アストンマーチンブース 

2005年10月30日(日) 0時28分


V8ヴァンテージ

V8ヴァンテージは、驚異的な性能と利便性を兼ね備えた手作りのスポーツカーです。アストンマーティンの中でももっとも価格が手ごろであり、伝統的なアストンマーティンのスタイルと、日常使用に求められる利便性を兼ね備えています。世界でもっとも理想的なスポーツカーと言えるでしょう。



ヴァンキッシュS

ヴァンキッシュSは、究極のアストンマーティンです。アストンマーティン史上、最強最速のモデルであり、伝統のクラフトマンシップと、アルミニウムやカーボンファイバーといった最新鋭のテクノロジーを融合させるとともに、ブランドが誇るエレガンス、スタイルは継承しています。ハンドメイドの6.0リッターV12エンジンは、F1スタイルのパドルシフトを備えた6速マニュアルトランスミッションを採用しています。


DB9ヴォランテ

DB9は、GTの名にふさわしい、快適で洗練された正統派スポーツカーです。妥協を許さない設計哲学がクラフトマンシップと最高の素材を融合させ、アストンマーティン独自の世界を創り出します。


ランボルギーニブース 

2005年10月27日(木) 22時22分

ランボルギーニ・ムルシエラゴ

ランボルギーニのフラッグシップモデルである12気筒ムルシエラゴ2006MYに加わった新装備のハイライトはカーボンセラミック・ブレーキ・ディスクの採用オプションで、以下の利点を提供します。
低温・高温にかかわらず、またハードな使用の後でも一定した制動力を発揮
ハンドリング、俊敏性、ブレーキ効率が向上 ペダル踏力を低減しながら、より短い制動距離を達成
更に、より長いライフタイム、スチール製ディスクよりも軽量、「最先端」システムを特長とします。
また、新たなオプション装備にはカーボン・ファイバー製のインテリア・コンポーネントを数多く装備した「インテリア・カーボン・パッケージ」があります。


ランボルギーニ・ガヤルド・スパイダー

ガヤルドのクーペ・バージョンのデビューから2年後にランボルギーニのモデル・ラインナップに加わるのがガヤルド・スパイダーです。このニューモデルは単なるオープントップ・バリエーションの追加ではなく、新たなデザインとユニークな方法で開閉するファブリック・ルーフを特徴とし、さらにそのルーフをエンジン・コンパートメントに折り畳み収納する特殊なレイアウトを持つ全くのニューモデルです。
ランボルギーニ・スタイリング・センターのデザイナーと研究開発チームのエンジニアが協力してこの新しいデザインを開発し、クリーンでシャープなクーペのシルエットを維持しながら魅力的なオープントップ・モデルを完成させたのです。

東京モーターショー開幕 

2005年10月22日(土) 19時19分


F430
新しい時代F430 / F430スパイダー
モータースポーツの最高峰であり、技術の象徴でもあるF1フェラーリほど、製品車にF1テクノロジーを採り入れているメーカーはない。エンジニアリングは、まさにF1マシン、そしてF1グランプリシーン直結しており、F430/F430スパイダーもまたそうした最先端テクノロジー磨き上げられている。
エレクトロニックディファレンシャル「E-Diff」「マネッティーノ」。もちろん言うまでもなく、パワーユニットやシャシー、エアロダイナミクスなどにおいても、F1テクノロジーダイレクトフィードバックされている。進化のストーリーがF1と共にあることは間違いない。


612 スカリエッティ
次世代のクルマ洗練されたキャビンに2+2シートを備えた、グランツーリスモの最高峰。
それはダイナミックかつ上質なクルージングを約束する。
フェラーリの名にふさわしいアグレッシブな感覚の中に、クラシカルな優雅さを見事に調和させた612スカリエッティ。快適な2+2レイアウトを採用しながらも、走りに関しては一切の妥協を排し、胸のすくドライビングパフォーマンスを発揮する。トップエンドまでよどみなく廻り、ドラマチックな走りを生み出すV型12気筒DOHCエンジン。そしてモダンな演出を施した、スポーティかつラグジュアリーなキャビン。F1の最先端技術はステアリングを握る者の気分をひときわ昂揚させるに違いない。




東京モーターショー・ブリヂストンブース 

2005年10月21日(金) 23時23分
イタルデザイン/フェラーリ GG50ブリヂストン

東京モーターショーブリヂストンブースでは、『POTENZA RE050』を装着したジウジアーロ50周年記念コンセプトカーイタルデザイン・ジウジアーロ/フェラーリ『GG50』華麗姿披露。F1中心に培った、「フェラーリといえばブリヂストン」イメージもまた、健在である。

これでぇ〜ハイブリットカー 

2005年10月20日(木) 20時20分
アレサンドロボルタトヨタハイブリッドユニット搭載したスーパースポーツカーだ。
デザインは、イタリアの名門デザインハウス「イタルデザイン・ジウジアーロ」レクサス『RX400h』搭載されている、3.3リットルV6ユニット搭載。408馬力0-100km/h4.06秒駆け抜けぬける。
インテリア横に3人乗りのスペース。ステアリング左右にスライド3人誰もがドライバーになれる仕組みになっている。
是非ご意見・ご自慢の車・バイク等お待ちしていま〜すぅ

フェラーリ『GG50』お披露目〜! 

2005年10月19日(水) 16時16分
イタリア人 カーデザイナー、G. ジウジアーロ氏が自身のデザイナー活動50周年を記念してデザインしたイタルデザイン・ジウジアーロ/フェラーリ『GG50』のお披露目パーティが、18日東京・京橋のブリヂストン本社で行われた。
是非ご意見・ご自慢の車・バイク等お待ちしていま〜すぅ

皆で買えないかなぁ〜? 

2005年10月18日(火) 23時11分
カッケェ
クルマバイク等〜乗り物大だい大〜ぃ好きな
じゅん
デェ〜すぅヨロシクゥです
こんな夢のクルマに乗りたぁ〜いと想っている人沢山いると思うけど・・・100人位でチームとか結成してぇ〜買えないかな〜
なぁ〜んてぇ・・いつも考えているのでぇ〜すぅ
是非ご意見・ご自慢の車・バイク等お待ちしていま〜すぅ
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像みんなのプロフィール

» フェラーリ『GG50』お披露目〜! (2005年10月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jun-k
読者になる
Yapme!一覧
読者になる