タイガー&ドラゴン 芝浜 

2005年04月16日(土) 13時03分
さて、とうとう始まってしまいましたね、タイガー&ドラゴン

初っ端から、リアルタイムで見れない…っていうか居酒屋のバイトだから金曜日は休めない確率大
しかたない、准チャン費稼ぎだし。

さてさて、【芝浜】の回。初っ端からこんなに面白くていいんでしょうか??
こんなに面白いドラマがあと10回も見れるなんて…
かなり幸せいっぱいでございますわ
竜チャンの『ねぇ、あんたぁ〜』がすごく可愛らしくて
夜中なのに叫んでしまいました(笑)
あの台詞覚えるのめっちゃ頑張ったんやろうねー。…すばらしいわ、竜チャン。

キャッツも多かったけど、タバコのシーンがすごく好きです。
竜チャンと谷中家のシーンはホント、ぐっとくるものがあります。
竜チャンの表情がすごく切なかった。
さゆりちゃん泣いちゃうし(←そこかよ)

SPより虎ちゃんと絡むシーンもかなり多くて、智チャン&准チャン大好きなあたしにはもってこいです(笑)
屋台で喧嘩しちゃうシーンとか。
2人が並んでるとこがすごい好きです。

ギンギン…いや銀ちゃんと竜チャンも絡みがあって嬉しいです。
アニとぶっさん。
銀ちゃんと竜チャン。
もっとこれからもシーンが増えますように(笑)

そして、今回かなり、りさちゃんになりたいと思ってしまいました(←無理)
すっごい可愛いの、蒼井優ちゃん
いいなぁ〜、メグちゃんよりあたしはりさチャンになりたいです(←無理)

EDでの、虎チャン&竜チャンの仲良しぶりにはあっぱれです。
またV6の曲が爽やかで…。J-WEBで着メロでてたので早速着メロにしました
エンディングではすごい仲良しな出演者様達がすごく面白かったです(笑)
竜チャンだけ短パン(?)だったから細っそい足が素敵でした。

ホントに最高に面白かった!!
毎週楽しみが増えましたわ

EXPOSURE #12 

2005年03月11日(金) 2時31分
今回の『anan』
准チャンの連載にすっごい感動してしまいました

最後の『死ぬまでに自分の名前を覚えてくれる人が5人いれば幸せだ』というところ。
【僕はもうもう5人は確保しているはず】っていうね
すっごい、感動しちゃいました。

ずぅっとね、この連載が始まったときから思ってたことなの。
V6の事をいつか語ってくれないかな・…って。

大変だったと思う。14歳の子がいきなり東京に来て、慣れ親しんだ場所を離れてまったく別の世界で生きていくなんて…。
歌えない・踊れない…准チャンはホントすごいと思う。
必死だったんだろうなぁ…すっごい。
なんせ、当時はkinkiっ子だったあたし。
…准チャン、ごめんよ

お子チャマなあたしは、19歳にもなってね甘ったれーな考えの子です。
まず、V6がなくなるなんて絶対考えないし。
6人で一生一緒に仕事してくれるのをずっとFanとして応援していくつもりだし。
ホント、バカだからあんまり考えないしね(笑)

でも、准チャンが前雑誌でも言ってたけど、年老いてもメンバーの名前は忘れないって。
メンバーっていいなってすっごい思った。
大好きすぎて、ヤバイよホント。
すっごい大好き(←ウザイ)

ますます、准チャンを観て生きたいって思った(←ストーカー)
愛してます。サランへヨV6

神様。
今日も明日も明後日も。
彼らが元気に笑っていますように…。

東京タワーB 

2005年02月27日(日) 5時04分
パリでのシーンも、すごく綺麗。
実は、来年ちょこっとイギリス・フランスとヨーロッパあたりに研修に行くので、
パリには絶対行ってやろうと思います。
…何しに??なぁんて言わないでチョ(←逝け)
『詩史さぁぁ――ッ』と猛ダッシュの透君。

ラストは好き。やっぱりあたしはまだまだ子供なので、
ハッピーエンドじゃないとなんかモヤモヤするんです。
主人公はハッピーに!!!がモットーな子なので…いつ大人になれるかわかりません。
エンドロールで、小さくなっていく詩史さんと透君ですが、
透君が詩史さんを抱っこするとこがすごく好き。
ホント、綺麗な映画で私の周りでもすごく評判がいいです。
話の内容は、不倫なので人によって感想は違うのですがみんな口をそろえて言う言葉は
『綺麗すぎてビックリした』と言ってくれます。
准チャンがほめられると自分のことより何倍も嬉しいです。
東京タワー大ヒットわぁいヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪

東京タワー A 

2005年02月27日(日) 5時01分
別荘に行く前に透君のママさんが
『そのシャツやめなさい。似合ってないよ』
っと言ったあとの透君の笑顔が好き。
パーティーで、『透、こっちにいらっしゃい』
と言われてもシカトしてふら〜っと行っちゃう透君も好き。
なんでかよくわかんないけど、好き(←なにそれ)
浜辺を走る透君もとてもかわいらしくて好きです。
膝枕してもらってる透君も可愛らしくて…そのあと悲劇ですが(笑)
岸谷サンとの修羅場は、必死にぶつかりに行く透君がとても一生懸命で…
『君のスペアはいくらでもいる』『ちょっと高級なおもちゃだったんだ』
という言葉に怒る透君の目がドキっとします。
プールに落っこちて水の中の透君も手の先から足の先まですべて綺麗でうっとり
(←そんなうっとりしちゃってる場合じゃないシーンですが…) (((((((((;ω;)サササッ
ボロボロな透君が詩史サンの元へ行き、『壊れたおもちゃはいらないの』
という素敵にひどい(笑)言葉を頂き、
ますますボロボロになり泣き崩れるシーン…あそこも泣いちゃいました。

透君は詩史サンが好きで好きでしかたがないんだなぁ…って。
『同じものを見てるのに、同じ場所にいない』あのシーン…
一緒に見に行った子は必ず言います。
『准チャン、飛び降りんのかと思ったー』…確かに(笑)
でも、あのシーンは詩史サンから、詩史サンという部屋の中から旅立とうとしたんだよね。
すごく綺麗だなぁ・・・って思った。

東京タワー 

2005年02月27日(日) 4時57分
大好評のようで、あたしもなんだかすごく嬉しいです。(←なぜお前が…)
のっけから、准チャンと黒木サンのベッドシーンともあり、
初めて観た時はドキドキしてましたが…5回も見れば、なーんのこっちゃない♪
あたしも大人になれたと思います(笑)
印象深いシーンは別荘に詩史さんと2人っきりだったのに、
夫役の岸谷さんが来て、透君が隠れてるシーン。
『こんなこと…もう終わりにしなきゃね。』っという詩史さんの言葉に透君が
『こんなこと??』って…もぉーそのときの透君が捨てられた子犬みたいで。
透君の目が切なくて泣けちゃいます。
東京タワーの中で好きなシーンではないんです。
どうしても詩史サンって…と透君重視で見たら、酷い女扱いしてしまいます。
『こんなこと??』っという台詞が1番すきです。切なくて…あの目はヤバイ!!!


酷いといえば、2人で飲んでて詩史サンの電話にウキウキしてる透君。
『フロントに電話してたの??』と期待してるのに、
『迎えに来るって』という一言で、ずぅぅんと落ち込む透君。
これは、捨てられたと思っても仕方ない…。
とっても残念そうな透君に心が痛みます。
少しでもいいから一緒にいたいという、透君の思いがひしひしと伝わってきます。


詩史サンと一緒にいる透君より、耕二君と一緒にいる透君の方が好きです。
いい意味でラフで、詩史サンといるときよりもさわやかな感じ。
そりゃ、好きな人と一緒にいたら、何を話そう。どーしよう。何をしよう。
とか色々考えちゃって、切羽詰っちゃうんだけどね。
耕二君を心配する、透君が好き。


2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:junsachi9
読者になる
Yapme!一覧
読者になる