はぁ、日曜日 

2005年02月14日(月) 6時27分
私は小さい時から感じていたことがある。
それは、日曜日にTVで「サザエさん」を見ると気分は下降気味に

というのも、日曜のサザエさんは、夕方の18時半から放送開始である。
土曜の休みを満喫し、日曜の昼間も好きなことをする。
その日曜の夕方が訪れるということは、明日が近づいてきていることを
表すわけですねぇ。
月曜日・・・週の始まり、また長い1週間が始まるのかぁ・・・はぁ
となるわけです。

学生の頃は、学校に行かなければならない。
社会人になってからは、会社に行かなければならない。

当たり前なんですがね

こういった現象を「サザエさん症候群」と呼ぶらしい。
私以外にも同じように感じていた人がいるんだなと、少し笑った

ふぅ、ネットって・・・ 

2005年02月13日(日) 17時31分
今日、携帯で楽しんでるサイトの仲間がサイトから登録を抹消した。
そうなるかもなぁと思っていたが、最後に何も言わずにお別れになったのは
やっぱり寂しい。

しかし、本人が抱えていた問題は私、いや周りがどうこうできる問題ではなかった。

楽しんでいたサイトというのは、ここと同じようにブログである。
同じTVを観ていた仲間が集まり、放送があれば感想を書きあい、互いに意見交換を
行っていた。
そんな中、彼?彼女?は「ネットの辛さ」を体験したのだ。

自分のブログへ来てくれる沢山の仲間。
毎日BBSに書き込まれる情報のやり取り。それが苦しみの原因となったのだ。

「早く返事をしないと相手に悪い」
その重圧が襲ったのだ。

人気者であった本人のBBSには一日に30件近くは書き込みが行われてただろう。
そのひとつひとつに返事を書く。
返事に対し、相手から返事がくる。
当たり前なんだが、どうしようもない重圧だ。

私も以前に経験したこの重圧。

私は少し、時間を空けネットとの距離をおいた。
ネットでの人との付き合いを学び、楽しさを、そして苦しさをもっと知った上でネットへと
帰った。
帰ったのは、やはり楽しさが上をいっていたからだ。
日本いや、世界のどこにいたって情報のやりとりが可能であるネット。
顔も本当の名前も知らない相手だが、同じ趣味を語り合える楽しさは私には最高の場
なのだ。
リアルの友とも同じ話しをする。
人が違えば意見は違う。
「ほほぉ、そういう風にも見れるよね」とか相手の意見を否定せずに自分に取り込んでいける
ようになった。

今日登録を抹消した彼?彼女?と連絡は取れない。
いや、むしろ取れたとしても取らない方が良いと私は考える。
同じ趣味を語り合える仲間とは、連絡がとれなくても同じものを楽しんでいるんだって。
それだけでも、私は嬉しくなる。

うそーん 

2005年02月13日(日) 15時19分
いやーやってくれましたよ、ミーア。
なんじゃあのライブは・・・(--;)
戦争勃発かという時に、あの盛り上がりようって一体。

アスラン、大人になったねぇ
かっこ良過ぎますって

いまいち、メイリンが何をしたいのか分かりませんわ。

少し不機嫌なラクスもイイ。
ってか、AAはすでにミーアの存在を知っていたのね

さて、SEED Culbも日記を更新するとするか。

やめてくれぇ 

2005年02月08日(火) 6時15分
仕事が23時までかかり、やっと帰れる時になって、一緒に仕事をしていた後輩が
「○○さんは、どこから通ってるんでしたっけ?」と問いかけてきた。
ここからの会話をご覧ください。

後輩「「○○さんは、どこから通ってるんでしたっけ?」
私  「えっと、××からだよ」
後輩「ってことはあの道を通るんですね・・・?」
私  「うん、あそこさぁ両脇がゴルフコースになってて、外灯もないから真っ暗なんだよね」
後輩「あそこ、見える人には見えるらしいですよ。幽霊・・・」
私の心「ヲイヲイ、お前さんよ。私がめちゃくちゃ怖がりだと知ってのことか
後輩「見たって話を聞きますからね」
私  「はははは、まぁ出てもおかしくない雰囲気はあるんだよね

こんな会話をしてしまった私達。
私が使う道は交通量も少なく、ましてや夜の23時過ぎ。
行きかう車もなく、自分の車だけが直線5Kmの道を走るのです。

「ブーン・・・はぁなんて嫌な話聞いたんだ
  「こんなんじゃ、ルームミラーが見れないじゃないか・・・」

音楽のガンガンに鳴らしながら、ぶっ飛ばしましたよ。
けどね、音量を上げるとそれはそれで怖いんです。
普段は聞こえないような音が聞こえたらどうしよう・・・
こんな風に考えてしまう自分が情けないです。

結局、いつもより多くルームミラーをちらちら見ている私。
まったくなんて後輩だよ

今回の三人 

2005年02月06日(日) 18時14分
 ガンダムSEED DESTINY

昨日の放送「インド洋の死闘」を今さっき観たところです
今回の地球軍?三人組み「スティング」「アウル」「ステラ」ですが、
前回の三人より観ていて、気持ちがいいですわ。
しっかりと三人の違いが描かれており、旧三人にはなかったキャラ
としての「魅力」が感じられます

スティングのステラに対する接し方についても、まだまだこの三人の
過去や設定がはっきりしてませんので、どうしてあぁいったものなのか
早く知りたいものです。

シンがとった行動は・・・どうなんでしょう・・・。
戦争に巻き込まれた市民を助ける行為。しかし、フェイスであるアスランの
指示を無視しての行為。
シンの気持ちからすれば、自分と同じように「戦争」に巻き込まれた人を
助けたい一心でしょう。
しかし、アスランはミネルバのMS戦闘指示を言い渡された身。
上官の指示を無視していては、軍人としては失格でしょう。

これから先、シンとアスランが分かり合える日が来ることを願います。

来週では、アークエンジェルが再登場のようですので楽しみです。

皮膚科のお医者さん 

2005年02月05日(土) 13時13分
私はアトピー性皮膚炎である。
ながーい付き合いのこの病気だが、引越しをして病院を変えることとなった。
新たに行くようにした病院は総合病院であり、いろいろな科がある。

私は自分の名前を呼ばれるのを待ち、看護師さんに呼ばれ、部屋へと入る。
心の中↓↓↓
「ふむ、今度の先生は若いぞ。けど若いからって先生に変わりはないでしょ。」
「そりゃそうだ、先生になってるくらいだもんな。」

椅子に座り、現状を話す。
以前もらっていた薬を先生に渡すと、先生はこういった。

「ん?なんだろうこの薬。みたことないや・・・。」

ヲイヲイ、大丈夫か
徐に先生は机に置いてあった薬の本を取り出し、薬の名称を探している。

・・・本当に大丈夫なのだろうか・・・(^^;
ゆっくり話を聞いてくれた点は良かったが、この病院でいいのだろうか?という
不安が残ったまま病院を後にした。

歳だなぁ・・・ 

2005年02月05日(土) 6時19分
仕事をしていて思う。

「歳だなぁ」って
18で働きだした頃、多少の無理は出来た。
「こんな動き出来ないですよ」というような動きすら慣れれば難なく出来ていた。
あれから10年が経とうとしている。
頭で分かっていても体がついてこない
ヲイヲイ(^^;
大丈夫か自分

(偽)手作りスライム 

2005年02月05日(土) 0時23分
PCの横でいつも私を見ています。

始まりの日 

2005年02月04日(金) 23時49分
どうもm(_ _)m初めまして。
何やら簡単に自分のページが持てるとのことで、早速登録してみました。

さて、何を書いていきましょうかね・・・
i 私って i
二つの名を持つ「Jury」であり「Ju−n」である
趣味は、ゲームであり種である
家族構成、私28 妻? 娘1
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jury1
読者になる
Yapme!一覧
読者になる