松尾一彦ハーモニカ・インストアルバム「Chromatic Romantic〜On Winter's Night〜」 12/20(水)リリース 

November 19 [Sun], 2017, 23:17
松尾一彦公式サイトより

松尾一彦さんのハーモニカのインストアルバム「Chromatic Romantic〜On Winter's Night〜」が来る12月20日(水)にリリースされることが決定しました
インスト曲のクリスマス関連ソングのハーモニカのカバーアルバムのようですね
収録曲などの概要は下記の通りです


松尾一彦「Chromatic Romantic〜On Winter's Night〜」

リリース日:12月20日(水)

商品No.:CVOV-10045

価格:¥2,000(税込)

【収録曲】
1.Ave Maria by Caccini
2.My Favorite Things
3.I’ll Be Home For Christmas
4.Amazing Grace
5.The Christmas Song
全5曲収録予定



松尾さんのツイッターによると、小田和正さんライブでお馴染みのヴァイオリンの金原千恵子さんもレコーディングに参加されたそうです
松尾さんからの素敵なクリスマス・プレゼント
再び、松尾さんのハーモニカの名演が聴けそうです
既に、アマゾンなどのオンラインストアにて予約が開始されていますが、松尾さんの公式サイトにて予約すると、特典が付くそうです
で、それですが、11月20日(月)15:00より予約が開始です


松尾一彦「Chromatic Romantic〜On Winter’s Night〜」




でわでわ

小田和正音楽特番「クリスマスの約束」 12/25(月)23:40〜 TBS系列にて放映! 

November 18 [Sat], 2017, 23:37
TBSホット情報より

毎年恒例の小田和正さんの音楽特番クリスマスの約束 2017の放映日は、12月25日(月)の23:40よりTBS系列にて放映されます
一昨日の11月16日に千葉ポートアリーナにて収録が終了し、情報が解禁となりましたね
概要は下記と通りです


小田和正 音楽特番「クリスマスの約束 2017」

放送局:TBS系列

放映日時:12月25日(月) 23:40〜25:25(24時間表記)

出演:小田和正

ゲスト:熊木杏里、JUJU、スキマスイッチ(大橋卓弥、常田真太郎)、根本要(STARDUST REVUE)、松たか子、水野良樹(いきものがかり)、和田唄(TRICERATOPS)

バンドメンバー:木村万作(ドラム&パーカッション)、栗尾直樹(キーボード)、稲葉政裕(ギター)、有賀啓雄(ベース)

ストリングス:金原千恵子(ファーストヴァイオリン)、吉田翔平(セカンドヴァイオリン)、徳高真奈美(ヴィオラ)、塩沢直己(チェロ)



17回目で、小田さんが古希を迎えてのクリ約はどんな感じなのか、とても楽しみですね
のリンク先はネタバレも含まれておりますので、ご覧になる方は放映日まで要注意です

ところで、今年のクリ約のナレーターは誰になるのかな
ま、深追いするのは止めておきます(笑)


あの日 あの時小田和正
「あの日 あの時」




でわでわ

海外の戦争犯罪にも加担する安倍政権 

November 17 [Fri], 2017, 23:59
安倍政権の暴走が止まらない。
教育基本法の改悪(第1次の時)、特定秘密保護法、集団的自衛権、安保法制、共謀罪など、戦争に関連する法案を次々に強行採決してきた。
そして、武器輸出3原則をも変えて武器の海外への輸出を容易にしてしまった。

まさに、安倍政権は死の商人と化したといえよう。
アメリカに国家ごと魂を売り、米軍の指揮のもと自衛隊を戦争に参加させる・・・・・・・

そして、今安倍政権が必至なのが、自国の武器を海外に売ること。
不安定な中東情勢に武器を輸出し、戦争への加担をますます強めようとしている。
三菱重工、川崎重工などといった軍需産業は高笑いだ。
実際に、軍需産業から自民党への大量の献金が流れているのだが、こういった報道もしない。
だから我々も実感がない。

少しでも実感するために、この記事を見てほしい。
そして、きちんと映像を見て、現実を直視してほしい。

これを見ると、いかに我々が平和な中で生きているかが分かる。
だからこそこういった人たちを助けるためにはどうすればいいか、考えなければならない。
つまり、安倍政権を支持するということは、の記事を意味する、ということである。
何故、世の中にはこういった人たち居ることが絶えないのか。
はっきりいって、武器を作るからだ。
これが一番の問題なのである。
その武器が過激派へと流れ渡ってしまったら、それを面白がって使用してしまって、何の罪なき人たちが犠牲になるのは自明の理だろう。
かつて、この国は朝鮮・中国・東南アジアを広く侵略し、あまりにも非人道的な残虐な行為をしまくっていた。
そういった人間感覚さえ、我々は失ってしまったのだろうか。

そして、この国は本格的に戦争する国の総仕上げとして、憲法改悪が近づいてきている。
それほど、右派勢力の議員を多く選んでしまった日本国民には、過去の反省など微塵もなかった、と言わざるを得ない。

いい加減に、日本のマス・メディアの皆さん、大相撲騒動の事なんてやってないで、安倍政権の暴走とか、中東などの国際情勢に力を注いでくださいよ

でわでわ

今日の日曜 

November 12 [Sun], 2017, 23:28
ハイ、今日は日曜でございますね
いや〜、日中でもめっきりヒンヤリとしてきたなぁ
天気はいいんだけど、何しろ寒いという・・・・・・・
冬の天気のような感じになってきたなぁ
で、今後は寒気が入ってくる予想で、北海道では雪
本州でも山沿いは雪になりそうで、ますます寒くなってくる
明日からバタバタしはじめてくるし、これから師走・年末に向かってバタバタになってくるなぁ

さて、今日の日曜は特に何も書くことないよ
何の変哲のない日曜、という感じで・・・・・・・・・

さて、日本シリーズが終了して1週間が過ぎた。
先週の土曜日に終了したが、土曜日はすこぶる勝率が悪い
ベイは土曜に呪われてるのか、ってくらい悪い
こんなことってあるんだなぁ・・・・・・・・

まぁそれはともかく、何かシーズンが終わっていわゆるベイスターズ・ロスになっている俺でございます
何だか抜け殻状態なんだけど、そんな中で11月23日(木・祝)にハマスタでレジェンドマッチが行われるんだよね
これは、"TEAM YOKOHAMA""TEAM 1998"とが対戦するんだけど、出場選手が凄いんだなぁ
まず、"TEAM YOKOHAMA"の監督が中畑清で、出場選手が平松政次・齊藤明雄・遠藤一彦・土井淳・辻恭彦・松原誠・高木豊・カルロス・ポンセ・中塚政幸・高木由一・屋鋪要などといった往年の名選手が出場。
さらに、そこに現役の山ア康晃・濱口遥大・戸柱恭孝・石川雄洋・荒波翔・筒香嘉智が出場
後は現監督のアレックス・ラミレスとか、多村仁志もプレーヤーとして出場

そして、"TEAM 1998"の監督が権藤博で、出場選手が佐々木主浩・野村弘樹・五十嵐英樹・島田直也・川村丈夫・三浦大輔・谷繁元信・畠山準・進藤達哉・中根仁・佐伯貴弘・鈴木尚典という当時のV戦士の面々
で、そこに現役の井納翔一・今永昇太・高城俊人・後藤武敏・宮崎敏郎・倉本寿彦・梶谷隆幸・桑原将志が出場
これは凄いなぁ
残念なのは5回までしかないこと・・・・・・・
5回でどちらかが負けて、負けた方が土下座して延長ってなったら面白いな

その2日後には追浜の横須賀スタジアムにてファンフェスが開催されるし、同じくベイロスの皆さんには楽しみがいっぱいだね

でわでわ

11/23(木・祝)NHK-FM「今日は一日"小田和正"三昧」オンエア&小田和正ゲスト出演 

November 11 [Sat], 2017, 23:16
小田和正公式サイトより

来る11月23日(木・祝)に、NHK-FMにて「今日は一日"小田和正"三昧」がオンエアされます
オンエア時間がなんと10時間なので、一日中小田さんワールドに浸れそうですね
進行は小田さんファンで知られ、「100年インタビュー〜小田和正特集」のMCを務めたNHKアナウンサーの阿部渉アナ
さらに、小田さんご本人もゲスト出演されるとの事です
概要は以下の通りです


NHK-FM「今日は一日“小田和正”三昧」

オンエア日:11月23日(木・祝)

オンエア時間:12:15〜18:50(前半)
         19:20〜22:45(後半)
進行:阿部渉(NHKアナウンサー)

ゲスト:小田和正



オンエア内容の詳細はこちら
リクエスト&メッセージはこちら

オフコース時代から現在に至るまでの名曲の数々に浸る番組で、どんどんリクエストしちゃいましょう


あの日 あの時小田和正
「あの日 あの時」

自己ベスト小田和正
「自己ベスト」

自己ベスト-2小田和正
「自己ベスト-2」




でわでわ

晩秋の11月とトランプの2枚舌外交 

November 10 [Fri], 2017, 23:59
早いもので、11月も中旬に差し掛かった。
気候的にも寒くなってくる時期
とはいえ、日中はまだ穏やかで心地いい
2週連続の台風など、ずっと雨続きだった10月とは打って変わって晴れの多い11月
ところが、週末になるとなぜか雨が降る
週末雨のジンクスはまだまだ健在か
しかし、今回雨が降るのはどうやら西日本中心で、東日本はあまり降らない予想。
ただ風が強くなって荒れる予想だからなぁ
まぁ注意ということで
その後、寒くなるんだよね
北海道では雪予想が出てる
もうそんな季節になったか

ところで、11月になってくると毎年バタバタしてくる
来週からバタバタが始まる
そんでもって12月は忘年会シーズンだし、年末にかけてバタバタする。
早く年末年始にならないかな(笑)

さてさて、トランプが日本・韓国・中国を回ったか。
日本は相変わらず日米軍事同盟を称賛する報道しかなされず、米国主導の戦争に日本が参加するリスクの伴う日米安保、一昨年に安倍自民が民意無視で強行採決した安保法を何故真っ向から批判しないのか、全くもって不思議だ。
だいいち、一般の空港ではなく米軍基地より離着陸すること自体、所詮は日本は米国の属国という異常さを表している。
そして、日米と同じく、米国と一体となっている韓国も米軍基地より離着陸という異常さ。
何故、日韓がアメリカと一体で、北朝鮮が反米なのかは長くなるので割愛。

しかし、韓国の場合、日本と違うのは一般民衆が反トランプ・デモを起こしたことだ。
このことから、いかに日本の場合は国民・マスメディアも含めて異常かが分かる。

そして、極めつけは中国。
トランプが来中すると国をあげてトランプを大歓迎。
さらに、アメリカ・メディアの報道によるとトランプは習近平(シー・チンピン)に対して、孫娘の中国語の詩などの動画を見せる、という親密ぶりとの事。
さらに、トランプはツイッターで、中国には何度も感謝の意をツイート。
それも、ヘッダーの写真をトランプ自身と習近平(シー・チンピン)らとの写真に変更までしている。
韓国には1度感謝の言葉をツイート。
しかし、日本には今のところだが、1度も感謝の意をツイートしていない。
これはいったい何を意味しているのか。
まぁ偶然、という人はそれはそれでいいのかもしれないけど。

さて、これを見て、いちばん面白くないのは安倍晋三だろう。
もう前から何度も言っているように、米中は大国同士として切っても切れない関係なのだ。
具体的に何が話し合われたのかは分からないが、改めて「中国包囲網」一辺倒で行動し続ける安倍の幼稚さには閉口。
何度も言うが、米朝で戦争になれば、被害を被ることになるのが韓国と日本だ。
米軍基地があるし、原発もたくさんある。
米軍基地というのはアメリカ本土にとっての防衛ラインのためのもので、もともとは旧ソ連の共産主義からの反共防衛の砦のためのものだった。
これは言い換えると、そこが戦場になっても構わない、ということを意味していて、現地の人たちにとってはとんでもない話なのだ。

で、今回の米朝の緊張はまさにそれを表している。
朝鮮戦争の際に日米で結んだ密約の日米安保の危険性がここにきて浮き彫りになった。
さらに、岸信介の時の日米安保改定で日本はますますアメリカの言い成りになっていった。
それ以来、全ての歴代の首相(自民党)は日本はアメリカに従っていれば安泰だ、というあまりにも安易な認識でいたのである。
そして、好戦的なトランプ・安倍でその日米安保の危険性が顕になった。

ただ、今回の米中協議を見ると、トランプと習近平(シー・チンピン)が急激な歩み寄りを見せる可能性も十分に考えられる。
そうなると日本はますます国際社会から取り残されることになるだろう。
安倍はつくづく外交能力もまるでないし、頭の中が幼稚だよなぁ
そのくせ、トランプに「高価な武器を買え」と言われてやすやすとそれに乗る・・・・・・・
つくづく救いようのないバカだわ
その購入代金は、言うまでもなく俺たちの税金である。
それを承知で日本国民は安倍自民を大勝させたのかな
そういう意味では、日本国民は安倍と同類だね
類は友を呼ぶ、か・・・・・・・・

ただでさえこの国は少子・高齢化という深刻な問題を抱えているのに、社会福祉などに金が回らない。
ま、選挙に行かないのだからこういった問題意識もないんでしょうね(笑)
腐れ

でわでわ

11月3日国会包囲大行動 

November 05 [Sun], 2017, 23:11

現在、日本にイ・バカ・・・・・・・・
じゃなかった
イヴァンカとトランプが来日中。
で、トランプ・安倍という、個人的にはおそらく世界で最悪のバカコンビの首脳会談が明日行われる。
その前に、今日はゴルフをプレーしたのかww
トランプはこの後に韓国や中国にも行く予定であるが、彼にはぜひ韓国と中国と仲良くなってもらいたいものだ。

そして、日本のマス・メディアというと、イヴァンカ・トランプの話題で相変わらず持ち切り。
日米軍事同盟称賛の嵐はどうにかならんもんかねぇ。
この国は相変わらず帝国リベラル主義の枠を突破できないでいる。

さて、そんな中、一昨日の11月3日の文化の日に国会前にて行われた「安倍9条改憲NO!全国市民アクション 11月3日国会包囲大行動」に行ってきた
この日は、4万人の人が国会前や周囲の議員会館前に集まった。
途中、立憲民主党の枝野幸男、共産党の志位和夫、社民党の福島みずほ、民進党の江崎孝のスピーチを挟む。
特に、民進党の江崎は最初、自虐的に「心なしか拍手が少し少ない気がします」(笑)
と語って笑いを誘っていた。
他にも色々な学者や弁護士、作家の落合恵子さん、さらには韓国の市民活動家の方がわざわざこの日のためにソウルから駆け付けてくださった。


そして、のプラカードを掲げながら「戦争したがる総理はいらない!」「9条変えるな!」「諦めないぞ!」「安倍内閣ただちに退陣!」などの掛け声を張り上げた。

安倍は9条について、1項・2項はそのままに3項に自衛隊を明記するとしている。
一見すると、別にいいじゃないか、と思うかもしれない。
しかし、これには深い意味があり、国際紛争の武力行使の放棄を規定した1項、戦力不保持を規定した2項を空文化する。
そうなると、自動的に3項の自衛隊が優先され、無制限に海外の戦争(主にアメリカによる戦争)に参加し、武力行使が出来る、ということである。
ちなみに、自民党の改憲草案の9条はもともと戦力不保持の2項を削除し、国防軍の創設を謳っていた。

こんな中途半端なことをするのであれば、変える必要はないではないか
これは共産党の志位も言っていたことだ。

そしていちばん恐ろしいのは緊急事態条項だ。
これは、自然災害や戦争などが起きた時に、これを内閣が発動し、全て時の政権に全権委任がなされる。
全ての権利が内閣にあるため、一般市民の基本的人権や言論の自由・表現の自由すべてが著しく制限される。
これは、かつてのナチスの手法と全く同じだ。

今や、世界的にも憲法の認識というのは、権力が暴走しないように権力を縛るためのものなのであるが、これはいったい何世紀前の憲法なのか
断じて容認できない

早く、安倍政権とその補完勢力を追放して、日本を国難から脱却させよう
ま、日本国民にそういう良心があればの話だが・・・・・・・・


ちなみに、面白い横断幕を掲げていた4人組が居たので、国会をバックに1枚写真を撮らせていただいた

でわでわ

小田和正音楽特番「クリスマスの約束 2017」観覧募集中! 

November 04 [Sat], 2017, 23:45
小田和正公式サイトより

今年もついにやってまいりました
今年はわりと早めの発表ですね
小田和正さんの音楽特番「クリスマスの約束 2017の観覧募集が発表されました
既に観覧募集中です
概要は下記の通りです


小田和正音楽特番「クリスマスの約束 2017」

収録日時:11月16日(木)

集合予定:17:00
終了予定:22:00
※ 時間は多少前後する可能性あり、との事です。

収録会場:千葉ポートアリーナ
千葉県千葉市中央区問屋町1−20
JR総武線 千葉駅 徒歩16分
JR京葉線 千葉みなと駅 徒歩15分
千葉モノレール 市役所前駅 徒歩8分
京成電鉄・京成線 千葉中央駅 徒歩12分
バスの場合小湊鉄道・千葉みなとループバスで、「千葉駅」西口26番のりばから、まちなかコースの「ポートアリーナ」下車(乗車時間約8分)
千葉海浜交通・バスで、「千葉駅」東口11番のりばから「幸町団地行・稲毛海岸駅行・海浜病院行」で、「ポートアリーナ」下車(乗車時間約10分)

出演者:小田和正ほか

応募方法:通常はがきにて、、、
     希望人数(3名まで)・全員の氏名・年齢・郵便番号・住所・
     電話番号・応募動機・代表者のメールアドレス
     ※ その内、希望人数・全員の氏名・年齢・郵便番号・住所・電
      話番号・応募動機は必須

あてさき:〒107−8066 TBSテレビ
     小田和正音楽特番「クリスマスの約束2017」(11/16) 係

締め切り:11月6日(月)必着
     ※ 抽選のうえ招待(18歳以上)



観覧応募の詳細は、TBSのこちら

必着まで時間がない(笑)
発表が月曜だったもんね
いずれにせよ、今年のクリ約もとても楽しみです
ゲストアーティストは誰だろうなぁ


あの日 あの時小田和正
「あの日 あの時」




でわでわ

安倍御用の山口敬之のレイプ犯罪のもみ消し 

November 03 [Fri], 2017, 23:59
何だか、最近の日本は見る影もなく法治国家ではなくなってしまったのか
まさに腐り切っているとしか言いようがない。

似非ジャーナリストの山口敬之のレイプ犯罪のもみ消しについてだ。
簡単に経緯を言うと、顔見知りでジャーナリストの伊藤詩織さんに対して、レイプ犯罪をしながら逮捕が直前になってもみ消しになったこと。
山口敬之といえば、元TBS報道局ワシントン支局長だった人間で、例の今流行りの安倍御用ジャーナリストとして知られる人物だ。
同じく、安倍御用といえば、番組の掛け持ちで出演しまくっている田崎史郎などが挙げられるが、そのうちの一人だ。

飲み屋で酒を飲みながら今後の打ち合わせをお互いに話し合っていたところ、酒に酔った伊藤詩織さんが突然に記憶を失くす(山口が睡眠薬を飲ませたという噂もある)。
そして、山口はそんな彼女をタクシーで自宅や病院に送ることなく、なぜかホテルに強引に連れ込んだのだ。
普通に考えたら、そのような状態になったら、自宅に送り届けるか、重症であれば病院に送るのが常識なのだろうが、何故ホテルに連れ込むのか全くもって意味不明。

そして、伊藤さんは身体の痛みで目が覚めると裸になった状態でその山口が身体の上に乗っていた、と証言している。
それを記者会見の場で告発するのは余程の勇気がなければできない。

こういった性犯罪をすればすぐに逮捕だろう。
警察も逮捕に向けて動き出していて、裁判所の逮捕状を取った。
レイプ犯罪に遭った伊藤さんも山口の逮捕を確信していた。
しかし、逮捕直前になり、伊藤さんの携帯が鳴り、警察から「上からの指示で逮捕できませんでした」という連絡が入った・・・・・・・・
その時の伊藤さんの気持ちを考えると、どのくらい失望と同時に驚いたか計り知れない。

ここからがこの話のポイントで、その安倍御用の山口の逮捕をもみ消した"上の人間"が誰かというと、当時刑事部長だった中村格という人物だ。
こいつはその前に、官房長官の菅の秘書官だった人間で、極めて安倍政権に近い人物として知られている。
それだけではない。
菅は日本のマス・メディアのいわゆる圧力係を担当しているのだが、中村とともに良心的なジャーナリストをテレビから追放した人物としても知られている。

例えば、古館時代の報道ステーションのコメンテーターとして出演していた元経産省の官僚であった古賀茂明氏に対して、再三にわたり圧力をかけて降板させたのは有名。
古賀氏が報ステの最後の出演の際、勇気を振り絞って安倍政権からの圧力があったことを告白して古館たちが慌てて大反響を呼んだのは記憶に新しい。
その古賀氏に対しての圧力のメールが過激な内容で、「古賀は万死に値する」という超過激な内容だったそうだ。
その翌年に古館も降ろされ、報ステはつまらない報道番組になってしまった。

話を元に戻す。
その山口の逮捕をもみ消した中村格。
その中村が警視長の組織犯罪部長に何故か栄転した。
その権力を利用して、例の平成の治安維持法である共謀罪法案を推し進めた人物としても知られている。
悪事を働いておきながら栄転する・・・・・・・・

同じく、悪事を働いておきながら栄転した人物といえば、森友学園問題で、「資料がない」だの、「破棄した」だの、「国有地の価格を提示したこともない」だの、デタラメな国会答弁をしておきながら、国税庁長官に栄転したのは記憶に新しい。

こんなとんでもない史上最悪の安倍政権とそれにくっ付くヒラメ官僚たちによって、法治国家が脅かされ、平和憲法が替えられ、いつか来た道の戦前の日本に戻されようとしているのだ。

加計学園の獣医学部が認可される見通しとなった。
こんなメチャクチャなことをしておきながら、それを放置している日本社会の体たらく・・・・・・・・
一体、本当に日本国民はどうしてしまったのか・・・・・・・・

ちなみに、レイプ犯罪者の山口はずっと雲隠れしてきたが、先日にメディアを通じて、全く支離滅裂の子供のような反論を展開した。
それどころか、伊藤詩織さんへの個人攻撃が酷い
こんな権力と馴れ合う、山口敬之とか田崎史郎などの似非ジャーナリストはいち早くテレビから追放されなければならない。

その山口の反論の内容はこちら

でわでわ

今日の日曜 

October 29 [Sun], 2017, 23:19
ハイ、今日は日曜でございますね
今日はもうずっと雨よ
でも今は急速に晴れてきた
気温が低く少し寒い

まさかねぇ、2週連続の週末に台風とはね・・・・・・・・
この時期はさすがに台風は来ないだろうと思ったら、2週連続の台風・・・・・・・
そのせいか、ここのところまたずっと雨
昨日も雨で、今日は朝からずっと大雨。
強弱を繰り返しながら雨が降っていた。

日中は土砂降りの雨で雷も鳴った
その後、小降りになって買い物に行った
商店街ではなぜかハロウィンの催しをやってて、コスプレ姿のチビっ子たちがたくさんいた
子供たちはカワイイ。
それに比べて渋谷のバカ騒ぎというと・・・・・・・・
こんなんじゃこの国の将来がますます不安になる・・・・・・・・

というわけで、今日はもう最悪の天気だったので、とくにこれといって書くことはないよ
こんな天気で逆にお出かけする人たちの気が知れないわ
また今日は横浜マラソンの開催日だけど、それも中止になったし
横浜ってここにきて天気に振り回されてるね(笑)

ただ、日本シリーズはソフトバンクの本拠地がドームなため、試合はやったけどね
別にソフトバンクに勝てるとは思ってないが、今日は惜しい試合だった。
1点ビハインドの6回表に梶谷のソロで同点に追いつくと、宮崎が勝ち越し2ランを放って、あとは勝ちパターンに持っていきたかった。
しかし、今シーズン防御率5点台の三上が捕まって、倉本のエラー、微妙な判定があって逆転負け
短期決戦は隙を見せたらダメ、ということか。

どれも紙一重の素晴らしいプレーの連続だけど、唯一残念なのは1番・桑原を何とかしてほしい・・・・・・・・
1番というのはメジャーでもそうだけど、打率よりも出塁率が大事。
それには粘って相手投手の球数を稼がせるのが最大の仕事なのに、相変わらず早打ち
好調な時はハマるけど、調子が落ちたときは淡白になるから、そこをねぇ。
ちなみに、ラミレスの哲学である、「ファーストストライクから積極的に」というのは、俺が最も采配に疑問を持っていることなので、それについてはまたの機会に。
とはいえ、ラミレスがこれまでのベイの監督よりは優秀だけど

でわでわ