授乳中に目立つ乳首周りのムダ毛を自己処理するなら抑毛!

November 29 [Tue], 2016, 10:55
乳首周りの毛なんて、旦那に見られるくらいなので普段は手を加えることはなかったものの、出産後の母乳指導中にはかなり恥ずかしい思いをしました。

ムダ毛を見らたショック忘れられず、毛抜きで抜いていたものの、肌トラブルに泣かされていたんですが、今は乳首周りにほとんど毛が見えなくなりました。



こんな場所に生えてくるムダ毛はどうやってきれいにするのが良いんだろう?とやり方をいろいろ調べた結果、まじまじと見てもムダ毛が目立たなくなったんです。

誰かに見られるわけじゃないものの、喉の奥に刺さった骨が取れたようなすっきり感があるんですが、私がどんなムダ毛処理をしたのか?このブログで詳しく紹介しています。



■毛抜きで抜くのは危険!

乳首周りの毛はさすがに脱毛サロンでも対処はしてくれません。Oラインなどと同様に、皮膚が非常にデリケートで特殊な部分だからです。

カミソリで剃るにも難しい場所なので、てっとり早くムダ毛をなくそうと思ったら毛抜きを使う手段に落ち着くわけですが、毛抜きで抜き続けるのは危険です。



ムダ毛を無理やり抜いた後は毛穴が開きっぱなしになります。すると、その中に汚れや雑菌が入り込んでしまい、肌荒れを起こす原因となります。

授乳中は赤ちゃんのよだれが付着しますから、なおさら雑菌が繁殖しやすいため、肌へ負担を与えないことが絶対条件となります。



■抑毛ローションで処理しよう

では乳首周りのムダ毛をきれいに薄くするにはどうすれば良いのかと言うと、抑毛ローションを使うのがオススメです。

ムダ毛が濃くなるのは毛穴の中にある毛根が活発に活動するからなんですが、毛根の働きを促しているのが男性ホルモンです。



そこで男性ホルモンの影響をキャンセルするべく、女性ホルモンに似た天然成分(大豆イソフラボンなど)を肌に塗るんです。すると、塗った部分だけ毛根の働きを弱めることができるわけです。

身体に悪影響を与える心配のない天然成分で構成されている抑毛ローションを選べば、赤ちゃんの口に入っても問題ありません。授乳中であっても乳首周りのムダ毛処理をすることができるわけです。



■おすすめの抑毛ローション

いろんな天然成分を配合した抑毛ローションが存在するんですが、私が選んだのは鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションです。

大豆イソフラボンに加えてアイリスと言う植物由来のイソフラボンも配合。さらにパイナップル由来のタンパク質分解酵素が含まれています。3つの抑毛成分で効果的に毛根の働きを鈍らせてムダ毛が太く丈夫に育つのを防いでくれるわけです。



個人差が出ないように配慮されているというし、何よりも返金保証付きで試せるというので、さっそく取り寄せて使ってみることにしました。

効果が出るまでにどんなに早くても1ヶ月かかるということだったんですが、私の場合には1ヶ月で確かにムダ毛がだいぶ弱っているのがわかりました。



その後もパイナップル豆乳ローションを1日1回、乳首周りに塗り続けていたところ、今はすっかりムダ毛が薄くなってくれました。

おかげさまで今は、毛抜きで抜いていた時の黒いポツポツもひとつ残らず消えてくれて、授乳のたびにムダ毛を見て凹むことがなくなりました。


私のバストをムダ毛のないきれいな肌にしてくれたパイナップル豆乳ローションがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓









胸毛のコンプレックスもパイナップル豆乳ローションで解消!

November 29 [Tue], 2016, 10:49
鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションは、毛根までしっかりと抑毛成分が浸透するように、コスモペリンと言う成分を使っています。
このコスモペリンも天然の作物から採取される成分なので、やっぱり肌に刺激を与える心配がないんです。

市販のものや、安い抑毛ローションだと刺激の強い合成界面活性剤が使われることが多いんですが、鈴木ハーブ研究所なら安心して使い続けることができますよ。

オーガニックファンデーションが話題

November 28 [Mon], 2016, 15:54
最近は健康志向の人が増えており、肌に負担をかけないオーガニックのファンデーションが人気です。オーガニックといえば、従来の化粧品の中ではスキンケアのジャンルで販売されていましたが、今はメイクアップ化粧品でもオーガニックの商品が増えています。オーガニックファンデーションはまったくこれまでになかったというわけではありませんでしたが、肌に対する負担、植物原料にこだわったものが多く、その結果肌には優しいけれど、色が合わなかったり、カバー力に欠けたり、付け心地が良くないというデメリットがあることも特徴でした。

そんなデメリットを改善し、オーガニックファンデーションは高品質なものが増えてきています。付け心地はもちろん、保湿力やカバー力などの機能面も普通のメイクアップ化粧品と変わらないレベルにまできています。もちろんオーガニックファンデーションのメリットである肌への負担は少ないので、肌荒れに悩んでいる人や敏感肌の人でも安心して使うことができます。

オーガニックファンデーションとファンデーションの違いはなんでしょうか。それは肌への負担はもちろんですが、より特徴的なのはカバー力です。ファンデーションをする目的のひとつは肌の隠したい部分を隠し、綺麗に見せることですので、カバー力はとても重要です。