お茶ダイエットを悠々と会話するダイアリー

December 20 [Thu], 2012, 9:49
初めてプラチナ通りに行ったのは夜で何も見えませんでした。たまにイルミネーションのきれいなお店があったけれど、人通りの少ない静かなところでした。
あらあら、って見ましたら、それはすずめたち。何か食べる物でも落ちているのでしょうか。ついばんでは飛び跳ねて。それは小さく勢いのある力。
続いてそのうしろを、手をつないで歩く二人のおばあさん。 いつもの風景がちょっとオレンジ色に見えました。 それは小さなビーズがいくつか続いたあとに現れる
10年近く母をうちに預かっていたときも病気から治っていこうとする母と私はいい争って、母のことを自分勝手だと認めなかったりしていました。それまでの私は、
私の部屋はLDK。言いかえればリビングの半分は自分の部屋にしてしまっているということです。キッチンの横にパソコンが置いてあって、家事をやりながらという具合です。
滑り台の出発点に行くまで、緩やかではあるけれど、かなり上まで登らねばならない。・・腿が張る・・息が切れる・・フウフウ言いながらの登ったところに「見晴らし台」。前回の「平野」を望んだところ。そこを右手数歩上にあるのが、滑り台の出発点。さぁて、いよいよ行きますよ・・ウキウキ♪o(^-^ o )(o ^-^)oワクワク♪この時は(*^o^*)ドキドキ(*゚O゚*)バクバクというほうかも。
その体を覆い尽くした泥も乾いて、体は泥がひび割れている・・横たわった犬。写真に収めるには涙こらえてシャッターを切ったのか。涙流しながらシャッターを切ったのか。レンズの先は涙で霞んでいたろう。そんな想像しかできない…この本でもとても凝視できず、
とりあえず初ゆずジャムを作ろう今日は私のお誕生日。アラフォーにさようなら。年齢の四捨五入はしないよ。お誕生日です
楽に稼げる仕事
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:junwsa
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/junwsa/index1_0.rdf