メルボルンで落語を

June 09 [Fri], 2017, 18:30
メルボルンでNHKの 鶴瓶の家族に乾杯の収録があり、急遽鶴瓶師匠とそのお弟子さん2人の落語会が開催されたので見に行ってきました。

決まったのが開催の数日前という事もあって、まあゆっくり行っても楽勝とは思ったのですが、入れなかった人も沢山いたみたいで少し早めに行って良かったです。本当にスタッフの方々 大変だったと思います。
ご苦労でした。

開催場所はSofitel の中のFunction room 定員350人が満員でした。殆どが日本人だったのですがオーストラリア人もチラホラ。開場1時間前くらいに行ったのですが既に50人近くの人が(開場の際にもらったハガキにあった通し番号から推測)


定刻6時半から始まりました。TVのカメラが入っていることもあり撮影禁止だったので写真はないのですがまずは鶴瓶師匠がラフな格好で入場。メルボルンに来てからの話や今までの番組収録のエピソードなどを面白く話してくれました。

その後2人のお弟子さんの落語。1人は古典のみんなが知っている ウドンの支払いを誤魔化す話(今何時? と聞いて答えた時間で誤魔化すやつ) もう一人の人は創作落語で働くのが嫌いなぐうだらな主人公が移動動物園のバイトをする話(以外に面白かった(笑))

その後 着物で登場した師匠(余りこの姿見てないので新鮮) が2つの話を。
1つは師匠の高校生の頃の先生のエピソードを基にした語り。もう1つは古典の 鶴という庶民の娘がお侍さんの家に嫁に行く妾馬という話。




テレビで見ている印象と同じで飾らない鶴瓶師匠 良かったです。当日ホテルの近くを散歩して道に迷った話や現地の人に連れてもらって行った場所の話 普通の話なのですが話し方1つでこんなに面白く聞こえる のだああと感心。


やっぱり噺家さんだと再認識する素敵な語り口でした。

あっという間の時間が過ぎホッコリとした気分で開場を後にした感じかな。寒いメルボルンで温かい時間ありがとうございました。

放送は8月7日の予定だそうです。楽しみ楽しみ。

メルボルン 2017年 秋を食べる

May 04 [Thu], 2017, 23:24
いやあ 超久しぶりの投稿です。FACEBOOKばっかりだったので・・
さて今メルボルンは秋です。今日は久しぶりの快晴のメルボルン。
最高気温20℃いかなかったけど日差しは強くで汗ばむくらいでした。
今日のお仕事はダンデノン蒸気機関車(PUFFING BILLY) とランチの半日ツアー。 ゴールデンウイークで日本人の方が多かったです。

雲一つない青空の下 煙を上げて蒸気機関車が走っています。
その後にOLINDAの街のミートパイのお店に行き、お客様のランチを待っている間に、前回来た時に見つけていた栗の木の下の栗拾いをして栗をゲット。家にもってかえりました。

まずは頭に切り込みを入れ圧力鍋でさっと茹でる。

皮をむき栗ご飯用とデザート用に分ける

栗ご飯はシンプルに醤油と少量のお酒と🌰

潰したクリには砂糖と塩とバターで味付け。残っていた冷凍のパイ生地に包んで焼く。栗パイ

少し余ったので形を変えて栗パイ第2弾

秋の味覚を楽しんだ一日でした。

ちなみに昨日はCHICKEN PARMAを食べ、その前の日は300gのステーキと肉ばっかりだったので、今日の栗ご飯はちょうどよかったかな!!

さて次はいつ更新されるか(笑) 

久しぶりのメルボルンの街の夜 楽しむ!!

May 28 [Sat], 2016, 18:07
シェアメイトが今週メルボルンを去るため、最後の夜を楽しんできました。
やはり最後に食べてもらうのはOZビーフ。ステーキを食べにCROWN CASINOのレストランに行ってきました。
頼んだのは350gのサーロインステーキと通常サイズのポークステーキ

結構なサイズでしたがペロッと。

豚さんも美味しかったです。

その後はいくつかのお店でオーストラリアのビールを飲み、その後はJAZZ の LIVE へ。

今回のお店はPARIS CAT JAZZ CLUB

ステージはキーボード、ベース、サックス、ドラムのシンプルな構成。

えっと前のテーブルにあるワイン越しのステージ(笑)


で素敵な演奏に酔いしれた後、またちょっとビールを飲み、最後は締めの中華粥を食べにSUPPER INNに。
久しぶりに真夜中にCONGEEを食べちゃいました。
Aさん良い思い出になったかな??

美味しいもの食べる・荒れたグレートオーシャン

May 25 [Wed], 2016, 0:42
最高気温が20度前後になり朝晩寒くなってきて、冬が近づくのを感じるメルボルンです。
少し前にもうすぐオーストラリアを去るシェアメイトと美味しいBreakfasetを食べに行ってきました。

ご存知の通りオーストラリアには世界一美味しい朝食を出すといわれたBillsがある国。メルボルンにはBillsはありませんけど美味しい朝食サービスのあるカフェは多いです。

まあ物価の高いオーストラリア レストランで高いディナーを食べるより、手軽にカフェで朝食・ランチを食べに行く人が増え美味しい朝食・ランチを出す店が増えてきたということかな。

もともとメルボルン素敵なカフェ多いので、カフェで美味しいコーヒー飲みながらのBreakfast,lunch はお勧めですね(まあ日本より全然高いけどね)。

今回は久しぶりにThree Bags Full Cafeに行ってきました。ここは食べ物もコーヒーも美味しい+素敵な雰囲気のお店。RichmondとAbbotsFordの間にあるお店です。

頼んだのはリコッタパンケーキとフレンチトースト どちらもお勧めの一品。
あとこのお店はコーヒーも美味しいのだ。


これパンケーキでございます。フルーツとホワイトチョコ。オレンジ風味のマスカルポーネ。見た目も綺麗でしょ。

これはフレンチトースト。ルハーブとこれでもかのピスタチオ+甘さ控えめのクリームでボリウムもたっぷり

お腹も満たされ美味しいコーヒーも飲め最高の朝を満喫しました。


で次の話題はグレートオーシャンロード
この日はまあ雨は降らなかったのですが凄い風。というわけで凄く波の強い12使徒の写真が撮れましたです。

この波が崖を侵食して岩を作りその岩を侵食していくのだ というのが良く分かる波です。

入り江に打ち寄せる波 怖っ

これは船も座礁しますよね。この近辺では昔多くの船が座礁・沈没したそうです。

ちなみに穏やかな日の写真と比べてみてください。

穏やかな日は 紅の豚の入り江をほうふつさせる景色になるんですけどね。


波が砕け散り霧が発生。

この岩の下の海岸 普通は降りて歩けるのですが流石にこの日は無理。

自然の凄さを感じたこの日のグレートオーシャンでした。車の運転も大変・・・

うちの庭

March 17 [Thu], 2016, 22:32
今のメルボルンは夏の終わりです。暑い日は30度超えで寒い日は20度前後ってな感じ。
うちに小さな庭あるのですが、今年の夏は嬉しいことに毎日たっぷりの水を庭にタダであげれるために、たくさんの植物が元気に生きております。

1.ネギ(こちらで売っているネギは根が付いているので、食べたあと植えておけば買う必要なし)
2.かぼちゃ(これ一昨年に種まいて育ったのですが、かぼちゃは収穫できず・・・ で今年ものすごい勢いで庭に増殖中。ただ実は大きくなる前に枯れる・・)→脇芽を切るという作業をしていないので実に栄養が行き渡らないそうです。
3.紫えんどう豆(種を植えたらみるみるうちに大きくなってきました)
4.マリーゴールド(数年前に確か2ドルくらいで買った種。毎年庭に咲いてくれます)
5.ミント(確かIKEAで安く買ったもの。伸びた枝を切って枝分けしたらどんどん増殖しました)
毎日ミントを摘んで紅茶・お茶・コーヒーと一緒に楽しんでおります。後料理にも使っていますが全然減りませんな。


今回はその中の幾つかの写真を挙げておきます。


毎年庭に咲いてくれます。

結構長い時期咲いてくれてます。今年は水をいっぱい与えているのでいつもの年より元気よし

紫えんどう豆。収穫して煮たり炒めたりして食べました。

何もしていないかぼちゃの実

どんどん大ききなる葉や芽に栄養を取られ育たない(笑)
でも枝がフキみたいだったので圧力鍋で煮込んだら食べられた(笑) 葉っぱはどう調理するか解らず・・・

他のいろいろ繁殖している雑草以外のは何か調べていないのですがいくつかあります。

さて今週末はかぼちゃの実に栄養を与えるためかぼちゃの散髪(笑)をしてみます。

2016年のWHITE NIGHT その2

March 05 [Sat], 2016, 11:52

WHITE NIGHT 後半です。ちょっと長い記事になりますがご覧あれ。


NGVでは常設の無料の展示を幾つか見て(まあ通常の日でも見れるのですが、荷物を預かってもらって手軽だったのでついでについうことで)外に出ると日もどっぷりと暮れてWHITE NIGHT ! 始まった !! ってな感じ。

ちょうどプロジェクターマッピングでトラムが動いているところだったので撮ったのですがぶれた・・・



夜になりさらに人が増すST KILDA ROAD。


ヤラ川では噴水がセットアップされレーザーがその噴水を照らしていたのですけどちょっと伝わり辛いかな??

WHITE NIGHTのロゴのほうへ向かってみると

行われていたライブはアフリカ系のミュージシャン。ノリも音楽も良かったのでしばらくライブ鑑賞


こんな感じのグループ

丘の上から見下ろしながらパチリ

気球のかごがおいてあり中に入ってバーナーのスイッチをON/OFF 体験が。バーナーの火は離れてても暑さを感じます。やってみたかったのですがこれは子供たちに譲りました。

フェデレーションスクエアからCITYにむけの夜景。右奥に見える建物は去年までプロジェクターマッピングが行われていたのですが、今年はなかったのがちょっと残念。ただその分歩きやすかったのは開催者の考えかも。


VICTORIA ART CENTREとユーリカタワー(確か南半球1高い展望デッキがあるビル)の夜景です。
ここ上のほうはアパートなのですが、一度そこからの景色見ていたい(ちなみに億は軽く超えます(笑))


たまたま人通りが消えたので路地をパチリ。メルボルンこのような小さな路地に素敵な店多し。

他の路地を白黒で撮ってみました。
ではここから街の中を抜けユネスコ文化遺産のROYAL EXHIBITION BUILDING へ向かいます。
もう少しお付き合いしてくれる方は追記をどうぞ(少し下にあるREAD MOREか追記を読む をクリックです)

2016年のWHITE NIGHT

March 03 [Thu], 2016, 22:00

今年で4年目 メルボルンの夏の恒例のイベントのWHITE NIGHT。
参加してきました。ちなみに去年の記事は2015年WHITE NIGHT

CITYは混みそうなのでバイクで出かけて街の中に駐車。着いたのは8時ころかな。

路地裏でライブ(まだ時間が早いのでリラックス状態です)


ここは街の真ん中のBOURKE STREET モールのステージ。ここは次の日の朝まで入れ替わり立ち代わりでライブが行われるはず。
ここからとりあえず情報収集のためにフリンダース駅のほうへとぼとぼと。


えっとえっと・・・ 何だろう?? ここはいつもプロジェクターマッピングが行われていたTOWN HALLです。
今年はプロジェクターマッピングは少なかった感じ。

フリンダースの駅から橋を渡りビクトリアアートセンターへ。

去年よりシンプルだなあ(去年はたこの足が・・・ ← 詳しくは上のリンクを参照して)

大体フリンダースからここまでの間でプログラムがゲットできるはずなのに・・・
ではとりあえずイベント会場行ってみたら何とかなるかな? と思い去年結構面白いイベントをやっていたアートセンターの中に行ったら・・・・ うーーむあまりやっていない・・・ ただプログラムはゲットしました。
読んでみるとこの中では ふむふむ幾つかのイベントが行われている。 で行ってみると・・・
ゴメン これ有料!! と 今始まったので次は1時間後 だったので今年はパス。

これは参加型のイベントだったのですが子供向け(床を踏むとライトの色と音が変わるやつね)だったのでパス。

最近行ってなかったのと夜に行く美術館はなかなか面白いので隣のNGV(美術館)へ移動。

今年はNGVでプロジェクターマッピングが行われてました。これ以外に良かった。

メルボルンの街とか子供たちのアートとかが壁に写されます。

入口もWHITE NIGHT仕様。ここは荷物を持って入れない(セキュリティの関係)のでクロークで荷物を預けます。

でパッと前を見ると・・・・

数え切れないくらいの自転車のフレームとホイールで作った作品が・・・ 意味は解らんけど凄い(写真に撮るとまた凄いね)

くぐり抜けて中庭のほうに向かいます。

巨大な

不気味な7.3mのウサギを見ながら

霧の入口を抜けると中庭です。


ライブ+飲食のブース(日本食っぽいお店)

日も暮れてきて(この時8時30分頃)夕焼けの空の中のアートセンターのタワーが良い感じです。

でまだまだ続きますが今日はこれくらいで・・・
ちなみにこの後ちょっと美術館の中をぶらぶらしてました。



GRAMPIANS

February 10 [Wed], 2016, 22:12
ツアーのお仕事でGRAMPIANS 行ってきました。
前行ったのは相当昔で記憶も・・・ なのでほとんど初めての気分でGO
メルボルンからは240kmほど離れたところに位置するのですが、ここまで行く道は時速110km制限の道が多く、ほかのところよりスムーズに行けます。昔近郊のあったBallarat、Araratの街を通り過ぎ,AFL発祥の地MOYSTONの街を過ぎる。

ここで今回訪れるGRAMPIANSの国立公園の全貌が見えてきました。

パノラマで撮らないと全貌が写せない(50kmほど広がっているそうな)山です。

写真を撮っていると遠くから羊の大群が

何かを期待してこちらをガン見している羊たち・・・・

GRAMPIANS国立公園の起点の街のHALLS GAPで一休みしてから山へ登ります。
日本人に一番おなじみなのはジブリのもののけ姫に出てくる景色と似ているといわれるBALCONIES
車を停めて30分ほどのウォーキングです。

遠くのほうに見える小さな湖までは4WDで未舗装の道で行きます。マスが取れるので釣り人には人気の場所だそうな。

見渡す限りの自然。

違う方角にも湖あり

石が積み上げられた(本当は禁止なのです)所を抜けしばらく歩くと

女性が座っているところがBALCONIES 以前は普通に行けたのですが事故があって、今は本当は進入禁止(ただ自己責任で行く人は多い)

この2人は岩の上を楽しそうに歩いたり座ったりしてました。


先ほどの女性がいたのはこの人たちの先のところね。

人が居ないとこんな感じです。ちなみに我々は近づきもしませんでした(笑)

それから次にMcKenzies Falls に向かいました。ちなみにここはフリークライミングでも有名なところ。
むき出しの岩が至る所にあります。そこを飛び回るROCK WALLABY というワラビーも夕方になれば見ることができるということ。


階段を下り30分ほどで下に到着するはず

すると滝があるはず。今回我々は駐車場で待っていたので滝までは行かず・・・
今度行ってきます。帰ってきた人達の感想 ”帰りは地獄・・・ 階段の段差がオージー仕様(笑)” とのこと。

ユーカリ・tea tree の匂いに癒されながらのGRAMPIANS 1日ツアー 楽しんできました。

フィリップ島 ペンギンツアー

January 23 [Sat], 2016, 20:37
ペンギンツアー行ってきました。
暑くもなく寒くもなくペンギン見るには良い日だったのですが、一つだけ問題は雲がない天気+満月・・・
ペンギンさんは暗くならないと岸に上がってこないのですが、満月の日は意外に夕方も明るいのでペンギン上陸の時間が遅くなるのです。
でもでも今回はサプライズが・・・
ペンギンが上陸する海岸に行くとそこをワラビー君が横切ってくれました(笑)

ペンギン見に行く前に寄った海岸です。

遠くのほうに人がいるところがビーチです。

このビーチにはサーファーは余りいなかったかな。

フィリップ島の先のノビーズ岬

奥の小さな島にはアザラシがいっぱい(肉眼ではみれないけどね)

ペンギンパレードでは撮影禁止なのですが、ここは昼間に来るのでOK

お腹空いたよお

2匹で両親が帰ってくるのを待っている子供たち

ちなみにこの岬は野生のワラビーがいっぱいいるので、夕方に行くのをお勧めします。
今回もいっぱい見れたです。


夜のペンギンパレードは海から上がってくるペンギンは、一般観覧席からだと余り見れなかったのですが、巣に戻るペンギンはいつものように可愛かったですよ。

帰りにビーチに戻り星空を見たのですが、月明かりが明るすぎて少し残念だったかな。

メルボルンに戻ってきたのが0時過ぎだったのですが、まだ全豪を見ていたであろう人で賑わってましたよ。

暑い夏 Great Ocean Road / Puffing Billy など

January 20 [Wed], 2016, 19:41
2016年になりましたが久しくブログ更新していませんでした。
今年も宜しくお願いします。

今メルボルン全豪オープンで熱いです。
日本人選手の活躍を見に来た人たちも大勢街で見かけますよ。

メルボルン 夏には数日40度近い日があります。今回はクリスマス(25日)、新年(1日)がなかなか暑い日でした。
40度近い日になると、ユーカリの木が多いオーストラリアでは山火事が起こります。ユーカリに含まれるアルコールが気化してそれが充満しているところに、あるきっかけ(今年は落雷)で発火してしまうということです。
今回のメルボルン近辺の山火事はグレートオーシャンロードの道で起こりました。
そのため年末・年始はグレートオーシャンロードへの海沿いの道は一部通行禁止になり大変だったのです。


その前後に行ったグレートオーシャンロードの写真をまとめて

このコアラ君も

カンガルーたちも

山火事で被害にあってしまいました。
やはり大きな山火事だと最優先は人間の命になってしまい、動物たちはその後になってしまうのです。
でも今回もたくさんの動物がたくさんの人たちによって助かったのも事実!!

40近い気温になると運転されない(蒸気機関車でなくディーゼル機関車になる)Puffing Billy の写真など


家の近くの線路から見るCITY


TriceAngle Cake
cake
美味しいケーキ
街のカフェ
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/junh/index1_0.rdf
つきべつリスト
Exhibition BLDG
Exhibition Building
Yapme!一覧
読者になる