイス、ピザなど飲料や食品などのCMキャラクターになることが多いようです。日本国内でもセレブ歌手として知られています。
ジェシカシンプソンが出演した映画は、The Dukes Of HazzardやEmployee Of The Month 、Blonde Ambition、Major Movie Starなどがあります。実の妹アシュリー・シンプソンも歌手として2004年にデビューしました。ジェシカシンプソンの歌を聞いて下さい。

ジェシカ シンプソンのバッグや靴

ジェシカ シンプソンは、ヴィトンのバッグでマルチカラーホワイトのspeedを愛用しています。jessicaの「with you」のプロモにも出ているもので、このバッグはとっても可愛いいと好評です。ジェシカ シンプソンがバッグのバンド取り付け部にスカーフを巻いてオシャレしている画像をよく見かけます。
アメリカニューヨークにあるメイシーズ百貨店で、昨年ジェシカ シンプソンは自分の名前を付けたファッション・ブランド「Jessica Simpson」のプロモーションイベントに出席、靴やバッグなどを手にとり笑顔で写真撮影をしていました。靴やバッグ、水着、サングラスなど多くのアイテムを作った歌手ジェシカシンプソンが、次ぎはランジェリーのデザインを企画することが決まりました。今年の春に全アメリカの有名デパートやウェブ・ショップで販売予定と米「ピープル」誌が報じています。 また、米「ウィメンズ・ウェア・デイリー」紙によると、ジェシカ シンプソンは「私はその場面場面で異なるランジェリーをチョイスするのが好き」そして「それが下着のいいところだと思うわ。ムード一つで、セクシーな気持ちや愛人になった気分にもなれるもの 」と語りました。

ジェシカシンプソンのプロフィール

ジェシカシンプソンのプロフィールは、昭和55年の7月10日にアメリカテキサス州のダラスで生まれました。ジェシカシンプソンはシンガーソングライターになりたくて12歳より教会の聖歌隊に入り、ゴスペルを歌い始めました。その頃にミッキーマウスクラブのオーディションを受けましたが、慣れない本番で硬くなってしまい合格できませんでした。それから、インディーズのクリスチャンレーベルと契約しましたが、その後レーベルが破産しました。 ジェシカシンプソンのシンガーソングライターになる夢ははかなくもつぶれてしまったのです。しかし、祖母ジョイスが資金を提供してくれたので、デモアルバムを作ることができました。高校生だったジェシカシンプソンは学校をやめて、アルバムを売るためにプロモーションで父と一緒にアメリカの各地を転々としました。辛い下積み生活が実ってアルバムは全部売れました。そして現在、ジェシカシンプソンは、幼い時から憧れていたシンガーソングライターとして大きく羽ばたいています。