Last Song 

December 12 [Mon], 2005, 9:09
2005/12/10
DRUG addiction DOLL



夜空に輝く星一つ盗って
寂しがり屋のキミの左手に

弱い僕だから
強く歌いたい
孤独だと泣いていた

総てキミだけに
僕のキミだけに
捧げたい

不器用な愛の詩と
温もり亡くした僕の
最後の言葉届くなら
声が枯れるまで…Lalala…


幾千の喜劇
一夜の悲劇に
消えてく幸は
流れ止まぬ涙

温もりは総て
香だけ残し
消えていった
失った

無邪気な笑顔も
無邪気な声にも
触れられない

不器用な愛の詩と
亡くした日々戻るなら
選んだ最後の姿
隣りで眠る事…永遠に

キミよおやすみ
僕も逝くから
キミよおやすみ
あの星へ

不器用な愛の詩と
温もり亡くした僕の
最後の言葉届くなら
声が枯れるまで…Lalala…

不器用な愛の詩で
キミの幸だけ願う
明日も明後日もキミが
笑ってくれるなら…さようなら。



I love you.Say good bye. 

December 06 [Tue], 2005, 23:59

夜空に輝く星一つ盗って
寂しがり屋のキミの左手に

弱い僕だから
強く歌いたい
孤独だと泣いていた

総てキミだけに
僕のキミだけに
捧げたい

不器用な愛の詩は
温もりに満ちたキミで
僕の願い叶うなら
この名を棄てても構わない…


幾千の喜劇
一夜の悲劇に
消えてく幸は
流れ止まぬ涙

温もりは総て
香だけ残し
消えていった
失った

無邪気な笑顔も
無邪気な声にも
触れられない

不器用な愛の詩と
亡くした日々戻るなら
キミに歌うよLastSong
声が枯れるまで…Lalala…


不器用な愛の詩は
温もりに満ちたキミで
僕の願い叶うなら
この名を棄てても構わない…

不器用な愛の詩と
亡くした日々戻るなら
キミに歌うよLastSong
声が枯れるまで…Lalala…

後悔 

November 26 [Sat], 2005, 19:30
真っ逆様に墜ちて行く
僕の行く先は堅いコンクリート

味った事のない恐怖の途中
キミの想いが解ったよ

もぅ戻れないのに…
戻りたいあの場所へ

もぅ一度、あの瞬間を繰り返せるなら
僕の行く先は温かい胸の中

真っ逆様に墜ちて行く
僕の行く先は堅いコンクリート


 

November 24 [Thu], 2005, 7:04
キミの鼓動がなくても
血が流れていなくても
僕はキミを選ぶから

冷たくなった身体に
リングの熱は伝わりますか?


そぅ、温もりを抱いて誓ったあの日から
キミ以外愛さない。


キミの鼓動がなくても
血が流れていなくても
僕はキミ以外愛せない

冷たくなった身体にKissの熱は伝わりますか?

精神 

November 23 [Wed], 2005, 11:53
涙の数だけ強くなれる

ではなくて…

涙の数だけ強くなれ!


総ての物事は意識しなければ何の意味も成さない。

生きるとは精神を削る事

寿命とは精神のパラメーター。

ねぇ 教えて 

November 21 [Mon], 2005, 7:19
ねぇ 聞こえる?

ねぇ 気付いてる?

僕に生えた翼は小さくて…
翔べない白鳥の子


ねぇ 抱締めて

ねぇ 強く抱締めて

貴女に生えた美しい翼で…
羽ばたける白い翼で


ねぇ 聞こえたでしょ?

ねぇ 気付いたでしょ?

僕の翼は白鳥なんかじゃない
そぅ 醜いアヒルの子


あの詩を歌って… 

November 20 [Sun], 2005, 20:53
もう一度聴けるかな

祈りに涙したあの詩を…


もう一度聴けるかな

思考の片隅で流れ続けるあの詩を…


キミはこの詩の為だけに生を請けた訳ではないけれど

キミにはこの詩の為に生きて欲しい。




幼き少年の詩…

私の中から消える事のないように…
月別アーカイブ
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:junk-bullets
読者になる
Yapme!一覧
読者になる