「介護サービスの体制整備を」43%、5年で約10ポイント増―内閣府調査 / 2010年04月07日(水)
 内閣府はこのほど、「高齢者の日常生活に関する意識調査」の結果を発表した。それによると、介護サービスが必要な時に利用できる体制の整備を望む高齢者は全体の43.2%で、5年前の前回調査の33.8%から9.4ポイント増加した。

 介護サービスの体制整備は、社会全体が重点を置くべき対策として、「老後を安心して生活できるような収入の保障」(55.3%)に次いで多かった。

 また、将来の日常生活全般に不安を感じている高齢者は、10年前と比べて8.3ポイント増、5年前と比べて4.0ポイント増の71.9%だった。

 調査は高齢者の日常生活全般の実態を把握することを目的に、昨年10月22日から11月8日にかけて実施。対象は全国の60歳以上の男女5000人で、3501人から有効回答を得た。


【4月6日13時54分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000001-cbn-soci
 
   
Posted at 01:40/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!