撮影道具ー骸骨剣士

February 07 [Tue], 2012, 12:41
最近いつもブログ上で見かける骸骨人形。
そのスタイルからあなたを虜にし、撮影の人気者になり、さらに、撮影の主役級の存在になり様々な写真を撮影してきました。
そしてなんと、編集長から今回のBigNewsはドクロでいこうという指示がきました。
その指示を受け、この文章を書き上げました。
このドクロ、実は私も友人がパーティーに彼らを連れてきた時に実際に実物に会ったことがあります。
そのパーティー中みんながこのおもしろいドクロと遊ぶことに夢中になりました。
いろいろな食べ物と一緒に写真を撮ったり、おかしな動作をさせてみたり、楽しくてしょうがありませんでした。
帰宅後すぐ、ネット上で彼らについて検索したところ、一番最初に淘宝中国のオンラインショッピングサイトが出てきました。
価格は日本円で3千円前後、ただこの弱弱しい体からいえば、安いと感じるのか高いと感じるのかは人によって違うと思います。
さらに製造業者を見てみると、以外にも海洋堂でした。
海洋堂の商品は通常全て日系玩具か流行りの玩具項目内にあり、人形の項目内にあるはずがない、私は急に不安になりましたしかし、もう一度思い直し、球体間接を持つ彼らは骸骨ではあるけれども、人形でもあるのかもしれないとよし、彼らは誰が何と言おうと球体間接人形だ真のBJDだ先にドクロ球体間接人形の正体を紹介しておきます。
彼らは骸骨剣士で、海洋堂特撮リボルテック系列No020に属します。
ウィキペディアによるとリボルテックは海洋堂が発売している、低価格アクションフィギアシリーズのブランド名。
漫画やアニメ作品などに登場する様々な人物ロボットなどを可動性を重視して立体化し続けているシリーズで、可動部分の多くにリボルバージョイントを用いているリボルバージョイントは、リボルテックに共通して使用されるジョイント。
リボルバージョイントは漫画家の内藤泰弘とデザイナーの遂司訓之からなる玩具プロクショントイトライブの発明品で、ラチェット機構を内蔵し、従来のトイフィギュア用ジョイントにつきものだったヘタリ摩耗などによって保持力を失う現象を解消した。
ラチェット機構と軸回転を組み合わせた幅広い可動範囲を持つ。
関節部球体の直径は5mm、6mm、8mm、10mmの4種、2つの関節を持つブルジョイントが6mm、8mmの2種がある。
成形色は使用されるフィギュアの色調に合わせるために、黒、白、グレー、肌色などがある。
特撮リボルテックは2010年4月より展開されているシリーズ。
日本国内外問わず、実写映画や特撮番組に登場したキャラクターをリボルテック化して発売していく。
パッケージ扉内側には詳細な作品共同通信杯 2012解説が載っている。
No020骸骨剣士は、1963年に上映された映画JasonandtheArgonoutsに出てくる怪物。
日本では2010年に初版が販売され、人気が出た。
そこで2011年にVer2が発売された。
骸骨剣士は身長約15cm、全身の間接は一般のBJDと似ている。
体は、ナイロンを含むPVCで作られ、形状が非常に細いものの弾力性があり、壊れにくくなっている。
しかし、関節部分は外れやすく、手や足など遊ぶ時は注意が必要である。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jy7thcr6nw
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jy7thcr6nw/index1_0.rdf