ジャングルハニーと免疫との関係

October 15 [Wed], 2014, 16:30
天然ハチミツ ジャングルハニーについて
今回は
ミツバチ産業科学研究センター員で
京都産業大学の竹内実教授による研究をご紹介します。

竹内教授はそもそも
喫煙と免疫の関係について研究されていたのですが
その過程でジャングルハニーと出会いました。
ナイジェリアからサンプルを取り寄せ
マウスによる免疫系に及ぼす影響の実験が行われました。

すると、ジャングルハニーが
細胞を殺す細胞の一つである好中球の機能を活性化させたり、
抗体を作る能力を高める効果を持つことが明らかになりました。
また、肺の免疫系の代表的な細胞である「肺胞マクロファージ」の
活性化も確認されました。
これは人間にも同様の効果をもたらすと考えられます。

ジャングルハニーの産地、アフリカでは
伝統的に医療に携わるシャーマンが、
治療の際にかならずジャングルハニーを用いるそうです。
食べ物というよりもむしろ薬として用いられることが多いようです。

現在、センターではその他のハチミツについても同様の効果があるのか
どういう植物の花から採れたハチミツがいいのかなど
ミツバチとハチミツ両面から研究が行われ
さまざまな可能性が模索されています。

…さて、5回にわたってお送りしてきた
「ジャングルハニーのあれこれ」
いかがでしたか?
ジャングルハニーのスゴイところ、魅力をみなさんに
十分お伝えすることができたでしょうか?

ジャングルハニーは現在ネットでしか購入することができません。
ご興味をお持ちの方はぜひネット検索してみてください。

こちらのサイトからもお求めになれます。
http://shop.moshimo.com/mitsuya/

お読みいただき大変ありがとうございました。















プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こなみ
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/junglehoney/index1_0.rdf