はじめまして! 

2006年03月12日(日) 17時55分
 はじめまして!
 西野樹里のブログにまで遠征してくださったことを、心から感謝いたします。
 なにかの間違いで、迷い込まれた方もあると思いますが、ほとんどの方が、
「ガイアへのラブレター・(意識を超えた旅)」を、お読みくださった方ではないかと思いますので、それを前提にして私の日記を書き進めていくつもりでおります。ですから、まだお読みでない方は、ぜひそちらのほうを先にしていただきますように、よろしくお願いいたします。
 そうでなければ、一見、奇想天外にも見える価値観や経験の中で、すでに生きておりますので、理解不能に陥り、「アホ違うか、コイツ、、、」ということになりかねないことを、保障いたしますので。
 だいたい、こうまで変になる昔から、「とってもいい人。、、、けど変わった人やで」、という評価を、まっとう(?)な方々からいただいておりました。

 もう何年前になるでしょう。
 子沢山ですので、子供達の親や、子供の友達は多いですが、そういう中の
ひとかたまりが、なぜか時折遊びに来てくれるようになりました。
 私のことを、「ちょっと変なおばちゃん」と了解してのようです。
 聞けば彼らは、登校拒否気味の連中のようでした。しかし、みると進化の高いいい子達で、授業よりも、休憩時間の精神世界の情報交換が楽しみで、登校を再開した子が多いのだとかいう怪しい高校生達でした。
 親に会うと、「いっとき困ってたんよ。ほやけど、なんでかこの頃、機嫌ようまた学校行くようになって、ほっとしてんねん。よかったわあ」、ということです。
 そういう彼らと話してみると、「おばちゃん、こいつどうも、時々、幽体離脱してるんやないかとしか思えんことがあるんですけど」,などと言う。
 私も経験があるのですが、幽体離脱ということそのものは、たいして面白くもなんともありません。鏡で見たって、天井まで上がって見たからって、自分の姿なんて、ちっとも変わり映えするものではないからです。ひょっとしたら、そのほうが鏡よりひどいかもしれない、、、。
「覚者」という単語なども、仲間内で回し読みをする本の中から得ているようで、「あ、こりゃ話が早いわ」、と私は気楽になりました。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:juri_nishino
読者になる
Yapme!一覧
読者になる