英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」の秘密

英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」の詳細はこちら

大人になってからでも、英語耳ができるなんて、本当なのと思いますか?

リスニングパワーの秘密は、「周波数」にあるのです。

あまりご存じではないかも知れませんが、英語と日本語では周波数が違います。

英語に比べて、日本語の周波数は、とても低く、世界の言語の中でも、一番低い周波数帯に入るのです。

英語はというと、世界でもっとも周波数が高いのです。

周波数でいうと、日本語と英語は、共通しているところがありません。
日本語の最高周波数が1500ヘルツだとすると、英語の最低周波数は、最低でも2000ヘルツなのです。

日本人が英語に弱いのは、日本語の周波数にあることを、おわかりいただけたでしょうか?

だから日本語の周波数に慣れている普通の日本人は、周波数帯が違う英語を聞いても、
頭の中で、日本語に近い音に変換して理解してしまいます。

しかしリスニングパワーを聞いていると、英語の周波数を耳からダイレクトに脳に響かせることができます。
そのため、違う周波数の英語の音を聞きとって理解することが可能になるのです。

そして、 継続していくことにより、日本人でも、子供時代には聞き分けられていた音の回路を、
もう一度復活させることができます。それで、リスニング能力を定着させることができるのです。


わずか30日で「英語耳」とネイティブに通じる「発音」という「日本人らしくない」英語力を身につける秘訣とは!?
⇒詳細はこちらをクリック

実際に実践した方の感想をご紹介します。

わずか2週間で、効果を感じました!

いい教材を繰り返し使うのが、英語を勉強するのには大事なのですね。

商品説明にあったように、英語の細かい音が、だいぶ聞けるようになりました。

TOEIC@TESTでも、リスニングパートは、無理やりテクニックで何とかしているという感じでしたが、
英語が自然に聞こえてくるようになって、文章の理解も早くなってきたので、変な問題に引っかからないで、
スコアアップをすることができました。(今まで、かなり引っかかっていたようです)

それと、実感できるのは、映画の俳優・女優さんのセリフが、すごく聞こえるようになりました。TOEICテストの問題と違って、
ネイティブの喋るスピードがすごい速さなので、今まで全然聞こえなかった部分が聞こえるようになりました。
さらにネイティブに近づけるよう、毎日リスニングパワーを
聞いていきます。

⇒その他の感想はこちらをクリック
P R
カテゴリアーカイブ