フランスで暮らしたい、永野寿子 の夢日記

関連リンク



イタリア情報サイト「ペルバッコ」
イタリア情報サイト「ペルバッコ

観光で、ビジネスで…、イタリアを目指すすべての人へ
毎月第1,3週更新

2013年09月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
フェルトンロードのブレアさんが夫の誕生会に・・・ / 2013年09月06日(金)

夫の誕生会をしていると、


ヴィレンジセラーズのコーエンご夫妻のお宅に滞在していると言って、ニュージーランドの生産者のアタランギのマダムたちと、そしてフェルトンロードのブレアさんが、誕生日を祝いに突然いらっしゃいました。
それに娘や、息子、そしてスタッフたちが大喜びです。




そして、私たちが飲んでいたルフレーブのワインをみて、「素晴らしいワインを飲んでいるね!」とブレアさん。

偶然にも私たちが飲んでいたのが1996年ヴィンテージ。

「わー、僕、1996年にルフレーブで2カ月研修をかねて働かせてもらっていたんだ!」とブレアさん。

私と、ヴィレンジセラーズの中村芳子さんとルフレーブを訪問したのが1999年。

ブレアさんが、フェルトンロードでワインの醸造に携わったのが1997年から。

そんなわけで、お互いに思い出深いルフレーブを飲みながら、ルフレーブ談議が続きます。




そして、今度永野グループでも扱うことになったスペインのリアスバイシャスの赤ワインがあったので、それも試飲しながらワイン談議が続きます。



そして懐かしい、フェルトンロードを訪問した時の話で、夜更けるのも忘れ・・・

来年の2月、再度、ニュージーランドを訪問する予定があり、そのことを話すと、「フェルトンロードにもぜひ来てください!」とブレアさん。

写真は3年前の訪問時の写真。
ブレアさん、カッコ良いです。

そしていっぱいお世話になりました!

素晴らしいフェルトンロードのワインをしっかりと伝えていきたい・・・そんな風に思った夜となりました。














 
   
Posted at 16:13 / プライベート / この記事のURL
コメント(0)
夫の66歳の誕生日 / 2013年09月06日(金)

9月2日は夫の66歳のお誕生日。

ということで、家族やスタッフのファミリーたちとお誕生会を、レガラードで。

3歳児、8歳児、10歳児、産まれた時から保育園の送り迎えから始まり、今日はバレエのレッスン、きょうは学習塾、そしてお友達のお家に遊びに行きたいの、とすべて夫が嫌な顔ひとつぜずに送り迎え。

自分の夫ながら感心してしまいます。

いつもお世話になっている子供たちがこころから、「パパさん、おめでとう!」とお祝してくれます。

そんな子供たちに夫は最初から最後までデレデレ(笑)。

シャンパンは奮発して、サロンを・・・



子供たちに、「パパさん、肩車して!」と言われると、もう20キロ以上の体重があるのに、「いいよ!」と肩車を。

「腰を痛めるといけないから断ればいいいのに」というと、

「もうちょっとしたら、そんなこと、一生言ってくれないから、言われる限りは断らないよ!」と夫。

なので、みないふりしている私です。




子供たちには美味しいふかふかのオムライス、準備してくれました。



子供たちからのプレゼントに大喜び。





我が家は肉食人間多いので、こんなお肉料理を・・・











66歳のお誕生日、楽しくお祝いできてよかった〜!

私と夫も、若者たちのサポート役に徹しようと決めているこのごろ。。。

元気に楽しく毎日をすごすことが今の私と夫の使命だと思っています!


みんな、お祝、ありがとう!
 
   
Posted at 14:53 / プライベート / この記事のURL
コメント(0)
大人の遠足の幹事を・・・@勝沼 / 2012年06月25日(月)


現在メンバーが166人という仲乃会に一年ほど前にお誘いしていただき、私もお仲間入りを・・・

いろんなイベントにお誘いしていただき、興味深いものばかり。
6月の初めは京都の月の桂にお邪魔したばかり。

6月24日の日曜日は、私が幹事役をかってでて、「大人の遠足」の2回目を開催。

大善寺を訪ね、それからシャトー勝沼さんのぶどう畑でバーベキューをするというなんともぜいたくな会のご協力を今村さんにしていただいた。


まずは勝沼ぶどう郷駅に10時集合。

タクシーで 大善寺 にむかいます。



大善寺は1300年前に建てられています。



























































































































楽しい大人の遠足も無事終了しました!


 
   
Posted at 17:18 / 旅行(日本) / この記事のURL
コメント(0)
≪大人の修学旅行・No1≫月の桂訪問  / 2012年06月21日(木)

感動した、室町時代から続く 月の桂・増田徳兵衛商店 訪問


伝えたいことがいっぱい・・・

http://www.youtube.com/watch?v=NqPCl_Un9pc

とりあえず、写真だけアップ。

ゆっくり綴りたいと思います。




































































































 
   
Posted at 12:26 / 旅行(日本) / この記事のURL
コメント(0)
ワインメーカーズディナー@マンダリンオリエンタル東京 / 2012年06月20日(水)


6月18日の月曜日、マンダリンオリエンタル東京の『シグネチャー』でスペシャルディナーが開催。

ゲストは、カリフォルニアの大御所、カレラ、スポーツウッド、ノールのオーナーさんたち。


私が大好きなワイナリーばかりで、ドクター越川からお誘いをいただいたおtき、「行きます!」と即答。





写真は、スポーツウッドのオーナーのミリケン女史と。
もう笑顔がとっても素敵でカッコよい。
彼女のような生き方ができたら最高だと思う。





カレラ・ジャンセン氏とカフマン恵美子さん


ジャンセン氏とお会いするのは2度目だが、彼は若い時、ロマネ・コンティの畑で働き、徹底的にロマネを研究し、素晴らしいワインを造りだしています。





ミリケン女史とノールのアンドリュー・ノール氏


みんなとっても仲良しです。

ノール氏が造る仁ファンデルは、とてもパワフルなワインですが、非常に綺麗に造られています。




彼らのワインにあわせて、

アボガドの冷たいヴルーテ、ライムの香り、雲丹のブランマンジェと貝のマリネ





九州産ひめじとフォアグラのポワレ、黄いんげんのエチュベとアーモンドのクーリー





ラカン鳩のロースト、黒コショウ風味 カカオのニョッキ バルサミコビネガーとブラックベリー





牛肉とセップ茸 カルパッチョ ロースト 煮込みの三種の味わいで





デザートは、マスクメロンのババロワ、ミントと柚子の香り、フレッシュメロンをバニラの風味で




同じテーブルでご一緒させていただいた、カリフォルニアワインが大好きな仲間たちと・・・

なのに、お誘いいただいたドクター越川が写っていない(泣)。











楽しいひとときでした。

カリフォルニアにまた行きたくなりました。

「来年、ぜひワイナリーにきてほしい!」

とおっしゃっていただき、「行けるといいね!」と・・・

 
   
Posted at 17:26 / レストラン / この記事のURL
コメント(0)
6月の畑実習(自由が丘ワインスクール) / 2012年06月19日(火)


久しぶりのブログの更新で、少々緊張気味です!


実際に畑でぶどうを育て、収穫し、自分たちの手でワインを造ろうとスタートして3年目になります。


http://www.jws.bz/kouza/chateau_katsunuma/index.html


毎月第3日曜日が畑実習の日ときめ、6月の畑実習も無事に終わりました。


6月の作業は、ぶどうの花が咲き終わり、ぶどうのヒゲなどを切る作業でした。


この日、天気予報では100%の雨の確立と言われていましたが、勝沼ぶどう郷駅を下車すると、なんと雨もあがり、くもり空ではありましたが、畑実習ができます!

気分爽快でワイナリーまで、徒歩で向かいます。






この日の実習は、この垂れ下がっているぶどうのつるをカットする作業です。





スタートの前、作業の注意点を真剣にききます。








実はこの葉っぱ、べと病でやられています。
この病気は一気に広がりますので、みんなで探します。


しかし、2枚だけ・・・

ほっとしました。

本で勉強はしていましたが、本物をみるのは初めて。
こういう勉強も大切です。






皆さん、撮影タイム(笑)。











小さなぶどうの花、発見・・・










ぶどうジュースで休憩タイムです!

ケニア出身のジェイムスさん、日本のぶどう栽培に興味があり、毎回参加です!

ジェイムスさんの本職は、コーヒー栽培。
共通しているところ、いっぱいあるようです。












醸造家を目指したいと頑張っている丸山さん。
夢を実現していただきたいですね!





垂れている巻きツル、切っても切ってもなかなか終わりません。














巻きツル全部とれないかと思っていましたが、皆さん、黙々と頑張ってくださり、作業終了!

お疲れ様でした!!!

とても大変な作業でしたが、黙々と皆さん、頑張っていただきました。











レストランに移動し、食事をしていると、志村氏が、

「ぶどうの花をみつけたので、香り、嗅いでほしい!」

とぶどうの花を持ってきていただきました!



さっそくぶどうの花をまわして、香りを体験していただきます。





齋藤幸さん、素敵な横顔!




これがぶどうの花。
なかなか現地でなければ体験できません。





醸造家を目指している丸山さんは真剣・・・





ランチスタート。

まず最初に前菜





スープ




お魚





甲州ワインビーフ



デザート




この日、こんなに沢山のワインもいただきました!





7月の畑実習は7月15日です!
次回は、ボルドー液散布の体験もさせていただきます!


参加いただいた皆様、お疲れ様でした!

次回また・・・
 
   
Posted at 12:25 / シャトー勝沼 / この記事のURL
コメント(0)
シャンパーニュ・サロン1999パーティ(@グランドハイヤット東京) / 2011年10月19日(水)
昨夜は、グランドハイヤット東京の『コリアンダー』で、シャンパーニュ・サロン1999パーティが開催。


サロン社のドゥポン社長も来日され、100名がご招待していただきました。


最初のご挨拶で、

「20世の100年間、サロンは37回しか醸造しませんでした!」


と、そして

「1999年が今世紀最後のヴィンテージです!」


と熱い挨拶からスタートです。









「1997年は、とてもエレガントで、女性的、女優で例えるなら、オードリー・ヘップバーンです!」


「1996年は男性的で力強いシャンパンになりました。俳優で例えるなら、ケーリー・グラントです!」

とドゥポン氏の挨拶が続きます。

「1999年はとてもエネルギッシュで力強いシャンパンにできあがりました。男優で例えるなら、皆さんは誰が思いつきますか?」


と、ドゥポン氏が問いかけられました。


「できたら、しっかりとした筋肉質の30〜40歳の男性がいい・・・」


と、ドゥポン氏。


「誰がいいんだろう?」


と早速、ご近所通しのメンバーたちと意見が飛び交います(笑)。






そして1999年のサロンがこちらに。

麹谷さんの素敵なシャンパンクーラーにおさまっています。







写真はシャンパンクーラーを作った麹谷さんとドゥポンさん。







この日はビュッフェスタイルです。






懐かしい人たちにいっぱい会い、まるで同窓会をしているよう(笑)・・・






サロンはエレガントな1997と力強い1999と比較してサービスしてくださり、その違いをしっかりとテスティングです。







お料理も美味しく、皆さん、しっかりといただいているのが印象的。


もちろん、私もしっかりといただきました。







オステリア・モンテマーレ・トットリーネの名越さんと、スタッフの藤本さん(まだ大学生)。






中本さん、久しぶりにお会いしました!






ピアニストの横山さんも、久しぶりです。






葉山孝太郎さんも久しぶり。

「ちょっと怪しげに写真撮ってみよう!」

と葉山さん(笑)。





ワインの世界は本当に狭く、横山さんと葉山さんも仲良しです。


3人で、話がはずみます。





ラックの海老原さんと、トットリーネの藤本さん。


二人の年の差、25歳(笑)。


実は、このとき、


「トットリーネのオーナーの名越さんとのお付き合いがも27年くらいになるかしら?」


という話になると、藤本さんが、


「わたし、まだ生まれていません〜!」と。


時代は、こうしてどんどん新しく世代が代わってきます。


そんな話をしているとき、海老原さんが登場し、年の差の話題に・・・






最後にドゥポンさん、熱く語ってくれます。


参加者の方からの1999年のサロンを男優に例えるならというアンケートの結果も沢山あったようですが、ドゥポン氏は、これを参考に、1999年の例える男優さんを考えたいとおっしゃいます。


1999年は、とても力強いシャンパーニュになっていますが、いったい、どの男優さんが例えられるようになるのでしょう!









素敵で豪華な、そして懐かしい友との会話も楽しませていただきました。


今世紀最後のサロン、もうすぐです。


自由が丘ワインスクールでは10月22日にレガラードで、

1999のシャンパーニュ・サロンを楽しむ授業

を行います!





 
   
Posted at 16:40 / ワイン生産者 / この記事のURL
コメント(0)
写真塾(@朝霧) / 2011年10月14日(金)
まず、昨日名古屋で開催された全日本最優秀ソムリエコンクールで、見事、トゥール・ダルジャンのソムリエでもあり、自由が丘ワインスクールで講師をしていただいている谷さんが、優勝しました!

2位は、マクシヴァンの佐藤さん。

ふたりともおめでとうございます!


谷さん、Vサイン

今度開催されるアジア大会に日本代表として、二人とも出場します。


一位になると、来年開催される世界大会にエントリーする資格をゲットします。


きっと、谷さん、佐藤さんお二人で、優勝を競うことになります。



【お知らせさせて下さい】



谷さんの授業はこちらです。


Let's enjoy blind tasting !!



2011年のうちに飲むべきシャンパーニュ









さて、10月11日〜12日と、泊りがけで、朝霧に住む長塚邸に行ってきました。


目的は、長塚氏の写真塾を受講することと、長塚氏を中心としたビジネスモデルを組み立てること。


そして写真塾のテーマは、満月を撮ること。


まずは、薪わりからスタートです。


長塚氏が、まずお手本を・・・






生徒の小泉さんと広瀬さん、フォームから真剣に聞いて実行しますが、これがなかなか難しいものです。







広瀬さんを心配そうに見守る長塚氏と、小泉さん。






しかし、あっというまにこんなに薪割りができました。


今夜の暖炉の薪はゲットできました。







次に夕食のお肉を焼く準備を。


範子さんが庭から、朴葉に似た葉っぱを摘んできて、お肉にかぶせます。






このドラム缶のようなもので、炭火で長時間で焼きあげます。






2時間くらいたつとこんな感じに焼きあがりますが、もう少し焼きましょうとまたふたをしめて焼きます。






いよいよ長塚氏の講義がスタートし、熱いトークが続きます。








3時間ほどすると、お肉が焼きあがります。






そんなこんなしていると、雲に覆われていた空から、満月が顔を出してきました!


この写真は長塚氏が撮影したもの。


私の撮影した写真はお見せできるようなものではありませんです(泣)。








そして、再び月は雲に覆われてしまいます。


では、夕食、いただいちゃいましょと食事タイム。。。


朝霧はかなり気温も低く、ダウンコートを着ていても寒いです。


リビングに移動して、ピザを焼くことに・・・






ピザ生地がこんなに膨れ上がりました!







この暖炉がピザ窯になり、あっというまにカリッと焼きあがります。








ワインとピザと、焼いたお肉を頂きながら、熱いトークが数時間・・・


空の雲がなくなり、綺麗な月がでてきましたが、残念ながら、富士山とのツーショットはあきらめ、カメラの準備をします。






この写真は、小泉さんの撮影・・・


「不思議な国のアリスにでてくるような写真になりましたが、僕はお気に入りの一枚です!」



と小泉さん。


真っ暗な景色なのに、長塚氏の指導の結果ですね。


私も素敵に撮れていて好きです。






結局、夜が更けるのも忘れて熱いトークが続き、就寝・・・


朝の7時の写真です。


毎朝、7時になると、富士山のところから太陽がでてくるそうです。


残念ながら、私のカメラではこれがやっとです。





数十秒たつと、もう太陽がこんなにあがってきます。


本当に一瞬・・・







朝露にお花がとても素敵です。





甲斐犬のハナちゃん。

朝陽を浴びて気持ち良さそう・・・






今度は朝陽を撮るときのレッスンタイム







「お腹がすいたなあ〜!」


と長塚氏が、パンケーキを・・・







「摘んできたばかりなの」


と言って茸スープを・・・






長塚氏のパンケーキはなかなか美味しい。







周りはすっかりと秋。






冬用の薪もたっぷりと・・・





食事のあとは、長塚氏が作ったお風呂に入ります。

4面がガラス・・・


最初、ドキドキしましたが、なかなか気持ちよい。








ランチは、西湖の湖畔にあるカフェエムに。


範子さんとのツーショット。





「半逆光で撮ると、立体感のあるお料理が撮れるよ!」


と長塚氏。






二日間の長塚氏の写真塾。


目から鱗が落ちました!


新しい発見が沢山・・・




長塚氏フォトレッスン


ぜひ、大勢の方に体験していただきたいです。


 
   
Posted at 15:16 / 長塚夫妻の朝霧の生活 / この記事のURL
コメント(0)
キッズシェフ・ワークショップ(@自由が丘) / 2011年10月13日(木)

先週末の連休は、自由が丘の街では、女神祭りが開催。


自由が丘の街は、子供たちを育てるママさんたちが大勢集まってくる街として有名。

そのため、女神祭りは、子供たちのためのイベントが多くあります。

10月9日の日曜日は、フレンチのシェフたちが集まっているシュマンド・自由が丘のメンバーたちによる、

キッズシェフ・ワークショップが開催されました。


キッズシェフ・ワークショップは、今年で3回目。


私も第一回目からお手伝いをさせていただいていますが、だんだんとバージョンアップしています。


食育の一環として、これからも続けていきたいとシェフたちは張り切っています。

まず、5人のメンバーたちがご挨拶。


司会は、フランネルの井上さん。


シュマンド・自由が丘のメンバーはこちら。






そして、キッズシェフたちの記念撮影も・・・


最初は、みんな緊張ぎみですね。






30年、自由が丘でフレンチを続けている、チームリーダーのプティマルシェの石島さんのご挨拶。






ラフィーユの加藤さんと、スーヴニールの左高さんによるマヨネーズつくりのデモンストレーション







各テーブルでキッズシェフたちがマヨネーズをつくります。






そして、サラダを盛りつけします。


白いお皿に盛りつけたら、レストランでいただくような一皿になりました!






みんな体を乗り出し、真剣です。






続いて鶏肉を焼きます。







茸をつかったソースは、作っておいてくれました。

それを盛りつけします。








ナイフとフォークの使い方も教えていただきました!






続いて、シェ・ソーマの相馬さんが、デザートの盛りつけのデモンストレーション











キッズシェフたち、自由にデザインを・・・







そして、ベストデザイン賞の発表。






今年のキッズシェフ・ワークショップも無事に終了!





また来年も開催されます。

キッズシェフが将来、シェフの道を選んでくれたらうれしいと、シュマンド・自由が丘のシェフたちの熱い夢は広がってきます。


お疲れ様でした!

 
   
Posted at 10:10 / シュマン・ド・自由が丘 / この記事のURL
コメント(0)
ぶどうの収穫(@シャトー勝沼) / 2011年10月10日(月)


久しぶりのブログの更新です!

ついついfacebookや、Google+に夢中になり、ブログがおろそかになってしまいがち・・・

でも、やはりブログの更新は記録に残しておくという意味でも大切なことと、今日も強く反省しているところです。


さて、10月9日の日曜日、2回目の収穫作業をしてきました!


自由が丘ワインスクールでお借りしている畑の方は、実は前回、皆さんが頑張ってくださり、収穫は終了できたのです。

そこで、今回は、シャトー勝沼さんの大事なワインとなる畑の収穫のお手伝いをさせていただきました。


良いキュヴェとなるぶどうとあって、写真でみていただけると、わかるようにそれはもう、立派なぶどうになっています。






「一年かかって大切に育ててきたぶどうですから、そこを感じ取りながら収穫をお願いします!」

と志村氏から言われますが、それはもうよくわかりますので、皆さん、真剣に聞いています。






収穫が初めての方も大勢いらっしゃいますので、籠をかける道具の装着も真剣です。






ニュージーランドに15年在住だったホルト・比早子さん





上原さんも時間が取れて参加。





増田さんも、畑作業には何度も参加していただいています。





この日、NHK WORLDのディレクターの比呂さんも参加してくださいました。










畑作業、毎回欠かさず参加してくださる皆さん、9月も参加していただきました。

もうベテランさんです。





木村さんも同じく、毎回畑作業に参加いただいていますが、木村さん、背が高いので、いつも作業が大変です。





そして、臨月まで毎回畑作業に参加して下さっていた、福嶋さん、ベビーが誕生しました!


名前はルークくん


まさに、天使が舞い降りてきたかのような雰囲気となりました。







「ちょっと待ってて!赤ちゃんにプレゼントがあるの!」


と言って畑の持ち主のおばあさまが、このシャインマスカットというぶどうを摘んできて、ルークくんにプレゼントしてくれました。

パパとママとルークくんと幸せそうです。






増田さんも、大切に大切に、抱っこさせていただきます。







私は、パパとママに、収穫をしていただこうと、お守役をかってでました。

もう、本当に可愛い・・・






ミッシェル・今井さんと増田さん






今回の収穫は1,38トン


ワインが1380本くらいとれるようです。







収穫も無事終了し、皆さんお腹がペコペコで、ランチタイムです!


心地よい汗をかき、そして美味しいワインをたっぷりいただき、おしゃべりも弾みます。








2011年の畑作業はこれでいったん終了しました。


参加していただいた皆様、本当にお疲れ様でした!


今度は1月15日(日曜日)の2012年度の、最初の畑作業がスタートすることになりました。


一回目は剪定をします。


引き続き、大勢の皆様にご参加いただきたいと思います。


興味のある方は大歓迎ですので、ご希望の方は、永野寿子までご連絡をくださいませ。



hisako@exwine.net (永野寿子)
 
   
Posted at 23:00 / シャトー勝沼 / この記事のURL
コメント(0)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:永野寿子
  • アイコン画像 誕生日:11月29日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・バレエ鑑賞
    ・食べ歩くこと-最近、B級グルメはまってます。
    ・カメラ-自分にあったカメラを探し中
読者になる
最新コメント
アイコン画像リナ
東京バレエ団 (2015年08月12日)
アイコン画像レイコさん←永野寿子
徒然その2・・・ (2011年03月28日)
アイコン画像レイコ→永野さま
徒然その2・・・ (2011年03月28日)
アイコン画像レイコさん←永野寿子
徒然その2・・・ (2011年03月28日)
アイコン画像Reco1976
徒然その2・・・ (2011年03月28日)
アイコン画像MoMAさま←永野寿子
徒然その3・・・ (2011年03月28日)
アイコン画像MoMA
徒然その3・・・ (2011年03月27日)
アイコン画像ゆさま←永野寿子
徒然・・・ (2011年03月25日)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.