ネットショッピング 

December 04 [Tue], 2012, 13:46
ネット通販のアマゾンで腕時計を買った。黒い文字盤が画面ではいい感じだったが、実際に使ってみると非常に読みづらい。はっきり言って実用的ではない。後悔している。

Eメールの送信予約 

April 05 [Thu], 2012, 12:32
今使っているアドレスのままでEメールの送信予約ができるサイトがある。"LetterMeLater.com"という。

http://www.lettermelater.com/

ありそうでなかったサービス。ブームに乗って90年代の終わりごろにネットデビューしたが、どこを探してもこういうものはなかったと思う。ヤフーのグリーティングカードというのがあるにはあったが、ちょっと趣旨が違った。

普通のwebメールの送信画面に似ているが、送り先や表題に続いて「いつ送るか」という入力欄がある。最初は決まった書式があるのかと思っていたら、"fri 19:00(今度の金曜の午後7時)"とか"30 min(30分後)"みたいな書き方で登録できると使ってみてわかった。さすがはアバウトな毛唐向けのサービスである。

検索してみると、幾つか国内にも同様のものがあるが、添付データファイルに対応しているのはここだけのようだ。ビジネスユースに耐えうると思う。実際、社内の週報で、毎回担当者から督促を受けていたが、これを使って前もって登録するようにしてからはスッカリ優等生だ。自分の携帯に「アレを忘れていないか」とメールする、というような使い方もできる。複数のミラーサイトも含めてブログの更新予約をすることも手間要らずでできるようになる。

無料で登録できるのは月に30通まで。年間$19.95で400通登録できるようになるが、目的別にアドレスを使い分けるなど、無料で使い倒す工夫の余地がありそうに思える。

豊川誕 

April 06 [Wed], 2011, 20:24
昨日、豊川誕について日記に書いたら、今日の日刊ゲンダイの「あの人は今」みたいなコーナーに豊川誕が取り上げられている。いやー、まいったなー。注目されてるね、この日記。

「代案を出せ」は正しいか。 

April 06 [Wed], 2011, 14:47
思春期からこっち、いわゆるプロ市民的な価値観には辟易してきた。人はそれぞれ本を読んだり映画を観たりして自分なりにものを考えているものだ。だから尊重されなくてはならない。それなのに、市民運動、政治活動に積極的な人々は、普段は人権擁護や個の尊重を掲げているくせに、それらを実践する気配は微塵もみられない。大抵、他人を見下して、有象無象の啓蒙対象と捉えてやまない。

この弊害は意外と大きかったのではないだろうか。原子力発電の危険性に注目した人々の言葉はいつだって居丈高だった。政府や電力会社がいかに悪辣かを強調するあまり、実際に周囲の人々の心を動かして危険を回避することよりも、「正しい主張を展開する私達」という地位を確立することに熱心だったのではないだろうか。

最近、ネット上で原発反対派の「ホラ言ったじゃないか」顔にはウンザリだという声を見かける。対する原発容認派の無敵を誇る最終兵器は「対案出せ」砲である。「原発の危険性を幾らあげつらったところで、有効な代替案を伴わなければ意味がない。具体的な対案を出せ。話はそれからだ。」という切り返しは向かうところ敵なしだ。

私は今、原発容認派の「対案出せ」砲が無敵を誇っている、と書いた。タイトルを見て、勘のいい読者さんは気付いたかもしれないが、私はこの状況を間違っていると感じている。「対案出せ」砲を使用していいのは、

「原発の安全性は既に整っている。愚かな原発反対派が騒がなければ福島第一原発だってとっくの昔にリニューアルできていた筈なのだ。最新型の原発なら今度のようなことにはならなかった。事実、福島第二原発だって自動停止したではないか。この先端技術を全世界に輸出してこそ国威発揚となる。原発推進は必ずや震災復興の起爆剤になるに違いない。」

と言っている原発積極推進派だけだ。内容はともかく彼らの態度は一貫している。

原発容認派と原発推進派は違う。原発容認派とは原子力発電の危険性は「大人のたしなみ」として熟知していながら、有効な代替案がない以上、これまた「大人の冷静な判断」として原発を容認する立場の人々である。容認派が原発の危険性を否定できない以上、彼ら自身も安全なエネルギー政策を模索しなければいけない責任を負っているのは明白であり、原発を容認することによって反対派よりもその義務が軽減されるという理屈は成り立たない。一方、原発反対派は危険性を示すデータが正しい根拠を持つものであることを要求されこそすれ、代替案について容認派よりも重い責任を負うことには決してならない。

まとめよう。

【原発推進派】
原発の安全性を立証する責任がある。
代替エネルギーを立案する責任はない。

【原発反対派】
原発の危険性を立証する責任がある。
代替エネルギーを立案する責任もある。

【原発容認派】
原発の危険性を認める限りにおいて、
代替エネルギーを立案する責任を反対派と等しく負う。

本来、原発容認派の「対案出せ」砲が不正使用であるにもかかわらず、一定の説得力を持ちえたのは、大抵の原発反対派が「いい子ちゃんぶって感じの悪い人達」なことへの反発が蔓延していたからである。容認派がこうした感情論にフリーライドした存在である以上、「大人の冷静な態度」などとは、夢にも言うことはできない。

原発の安全性と代替エネルギーの議論には階層がある。安全性が否定されれば三派が代替エネルギーへの責任を負うことになり、立証されれば三派共に解放される。代替エネルギー論は原発の安全性に従属する議論なのだから、今は安全性に議論を集中させるべきだ。現在、ボールは推進派にあると言える。「大人の判断」云々を言うのであれば、外国製の福島第一原発が著しく老朽化していたことや、第二原発が自動停止した事実を臆することなく主張すべきだ。目下のところ、そのような内容は力ずくで抑えられてしまう傾向にある。