京都観光の東寺で圧巻な桜と出会えた中坊進二 

May 26 [Tue], 2015, 15:26
特に何の目的もなくフラッと手作り市のツアーに交じって仕事の休みを利用して京都観光に出ました。
地図を片手に気ままな旅の予定で東寺に到着。結構、観光客らしき人がいて、ユックリしたかったのに失敗したかなと思っていたら、目の前にこれこそ圧巻というばかりの見事で綺麗な桜が広がり映画の中にいるのか、それとも全く違う世界に来たような感じに陥って、桜の花に見とれてしまいました。その日は夕方にバスで帰る予定でしたので見ることができませんでしたが、夜はライトアップされて更に違う風景が見られるという話を聞いたので、次回は夜までの日程で京都観光で東寺を訪れたいと思っているのですが、手のかかる子供を持っている中坊進二には夢だけでなかなか良いタイミングやってきませんが、子供が手を離れた時にはまた中坊進二一人でライトアップされた東寺の桜を見たいという夢を持ち毎日頑張れているような気がします。それとせっかく京都に来たのですから恒例の五重塔も季節によって表情が違うので楽しみの一つで、何度来ても飽きない場所です。

京都の天龍寺に初めて行った中坊進二 

May 18 [Mon], 2015, 15:26
中坊進二が初めて天龍寺に行ったのは高校生の頃でした。
修学旅行が京都だったため、そのコースに天龍寺も含まれていたのです。
ですがその頃の中坊進二は、お寺や神社などには全く興味が無かったんです。
とにかくワイワイと買い物が出来ればいいと、そう考えてました。
でも実際に天龍寺にいってみて、圧倒されるような感覚に陥ったのを覚えています。
最初はただ周りを見て、「京都だけあって噂通り紅葉がきれいだな」くらいにしか思ってませんでした。
それがいざ天龍寺の目の前まで来た時、なんともいえない気持ちがこみ上げてきたんです。
何がどうと言葉では言い表せないのですが、頭の中が「凄い」の一言でいっぱいになるような感覚とでも言うのでしょうか。
この経験があってからというもの、その他の寺院などにも行ってみたくて仕方なくなりました。
そして実際に、社会人になってからは友人を誘って行くようになったのです。
ですが今のところ、あの最初に見た時の「凄い」という感覚に出会えてないのは寂しいところです。

中坊進二は京都の天授庵に旅行しに行きました。 

May 08 [Fri], 2015, 15:26
中坊進二は、紅葉の時期に京都に旅行をしに行きました。京都には、紅葉を楽しめる名所が多数あります。その中でも、一番心に残った紅葉の名所が、天授庵です。京都市左京区にあります。南禅寺の塔頭寺院です。庭園が二カ所あります。一つは菱形の畳石が並んだデザインの枯山水庭園・方丈前庭(東庭)です。もう一つは、池泉回遊式公庭園・書院南庭(南庭)です。昼間見る紅葉も素敵でした。天授庵では、紅葉時期には、17時半から19時までライトアップをしています。ライトアップされた、紅葉はとても印象的です。中坊進二自身、紅葉を楽しむのが大好きで、毎年紅葉の時期になると旅行の計画を立てて旅行を楽しんでいます。さまざまな土地の紅葉を見てきましたが、初めていった天授庵の紅葉は何とも言えない美しさです。庭園もとてもすてきで、そこから眺める紅葉は、心がとても癒されます。とてもすてきなひと時を過ごすことができました。また、来年も紅葉の時期に行きたいなと思っています。