「まさかわたしが取れるとは」=金メダル獲得で喜びの会見−荒川〔五輪フィギュア〕 

2006年02月24日(金) 11時49分
荒川静香がフィギュアスケートでは日本人初の金メダル獲得となる快挙を成し遂げた。表彰台の中央に立って満面に笑みを浮かべた荒川は、記者会見で喜びを語った。  −ここまで日本にメダルがなかった。重圧にならなかったか。  まさかわたしが取れると思わなかったので、こうしてメダルを取ったことにびっくりしている。  −完ぺきな演技に見えたが。  1つ、3回転ジャンプが2回転になったのが悔やまれる。どうしても3回転−3回転に挑戦したかった。それが決まらず残念だが、滑っていて心地よかったことが一番。  −2種類の3−3回転ジャンプが、3−2回転になったのは。  1つ目は直前でコーチの指示があった。2種類目では1つ目を跳んだ瞬間にバランスを崩し、強引にやったら2回転の判定になると思ったので切り替えた。  −メダルを胸にしての「ウイニングラン」はどんな気持ちだったか。  いまだに信じられない。頭の中が真っ白な状態で(リンクを)回った。  −2004年の世界選手権優勝後、引退を考えながらそうしなかったのはなぜか。  昨季は迷いながら続けていた状態。そこから抜け出すには、スケートを楽しんで達成感があるまでやりたいと、去年の世界選手権で思った。続けてきたことがよかったのと、続ける道をつくってくれた人に感謝したい。  −浅田真央は将来チャンピオンになれると思うか。  可能性は十分あると思う。その年その年のチャンピオンは才能と運が重なった時になれるので、頑張ってほしい。続きを読む
プレミアム
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:justiceg
読者になる
Yapme!一覧
読者になる