太陽光発電の寿命とメンテナンス

January 28 [Mon], 2013, 23:05
太陽電池の寿命というのは正直不明です。メーカーの期待寿命は20〜30年としていますが実際のところは分かりません。ちなみに1960年代に設置された灯台用の太陽電池は現在でも稼動しています。一方太陽光発電システムはシステムで稼動するために付随したパワーコンディショナーには寿命があります。大体10年で寿命を迎えるものと思っておいて下さい。多くのメーカーはパワーコンディショナーの保証を1〜数年としておりシステム全体としては10年の保証を付けるところが多いです。

太陽光パネルについたほこりや砂埃などの汚れは普通は雨で洗い流されます。油分を含む汚れが自然に洗い流されるのは困難ですが、通常の汚れに対しては気にする必要はありません。実際には場所により汚れ具合はかなり異なり、モジュールの角度や構造によっても異なりますが、しっかりとした調査がされたことはありません。極端に出力が落ちた場合は屋根にのぼるのは危険なのでメーカーや設置業者に相談して下さい。

太陽光発電の電気が売れる仕組みについて知りたい方はこちらを参考に。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:my7
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jumenta/index1_0.rdf