蕾のさっくりとした

August 01 [Thu], 2013, 18:56
花蕾のさっくりとした歯ざわりが特徴。これはケール同様、原種に近いためと考えられている。統計によると、1964年の収穫高は約1万t だったが、12年後の1976年には7万5千t に拡大した。葉も食用となるが青っぽさと苦みが強い。

低炭水化物ダイエットを行っている人はジャガイモの代用として使用する場合がある。これは、日本では外観が重視されるため、特に蕾の白味を強くするために葉をまとめて蕾を隠し、日射を遮る手間が掛かること、ひとつしか育たない頂花蕾を食用にすることから、ブロッコリーのように側枝の収穫をすることができず、面積あたりの収穫量が劣ることなども影響している。しかし、1980年代以降に急増したブロッコリーに押されて作付け面積や出荷量は減少しつつある。グラタンやポロネーズの素材としても人気が高い[2]。

茹でるだけでなく、焼く、蒸す、揚げる、煮るといった調理も可能である。味にはわずかな苦みを感じる人もいる。カリフラワーに含まれるビタミンCの量はブロッコリーに比べ若干少ないが、加熱による損失に強く成分が失われにくいため、調理後の含有量は同程度となる。

花頭の部分を食用にする。サラダの素材として生のまま食することも多い。酢漬けにも向く。

運河要塞
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jvnuytpsa
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jvnuytpsa/index1_0.rdf