メール 

March 27 [Mon], 2006, 19:40
しているときに、彼がなぜか乗り気じゃなくなった。
みるみるうちに暗い表情になっていった。
こんなこと、今まで一度もなかったのに。

なんで?なにがあったの?
不安になって何度も問いかけると彼は答えた。
私のPCメールを見たのだという。

とても仲の良い、年上の男友達とのメール。
あたしたちの関係性を知らない人が見れば
一見すると浮気をしているともとれる内容で
もちろんあたしにもその友達にもそんな気はなかったけれど
彼にとってはショックだったとおもう。

彼はあたしをすごく疑っていた。
いつも吸わない銘柄の煙草の吸殻があるなんていって
そんな細かいことを責め立てた。
もちろんあたしが吸ったものだったけど。
話は膨らんで、ほんとは俺のこと好きじゃないんじゃないのなんて
恐ろしく絶望的な言葉でさえ彼は吐いた。
ふたりで裸でベッドの上にいるというのに。



嫌なことをおもいだした。
ああ。あのときもこうやってだめになっていったじゃん、って。

昔、恋人がどうしても信じられなくなって
携帯のメールを見てしまったことがある。
そこには昔の彼女とのやりとりがあった。
それからは疑心暗鬼になって、いつもいつも不安で
自分でも嫌になるくらい嫉妬の鬼になってしまって
最終的にはとてもひどい嘘をつかれて、別れた。

一回疑いだすと、もうだめなんだ。
関係を修復することは、無理なんだ。
そのとき、強くおもった。
だからあたしはもう二度とそんなことはしないし
相手がそんなことをしたら、絶対に別れようと
そんな固い決心をしていた。



それなのに。
一番大好きなひとが、それをやってしまった。
絶対にそんなことはしないひとだと思っていたのに。
ほんとうにショックでどうしようもなかった。
彼を許したかったけど、許せるかわからなかった。

そのあとの話し合いで、ふたりともどろどろに泣いて
分かり合える結論に達して、なんとか持ち直したような気がするけれど
まだ不安はある。
また同じことが起こるんじゃないかという不安。

彼を信じることができるか?
心の底から、信じることができるのか?

やってみるしか、ない。

葉山 

March 27 [Mon], 2006, 19:33
卒業式で昔の恋人を見た。

髪が伸びていた。
見たことのない雰囲気になっていた。
相変わらず格好良いな、なんて思っている自分に気づいた。

別れてもうすぐ2年になるというのに
まだ毎日のように思い出す。
もうあまり切なくなることはないけれど
あのときこうしていれば、といつも思う。
これまでの恋愛ではこんなことはなかったのに。

今あたしにはとても大切な恋人がいて
その昔の恋人よりももっともっと好きなのに
なんでこんな風に昔のことを引きずってるのか
自分でもよくわからない。

きっときちんと清算できていない。
あんな別れ方をしてしまって。
でももう会いたくない。会わないほうがいい。
もうあのときの絶望的な気持ちを思い出したくない。

嫌な予感 

March 27 [Mon], 2006, 19:25
おひるねして起きたらどうしようもなく不幸な気持ちだった。

こんな悲劇のヒロインぶる自分がいやだけど
とにかく不幸な気持ちだった。
理由はわからないけれど。

きょうは恋人がうちに来る日。
約束の時間は夜の10時だったけど
どうも終電近くになるような気がしていた。

そしたら、メール。
「12時前後になります。ごめんね。」
予感が的中した。

「そんな気がしてた。」
と、返した。
精一杯の抗議。
嫌な子だなあたし。

こういう場面で彼が時間を守ったことなんてあったかしら。
ほとんどない気がする。

だったらなんで毎回毎回同じことで落ち込んでるんだろ。
馬鹿馬鹿しい。

just a sec 

March 27 [Mon], 2006, 19:18
いくつもblogをもっているのに
また性懲りもなく新しく立ち上げるのは
見せたがりな性格のせいで
いまあるblogの読者が増えすぎてしまったから。

ちょっとどろどろしてみたくなったの。
誰にも気を遣わずに。

そんなスタートです。
P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:justasec
読者になる
Yapme!一覧
読者になる